化粧品メーカーのDHcがもともと、通訳の会社だったらしいですが、化粧品の事業に手をだしたエピソードがあれば教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/30 01:13:19
  • 終了:--

回答(3件)

id:PPPz No.1

PPPz回答回数1124ベストアンサー獲得回数132005/12/30 03:15:32

ポイント50pt

http://www.hatena.ne.jp/1118504826

人力検索はてな - DHCは、なぜ化粧品事業をはじめたのでしょうか? DHCといえば化粧品ですが 創業時は翻訳業で、今でも翻訳業を行っています。 (DHCは大学翻訳センターの略だそうで) いった..

ここの質問にけっこういろいろ回答がでてますね。

ひらめき?

id:komegura

過去に同じ質問があったのですね。

2005/12/30 10:08:05
id:kimbara No.2

kimbara回答回数638ベストアンサー獲得回数132005/12/30 03:34:07

ポイント20pt

http://cosme.beauty.yahoo.co.jp/column/brandindex/dhc_cleansingo...

Yahoo!�ӥ塼�ƥ��� ���ڥ����� Be!�ΤعԤ���

こちらのDHCという会社の紹介記事にある、ブランド遍歴の項目が参考になります。


1970年代

DHC創業者で現社長吉田嘉明が、スペインを訪れた際、完全有機栽培のオリーブオイルに出合う。天然の美容成分をもつこのオリーブオイルは、日本人の女性の肌をもっと美しくするはずだ! と直感し、製品化へ向け研究をはじめる。

id:tyousann No.3

tyousann回答回数1982ベストアンサー獲得回数542005/12/30 06:16:58

ポイント50pt

ビジネス翻訳の決め手は、正確さ、迅速さ、そしていつでも利用できるリーズナブルな料金体系です。全上場企業の6割にあたる取引先実績を誇るDHC翻訳・通 訳事業部では、高度な翻訳サービスを提供するために、独自のシステムが構築されています。


今でもやってますよ。

1972(昭和47)

現社長、吉田嘉明が創業。委託翻訳業務開始。

1975(昭和50) 株式会社に改組。

1976(昭和51)

月刊「翻訳の世界」創刊。

1983(昭和58)

化粧品事業部設立。

DHC オリーブバージンオイルはロングセラーに


昭和58年までは翻訳一本でやっていたようですね。


1970年代

DHC創業者で現社長吉田嘉明が、スペインを訪れた際、完全有機栽培のオリーブオイルに出合う。天然の美容成分をもつこのオリーブオイルは、日本人の女性の肌をもっと美しくするはずだ! と直感し、製品化へ向け研究をはじめる。


という説もあります。

id:komegura

ありがとうございました。

2005/12/30 10:09:15
  • id:akihiro100
    結構有名な話だと思いますが、どなたも回答してませんでしたので、書き込みさせていただきます。

    創業者の吉田氏は、飲み仲間の美輪明弘氏から「オリーブオイルは肌にとてもいい」という話を聞いて、全く関係のないこの新規事業に手を出した、ということです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません