プロ野球の年俸契約って、なんで相対評価(前年度比)なんでしょうか。例えば「3割30本なら1億」、といった絶対基準の方がわかりやすいと思うんですけどね。


今年試合にほとんど出ていないけど2億、とか一般企業ではありえないわけで、よくわからないシステムだなぁと思うわけです。もちろん、ある程度の相対評価ってのはわかるんですけどね。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/22 16:06:28
  • 終了:--

回答(11件)

id:ellehiro No.1

ellehiro回答回数10ベストアンサー獲得回数02005/12/22 16:25:21

ポイント13pt

http://www6.plala.or.jp/kiyohara/

�S���X�[�p�[�X�^�[�����a��

一番大きいのは各球団の台所事情じゃないでしょうか。

金のある球団と金のない球団だとだいぶ違いますし。


第2に、球団全体の成績も関わってくると思います。たとえ3割30本打っても、チームが最下位では大幅アップは出来ないと思います。


第3に、数字に計れない部分がたくさんあると思います。いるだけで客を呼べる、例えば清原選手などは、残す数字以上の経済効果があるので、高い年俸になるのでしょう。


最後に、数値化するにはデータをかなり細かく細分化しないといけないでしょう。バッターなら、打率、HR,打点、盗塁、得点圏打率、勝利打点・・・といったプラス材料に、エラー、三振数、チャンスに打てなかった・・・といったマイナス材料・・・計算しきれないものがあると思います。

id:ainoutawoutau

数値化は簡単だと思いますけど・・・^^;

2005/12/22 17:29:23
id:qwertyasdf No.2

qwertyasdf回答回数110ベストアンサー獲得回数02005/12/22 16:26:19

ポイント13pt

urlはダミーです。


球団によって収益が異なっているからではないでしょうか? セントラルなら、広島のようにあまりお金のない球団の選手と、巨人の選手とを、同じ成績だからといって同じ金額払えるわけではないと思います。


また、例えば新庄選手のように、打撃などの純粋な成績だけでなく、お客を呼べる選手なら、成績+αの年俸を支払ってもよいでしょうし。

id:ainoutawoutau

んー論点がよくわからないです。

2005/12/22 17:29:59
id:konamushi No.3

konamushi回答回数94ベストアンサー獲得回数12005/12/22 16:28:25

ポイント13pt

URLダミー

労働者と考えてはいけません。競馬馬と同じ「商品」と考えてください。レースで勝とうが負けようが、馬のオーナーになるためには、それなりの対価を払いますよね? それと同じです。

id:ainoutawoutau

これまた同じですねぇ。

前年度の金額からどれくらいアップするとかアップしないということがおかしいのではないか?ということなんで・・・。

2005/12/22 17:30:53
id:Baku7770 No.4

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812005/12/22 16:34:34

ポイント13pt

 まずは税金の関係。昨年度の収入に基づいて多くの税金が決まります。現中日監督の落合が清原の入団で日ハムに移籍した際も年俸を決めるにあたって、税引き後の収入が論議されました。


 2つ目は選手側の事情で、昨年度の収入をベースにしておかないと、急激に下げられて困るという事情があります。

 これは協約にもなっていますね。


 3つ目は原資の問題。球団にしてみれば、成績ではなくて金を稼いでくれる選手にお金を渡すべきという考えがあります。

 今年はあまり試合に出なかったけれどグッズは売れた、故障が新聞で取り上げられたなどでもありです。そうすると長くいてくれた選手の方にお金を渡すことになります。


 4つ目は経営の問題。下手に成績だけの絶対額で給料を決めると急に成績が上がったら人件費がいくらになるか分からない。いっその事前年度の年俸をベースにすれば予算が立てやすい。


 5つ目、どっちにしろ今年の成績で翌年払うんです。過去の実績をベースにしておかないと翌年も今年のように活躍できる保証がない。


 そういった考えに基づいて前年度比にしています。

id:ainoutawoutau

んー。よくわからないです。

2005/12/22 17:32:34
id:konamushi No.5

konamushi回答回数94ベストアンサー獲得回数12005/12/22 18:02:35

ポイント13pt

http://www.hatena.ne.jp/1135235188

人力検索はてな - プロ野球の年俸契約って、なんで相対評価(前年度比)なんでしょうか。例えば「3割30本なら1億」、といった絶対基準の方がわかりやすいと思うんですけどね。 今年試合にほ..

URLダミー

マスコミ等が(勝手に)相対評価して報道しているだけではないでしょうか? 実際には、能力*ブランド力になっていると思います。

(年俸は指数的なグラフになっていると思いますが)

id:Chaborin No.6

ちゃぼりん回答回数189ベストアンサー獲得回数72005/12/22 18:51:53

ポイント13pt

http://www.geocities.jp/bibun_houteishiki/nabe/

わかりやすい「プロ野球1リーグ案がダメな理由」

その人がどれだけ集客効果を持っているかで決まるからではないでしょうか。

全てのタイトルは目立つための話題作りですし、究極的には勝利や優勝といったファクターですら、集客のための手段ではないかと思います。

集客効果はじわじわと増減するものですし、定量評価ができないため、相対評価にならざるを得ないと考えます。

id:kokezaru753 No.7

kokezaru753回答回数96ベストアンサー獲得回数42005/12/22 21:46:58

ポイント13pt

http://ask.com/

Ask.com Search Engine - Better Web Search

こんばんは。

もはやスポーツにはほとんど興味ない私ですが、昔私も全く同じこと考えたことがありましたのでどしろーと的ですが思うところを。

まず感じたことは年功序列?みたいなのが(一般企業ひいては何についてかもしれませんが)ことさら強いなと思います。

理由はいろいろ上記の方々挙げられてますが、結局一番思うところは体が資本ということではないかと。

一般企業勤務(倒産はあるにしても転職可能)と違い30~50年と(現役選手として)長期続けることは難しく(致命的な)怪我をしたらそこでおしまいということも関係している気がします。それを見越しての今までの活躍点といったものが大いに付加される気がします。((対戦する側には(目に見えない)過去の実績に対してのプレッシャー等ありますね、きっと。。新人3割とベテラン3割のバッターを同じ場面で迎えても違うでしょうし))

個人的には私も完全絶対評価するほうが面白いとは思うのですが、数字に出る数値で表せないところとかあるでしょうね。

にしても「試合にほとんど出ていないけど」は、わたしもなんだかなあ2億!!とか思うわけですよ。まあそういう状態で他の球団が同じ金額で欲しがるのであればそういうものかとは思います。絶対評価が難しいのであれば他球団の評価が聞きたいですね?

「うちならその金額出さんな80%までだな。いくら客は呼べてもなあ、ちょっと割が合わんな」(かちゃかちゃと電卓をたたいての全選手年棒評価の合同記者会見)

最終的には目に見えない部分も多いのではと今これ書きながら思ってきたところです。

お金に対する球団・企業イメージ、その選手の(絶対的成績以外でも)何を見て何に期待してお金を払うか等等。

上記の方々に比べ本当に素人的な見方で申し訳ないです。基本的には単純に前半に書いたことが一応私の思っていたところです。

失礼いたしましたです。

id:ainoutawoutau

ふむふむ。参考になりますね。

2005/12/23 12:30:22
id:kokezaru753 No.8

kokezaru753回答回数96ベストアンサー獲得回数42005/12/22 22:47:06

ポイント13pt

http://www.yahoo.co.uk/

Yahoo! UK & Ireland

本当にごめんなさ~い。(ポイントはいいですよ)

ひとつ重要なことを言い忘れたかもしれないので。


今年出てないとはいえ、例えばゼロとして、(極端な例ですが)じゃあ年棒ゼロね、

ではやはり世の中難しいかもしれませんですね?

一応所属してるし練習もしたかもしれないしファンーサービスになってるかもしれないし

企業でも窓際的にお金もらってる人もいるだろうし。。(これらはちいさいことかもしれません)


また選手側から考えてみますと、まずそういう球団に入らない可能性もあるかもしれないですね。

(ファンも離れていくのだろうか?)

もしたまたま前年たまたま不調とかたまたま怪我でお休みみたいな感じで

(調子いいときは抜群に給料くれるかもしれないけど)たまたまxxxxだったらゼロに近いのでは。。

よっぽど個人的理由でその球団にいたいというなら別でしょうが。。


球団にしても(これもイメージ?)前年悪かったといっていきなり(非人間的?)

そういう扱いもできかねるというのがあるのではないでしょうか?

ここでも体資本というのも関係するとは思いますが、スポーツ世界の慣例的みたいなもの?

全球団そろってそうする方向になるとどうなることかわかりかねますが。。

(一度やってもらいたいものですね?)

あと例えば、長年プレイしてきた人がちょっと悪かったといって新人並みの給料では

業界のハクとかイメージも関係するでしょうか。夢を売るとかともいいますし。


以上のようなことと前の回答もあわせてみますと

過去の実績も考えたとき前年だけの成績評価で50%だとか80%だとか

大幅に下げる評価というのも。。と思ったりもするわけです。

人間社会でのことで数字の絶対評価が難しいところがあったりと

それがまた面白いところでもあるんだなあと思う所存です。


追回答になりすいません、充分ご満足いく回答でなければ本当に申し訳ないです。

前回のポイントも大幅ダウンですか(笑 


寒くなりましたが、気持ち暖かくよい週末お過ごしください♪

id:ainoutawoutau

はい。私も相対評価は少しは必要だとは思いますよ。ただ、その割合が大きすぎるなぁ、と思っている次第でして。

2005/12/23 12:31:50
id:Wafer No.9

Wafer回答回数103ベストアンサー獲得回数02005/12/23 08:19:55

ポイント12pt

http://www.hanshintigers.jp/wada/

和田豊オフィシャルサイト『虎の意地』

以前、和田コーチが現役だったころに、一年だけ完全出来高制契約を結んだことがあったようです。

http://blog.so-net.ne.jp/atsuya-furuta/

So-net blog:古田敦也公式ブログ

実のところ、私も絶対基準のほうがわかりやすくていいと思います。が、監督さんが困るかもわかりませんね。


戦略上、送りバントをして欲しいとか、ヒットをねらって欲しいとかはあると思うのですが、ホームランが一本いくらになり、奪三振数が一ついくらになるピッチャーが、果たして監督の指示を聞くかどうか、あやしいところです。


フォアザチームを目指すことが出来なくなるとどういうことがおこるかは、いまのジャイアンツを見ればはっきりわかります。


プロ野球の一番の目的は「お客さんを楽しませること」だとすると、絶対基準はかならずしもプラスに働かない、というのが現場の判断だと思われます。

http://www.kokusen.go.jp/hanrei/

くらしの判例集_国民生活センター

契約のやり方にも問題はあるようですね。

ご指摘の理解の出来ない部分については、実は一般企業でも多発はしないでも起こりうるケースではあるのです。

つまり、どんなに実績を残さなくても、対価は支払いますよという契約を結んでしまっているんですね。


ではなぜ、このような契約になるのでしょうか。

考えてみたところ、「ケガ」という不安定要素が原因にあるように思いました。

ケガを恐れてプレーする選手は、まともにはたらけません。そのため、選手はケガをしてもちゃんと面倒は見ますよ、と言ってもらえる契約先と契約を結びたがります。

 また、似たような職種はほかにもなくはないのですが、実績や実力が唯一無二であることが多いのがプロスポーツです。

 お金を払うほうにすると、多額のお金を払うのはイヤだけど、ほかのチームに移られて活躍されるのはもっとイヤ、というケースが、過去の実績が偉大な選手ほどあるようですね。


繰り返しになりますが、私も絶対基準を外部から目に見える形で導入すべきだと思います。絶対基準が基本ベースであったうえで、そこからチームへの貢献度などで+-する、という方式自体はおそらく現場でも取っているはずですが、それが外から見えないためにもどかしい。

どんなにへっぽこな活躍でも、プロと名のつく以上年俸は一般サラリーマンよりは格段に高いです。評価の公正さ、妥当性もプロスポーツに求められる点であると思いますので、改革していって欲しいと思いますね。

id:ainoutawoutau

なるほど少しずつわかってきました。合理的な理由もいくつかありそうですね。

ところで和田は完全出来高でやっていたことがあったのですか。かっこいいですね。

2005/12/23 12:33:24
id:stonco606 No.10

stonco606回答回数1ベストアンサー獲得回数02005/12/23 11:33:53

ポイント12pt

http://d.hatena.ne.jp/stonco606/

stonco606の日記 “「画餅」を目標にして、足元で冴えないことをちょっとずつ・・・”

URLは直接関係ありません。

ainoutawoutauさんはおそらく「個人人気や球団人気など、成績だけでは年俸は測れない」という回答を期待されているわけではないですよね・・・

それを踏まえて・・・

1安定して好成績を収めてもらいたいがための出し惜しみ

2たまたま何らかの理由で落ち込んだ選手への期待料

3累積した貢献への見返り

4チーム間の異動をあまり頻繁でないようにする(チームの顔的な意味)

上記はそれぞれお互いにカブる面もありますが、そんな要素から完全な出来高よりもマイルドになってなんとなく収斂したように思えますが、どうでしょうか。

id:ainoutawoutau

そういう面もありそうですね。

2005/12/23 12:34:08
id:Baku7770 No.11

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812005/12/26 16:11:35

ポイント12pt

 4で回答した者です。分かりづらいとの話しでしたので、補足します。


 税金の関係ですが、住民税は前年度の収入の13%、所得税は今年度収入の37%がそれぞれの最高税率です。

 年俸2億円の選手が1億円に下がったとします。単純にそれぞれの最高税率で計算しますと、住民税2×13%+1×37%=6300万円です。手取額3700万円。

 これが5千万円に下がったら、税額が4450万円で手取りが550万円になってしまいます。


 他にも色々税金はあります。


http://news.www.infoseek.co.jp/sports/baseball/story.html?q=01yo...

ニューストップ > スポーツ > 野球 > - Infoseek ニュース

 2番目は現在の年俸をベースにローンを組んでしまった選手がいたらというのを想像して下さい。極端に収入が下がるのは困る。協約では年俸1億円以下の選手は最大25%しか下げられない。

http://www.yorozubp.com/0406/040629.htm

プロ野球再編は『終わりの始まり』なのか

 3番目は多くの球団が経営に失敗し続けている現状と球団を保有することによる知名度アップがあります。

 日本ハムは現在でこそ一流企業ですが、球団を買収する直前まで、徳島の田舎企業でした。球団を保有する価値は親会社にしてみれば宣伝広告費でしかありません。

 となると、どれだけ知名度アップに貢献したかが評価になります。そのため長くいればというよりもそれだけ多くの人が知っている選手に年俸を支払うのです。

 先に5番目の回答をしておきます。


 短期間だけ活躍してという選手は多いです。最近有名なのは、藤沢と木田でしょうか。


 権藤も3年程でしたか。前年度の成績だけで年俸を決めていれば、今年どれだけ活躍するでしょうか?それよりも数年間それなりの成績を上げ続けている選手の方が期待が持てます。

 横浜の金城も首位打者を取った翌年の01年はそこそこの成績でしたが、02年は打率が1割7分よく111試合も出してもらえたと思います。それ程選手の成績には波があります。

 だからたった1年の成績で年俸を決められない。

 最後に4番目です。企業の予算計画手法というものがあります。

 実際、球団サイドで予算を決めているのは親会社からの天下りです。彼らには基本的に前年度対比しか頭の中にありません。

 総額を決めて、年俸の安い選手、年俸を下げられる選手、そういった選手を先にやります。ここではとにかく、人件費をいくらに抑えるかです。で、年俸の高いあげなきゃいけない選手が残ります。彼らの頭の中には全員の今年の年俸の総額と平均で何パーセントならアップできるかです。

 これらすべての理由により、年俸は前年比で決めていきます。

id:ainoutawoutau

んー変な制度ですね。頂いたご回答全てに反論可能ですもんね。

やっぱり合理的なものとは思えませんねぇ。

2005/12/26 17:00:11

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません