わたしが今後はてな市民として、経済的に自立(自給自足)するには、

11回答えるごとに1回質問すればよいはずです。しかし、市民全員が
おなじ経済行動に向うと、はてな市は発展するでしょうか。
 
“Myはてな”現在までの収支は、つぎのとおりです(手数料別)。
Q=質問 196:196件(支払率1.000)平均支払ポイント182.84
A=回答 284:258件(受取率0.908)平均受取ポイント 17.59
 
H=わたしの市民歴は約32ヶ月(9667日=138週)↓最初のQ&A
 2003/05/09 19:04:39 http://www.hatena.ne.jp/1052474679
 2003/05/11 23:15:46 http://www.hatena.ne.jp/1052657727#a3
 
 この設問は“はてな市役所”をモデルとする財政学入門です。
 あなたの日ごろの持論・自説・疑問など、存分に述べてください。
 〆切(2006/01/07 18:00)168時間後。配点予告平均 17.59ポイント。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/12/31 18:01:09
  • 終了:--

回答(5件)

id:pasosavi No.1

pasosavi回答回数761ベストアンサー獲得回数282005/12/31 18:33:33

ポイント20pt

http://pasosavi.ld.infoseek.co.jp/

無料IT関連情報提供サービス Pasosavi

↑URLはダミーです…


とても宜しい経済行動なのでは :-)


#小生もポイントを購入したことがなく


そのようなはてな市内の経済活動の利点は、

市民も全く困らず、はてなにもそれなり上がりが入り、

なにより質問/回答がコンスタンスに記され、

それが新たな市民を招き寄せるものともなろうかと


発展=集客=コンスタンスな質問/回答の投稿=自給自足


ある意味、はてな市民のスタンダードなあり方のような


デメリット?はてなが企業としてあまり儲からないことでしょうか…

とはいえ、それは はてな市の発展とあまり関係がないような

(新たな市民/質問/回答が増える毎に上がりは確実に生じる


ポイント購入即刻解決優先派の皆様も、

(小生も仕事絡みであればそうなる

はてな市の発展に大いに寄与されていますが、

貴殿のような自給自足型市民が、

結局のところ、はてなを支えるエネルギーの源なのかも

id:inosisibeyan No.2

inosisibeyan回答回数211ベストアンサー獲得回数02005/12/31 20:05:14

ポイント25pt

http://www.hatena.ne.jp/1125316077

人力検索はてな - 三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました。 そこで目についた「ムゼオ」ってなんですか??

私は、質問はまだなので以下のページを付けます。

1、最初の回答をした時の質問

2、最初のダイアリー

3、はてなリング

http://d.hatena.ne.jp/inosisibeyan/20050924

inosisibeyanの日記 - 今日は誕生日

Q=0 件質問し、0 件ポイント支払い1 の支払い率平均支払いポイント 0

A=153 件回答し、139 件ポイント受取り0.908 の受取り率

平均受取りポイント 17.64

ちょっとだけ(0.05だけ勝った!)と、冗談は置いといて。


>あなたの日ごろの持論・自説・疑問など、存分に述べてください。

では、遠慮なく。私は経済的に「はてな」で稼ごうとか言う気は殆んど有りません。ちょっとしたゲーム感覚とでも言うのでしょうか。無料で答えるような場合でも相手がそれでいいと思っているのなら、何も文句は言えません。それがここでのルールみたいですから。

はてなのようなモデルケースに興味があるために、参加しているという気持ちもあります。

自分の実力がどれぐらいかと言うのにも興味があります。

以上のような理由で、私は続けているのです。


マクロ経済的に、はてなを見ると入会する人と退会する人のバランスが保たれているうちは、上手く回るように思われます。何しろ、2000ポイントからしか現在は出金処理が出来ないことですから、その条件に当てはめて考えると、かなり長い間回答を続ける必要が有りますね。

そうなると、平均何日で2000ポイント溜っているのかは存じませんが、それまでの期間が人によって違う分、かなり時間的にダブっていると考えられますので、財政的には十分やっていけると思います。

退会する方でも、他のユーザに大判ぶるまいされて辞める方も何名かですが、ここ4ヶ月ほどで見受けられましたし、「のっかり」や「ポイント送信」など財政の流動化を助けるような仕組みもあることですから、すぐにどうこうなるようには、思えません。バランスが悪くなると、回答時の必要ポイントの率(税金のようなもの)を変更する必要がありますが、今のところその様なアナウンスも見られないので、バランスは保たれていると思います。

id:orangekid No.3

orangekid回答回数37ベストアンサー獲得回数02005/12/31 20:43:51

ポイント15pt

全市民が自給自足の方向に向かうってことはないんじゃないですか?

お金持ちの方がポイントをたくさん購入されているはずなので、はてなが衰退するってことはないと思います。

はてなで質問する需要が減るってことは、ないと思いますから・・・

それに比べて僕のような庶民は、ポイントを稼ぐためにたくさん回答するので質問者は有益な回答を得ることが出来るようになり、回答者はポイントを貯められるのです。

そう考えるとはてなはどんどん発展していくはずですね。

id:duemr701 No.4

duemr701回答回数536ベストアンサー獲得回数02006/01/03 02:53:50

http://thinking.shiawasehp.net/

�S�����������u�K���ɂȂ��l�����v

リストラかんにんしてーなー

id:Baku7770 No.5

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812006/01/05 13:00:33

ポイント30pt

 これだけでは、完全に破綻へ突き進むと判断いたします。


 ()付きになっていますが、

①手数料の存在を無視することができないことと、

②知恵を外部から入手するためのコストも無視されている

からです。


 はてなの財政モデルは歴史的に見て次のモデルが近いかなと考えます。「列強に侵略された植民地」。表現は悪いですが(笑)


 つまり、はてなという列強国の下で

1回質問して平均支払ポイント180+110(1件について10回答)。11回回答して、198ポイント受け取れるといった数式が成立すると考えられます。


 ここでは

  総回答数=総質問数×質問1件に対する回答の平均

は成立しますが、

  総受取ポイントと総支払ポイントの間で、


総受取ポイント>>総支払ポイント であれば高度成長。

総受取ポイント>総支払ポイント であれば成長経済。と言えますが、実際には

総受取ポイント<<総支払ポイント なのでマイナス成長と言えます。


 ご質問の意図である、

総受取ポイント≒総支払ポイント であっても市民は不況と感じるのではないでしょうか。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません