私は高校生ですが ヤンキーに金をもってこいとか 掲示板に自分のニックネームを出されて見つけ出すだのしばくだのって言われるとすぐビビッテ心配になってしまいます。 友人では 掲示板に悪い奴がいて そいつになにか言って 同じような事を書きこめれても 逆に こっちがお前を見つけ出して しばくとか ヤンキーに恐喝されても そのヤンキーにお前らに出す金がねーみたいに言える人がたくさんいます そおいうような強い人間になるには どうしたらよいでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/31 14:05:57
  • 終了:--

回答(6件)

id:jyouseki No.1

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382005/12/31 14:15:56

ポイント16pt

http://www.nom.ne.jp/genkuken/

空手道場 現代空手道研究会 ホームページ

あなたは余りにも気が弱いことが文面から読み取れます。

「金をもってこい」というのは恐喝で立派な犯罪です。言われたらすぐに110番すればいいのです。

心を強くするのには、空手でも習ったらいいと思います。

学校の部活で、空手、柔道、剣道等に所属するのも1つの方法です。

id:june_iwata

一応 剣道部です

2005/12/31 15:25:01
id:qandace No.2

qandace回答回数115ベストアンサー獲得回数02005/12/31 14:31:40

ポイント16pt

格闘技でしょうか?

後は死を恐れない事でしょう?

あなたの友達が本当に怖い思い(や○ざがでてくるような)をしても

まだ勢いがあるかどうかはわかりません。

守るものがある場合も強くなれます。

id:castle No.3

castle回答回数1011ベストアンサー獲得回数122005/12/31 14:40:30

ポイント16pt

http://www.kingdom.or.jp/nanchie/html/04/08_01.html

【王国】 「いじめ」「嫌がらせ」を受けなくなった経験者(学校時代)の方へ、その効果的なことやオススメの方法を聞かせてください!!

苦行を体験して自分に自信がつくと、自然と《餓鬼は相手にしねーよ》オーラが身につきます。

何かを達成したり、自分はよく頑張ったという確信なり、そういった全力で何かに打ち込んだという体験でしょうか。そのチャレンジが成功しても失敗しても、挑戦した体験自体が自分を強くしてくれるはずです。前を向いて自分がやりたい事をやっている人になれたら、カツアゲや脅しなんて子供っぽい格下的な行為にしか思えなくなるので、自然と相手にするのが馬鹿らしく感じます。相手もそういう雰囲気を察知します。

id:gerip No.4

gerip回答回数148ベストアンサー獲得回数22005/12/31 14:57:39

ポイント16pt

http://ameblo.jp/yugure/

実録鬼嫁日記

相手の立場で考えれば、脅しの内容が有効(実行できる)かどうかが分かります。

相手のやり方が分かれば、それなりに対処できるので、恐怖はなくなります。

その後、相手の心情知った上で反撃にでます。これでOKです。

※URLは適当です。

id:chapuchapu2525 No.5

chapuchapu2525回答回数1334ベストアンサー獲得回数92005/12/31 15:16:27

ポイント16pt

基本的にヤンキーのほとんどは見かけだけですよ。言われたらビビるから相手が強気になるんです。以前なんどかアホなヤンキーみたいなやつに声をかけられたりしましたが、ちょっとこっちが強気になって相手をつかむと顔を引きつらせてすぐ引き下がっていきました。なのでヤンキーは中身はない外見だけの人間です。逆にヤンキーのようにいつもガキみたいにイライラして怒ってるやつが急に怒るよりも、普段は興奮したりしないで落ち着いているひとが急に怒ったときのほうが怖いものです。

強い人間になるには、外見ではなく内面を強くしましょう。「ヤンキーは外見だけ」というのを頭の片隅に置いておいてください。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 かとやん 13 12 0 2005-12-31 15:24:23

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません