ミツバチの世界では、新米の働きバチは内勤(巣の掃除、育児等)から始め、危険な外勤(蜜集め)は余命の短い高齢のハチが担当するといいます。

アリの場合はどうなのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/23 08:54:33
  • 終了:--

回答(2件)

id:masanobuyo No.1

masanobuyo回答回数4617ベストアンサー獲得回数782005/12/23 10:53:10

ポイント100pt

「トリビアの泉」で「外で歩いているアリはみんなおばあさん」というネタが紹介されていました。ということは、巣穴の周りで歩いていたアリを捕まえてアントクアリウムに入れているのですが、このアリ達もみんなおばあさん・・・なのでしょうか?

A.

そのとおり。

アリは一般的に齢に応じて仕事を分担する性質があります。年をとるほど死ぬ危険性の多い野外で働く役を担うことが多くなっています。若いうちに外に出て病気や怪我をすると一生のうちに働ける時間が短くなります。しかし、若いうちは巣の中の仕事、それから巣の外の仕事、という順番に仕事分担すると、それぞれのアリたちは長い時間働けたことになります。アリの世界では「おばさん~おばあさん」が外に出ることは巣全体の仕事の効率が良くなるコツなのです。皆さんが良く見るアリもほとんどがこのようなアリたちです。でも、「おばあさん」といっても数ヶ月の間は問題なく元気でいてくれますよ。(原始的なアリの中には分業をせず全個体が全作業をするアリもいます。)


ミツバチの世界とアリの世界は同様と思います!!!

id:answer1414 No.2

answer1414回答回数503ベストアンサー獲得回数02005/12/23 12:00:03

id:jellah

ご回答ありがとうございました。

初心者のため、システムの要領を得ず対応が遅れましたことをお詫びします。

2005/12/24 08:29:54

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません