「(企業)経営の定義」を募集します。


いろいろな視点からの定義があるかと思います。ユニークな視点、励まされる視点など、どしどしお寄せください。

経営者の方ではなくてもかまいせん。

注意、ここでは「辞書的な正確な定義」を求めているわけではありません。回答者の独特の視点を提示してください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/01/03 14:45:29
  • 終了:--

回答(4件)

id:mhrk No.1

mhrk回答回数48ベストアンサー獲得回数02006/01/04 04:17:46

ポイント30pt

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%D0%B1%C4

経営とは - はてなダイアリー

経営とは。会社の中と外のインターフェイス、在り来たりな言い方で言えば「舵取り役」であって欲しいと思います。


会社の向きを定め、目標を示し、社員一人一人は力を正しく発揮さえすれば、会社が前に進める環境を整える。短期的に見れば利益は出なくとも、確実に前に進み続ける実感を与えてくれる。


少し具体的に言えば「長期的な目標を示し、それらを社会の変化に対応させつつ、社員の力が十二分に発揮できる環境を整備し、最終的には利益を出す」といったところでしょうか。


# 自分で言ってて部課長、PMクラスと混同してるところがありますね(笑)

# 若輩者の(理)想像につきスミマセン。

id:gzmgzm

ありがとうございます。

2006/01/04 14:37:03
id:IshikawaBETA No.2

IshikawaBETA回答回数57ベストアンサー獲得回数02006/01/04 13:43:08

ポイント30pt

意図からずれた回答だとしたら、ごめんなさい。難しいテーマですね・・・。


私は、一般的な「経理上の利益を出すこと」だけが「経営の定義」ではないと思いますね。

高等な目標を設定して、適切に成果を生み出すことが経営の定義ではないでしょうか。

この目標は、計画の継続性もあり、社会的な価値もあり・・・と、理想を掲げるとキリがありませんが、

欠かせないのは、企業が優先される目標ではなく、お客様が優先された目標でないと意味がないということですね。

この目標が立派な会社であれば、良い企業だと言えると思います。


参考URLはありません。

id:gzmgzm

ありがとうございます。

2006/01/04 14:37:37
id:kuippa No.3

くいっぱ回答回数1030ベストアンサー獲得回数132006/01/05 01:58:45

ポイント30pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822242633/249-6170706-...

Amazon.co.jp: ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則: 本: ジェームズ・C. コリンズ,山岡 洋一

経営学の本をばよく読みます。この本はまだよんでないのですが…(コリンズのURLでいいのがなかったので)


日系ビジネス 2002/12/9 号 特別編集版

の抜粋をつくって手元に置いています。


その経営手法[ゆえに]成功した企業のみ継続していく。in spite of (にもかかわらず) because of (ゆえに)を区別する。


・最初に「何を」より「誰を」を考える

自分の運転するバスの目的地を先に決めない。

それよりも、まずふさわしい人々をバスに乗せ、ふさわしくない人々を降ろし、ふさわしい人々をふさわしい座席に落ち着かせるのが先決。

それができて初めて、バスをどこに向けて走らせればいいかが分かる。

間違った人材を間違った席に座らせてしまったのであれば必ず行動をする。

規律ある企業文化と企業家的な倫理を組み合わせれば、素晴らしい反応が生じる。

管理される必要のない自律的な人々で会社を埋め尽くすこと。


時を告げるのではなく時計を作る立場である。


抜粋の抜粋ですが。

個人的には、


自分が居なくても組織や、会社が上手く機能するように権限譲渡をしていくことが組織で生業にあたるということだと思います。


人に任せられる組織をつくれてこそ経営。


(´・ω・`)難しそうだ。

id:gzmgzm

ありがとうございます。

2006/01/06 23:50:06
id:kkmori No.4

kkmori回答回数823ベストアンサー獲得回数42006/01/08 15:39:56

http://www.kpmg.or.jp/resources/newsletter/sustainability/200508...

KPMG Japan | ニューズレター | 環境・CSR関連 | CSR経営による建設業の持続可能な発展を探る −CSRマネジメントを利用した経営改善の方法について−

企業経営は、利益を追求するだけでなく、社会的責任(CSR)の取組みが要求されています。

CSRのためには、消費者、従業員、株主、社会に対して、義務を果たす必要があります。

消費者に安価で、品質の高い製品を供給し、従業員を豊かにして、雇用を確保し、株主に利益を還元し、社会のために、環境保全に努力することが要求されています。

経済社会は急激に変化により、企業価値に対する考えも単に経済的な価値だけを追求するのではなく、社会性、人間性なども重視する考え方が浸透しています。また、市場もこのような社会の変化と表裏一体となって変化してきており、すでに経済性だけを重視しているものではなく、企業の社会性をも要求しています。昨今の企業の不祥事の多発による、その後の企業の衰退が企業の経営に対する社会の要求が理解できます。

id:gzmgzm

このような辞書的な定義は求めていません。

2006/01/08 22:31:59

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません