サッカーボールの模様が白と黒の斑模様なのは、サッカーの母国・イギリスの天候が不安定で、泥&雪まみれになっても見やすいように、あの模様になったと聞いたのですが実際のところは、どうなのでしょうか??

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/23 17:33:45
  • 終了:--

回答(2件)

id:ryoQ10 No.1

ryoQ10回答回数7ベストアンサー獲得回数02005/12/23 17:49:51

ポイント25pt

http://superfecta.seesaa.net/article/5450271.html

Superfecta!: サッカーボールの歴史

少し探してみたのですが、どうやらあの斑模様は、アルキメデスの多面体という法則に基づいて作られていて、日本人が考えたそうです。


詳しいことは上記のサイトを見てください。

id:jyouseki No.2

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382005/12/23 18:03:52

ポイント25pt

「昔は、サッカーボールは茶色一色のボールが主流だったそうです。

しかし、日本では練習環境が『土のグラウンド』であることがほとんどだったこの時代、ボールがグラウンドの色と同化して見えてしまうことがあったようです。そこに1966年、白黒亀甲ボールが登場!

白黒の色がグラウンドに映えてプレーしやすい!』と瞬く間に日本中に広まったそうです」

このページでは日本で白黒のボールが誕生したと書いてあります。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません