AIDSUASS理論はどなたが提唱しているのでしょうか。また略称はあるのでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/25 00:03:34
  • 終了:--

回答(2件)

id:Brad No.1

Brad回答回数368ベストアンサー獲得回数02005/12/25 00:15:10

ポイント25pt

http://www.vo-net.com/public/toku/toku0302.html

知っ得2月「AIDMA(アイドマ)の理論」

提唱者は存じ上げませんが、AIDSUASS理論とは、AIDMA理論(詳細は上記URLを御参考下さい。)にSearch(探索)、Understand(理解)、Satisfaction(満足)、Sympathy(共感)を付加したもので要約するとインターネット時代の情報共有型消費行動との事です。

詰まり、AIDSUASSとはそれぞれの単語の略称となります。(単語一つ一つの持つ意味の詳細は下記URLを参考になさってください。)

http://hotwired.goo.ne.jp/original/fujimoto/050510/

eマーケティング概論2005 : Hotwired

id:Saiya No.2

saiya_moebius回答回数11ベストアンサー獲得回数02005/12/25 04:39:48

ポイント25pt

(上のURLはダミーです)

実際の参照URlは http://hotwired.goo.ne.jp/original/fujimoto/050510/ です。


まず、略称についてですが、これ自体が略称であることから、おそらくこれの略称、はそうそう無い上、有るとしても実に解りにくい事になってしまう(ために広まらない)かと思います。


また、提唱者については、↑のURLにある記事の口ぶりや、他のサイトでの言及状況からして(googleで、ウェブ全体を対象に検索をかけてみて下さい)恐らく、公に唱えたのは上記記事の著者である藤元健太郎氏であると考えられます。(断定は出来ませんが。)

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません