【会計・経理】

法人で、1.5期、事業を営んでいます。

税務署から、国税還付金振込通知書が届きました。
発生事由は、『カクテイシンコクゲン(ホウジン)』と書かれています。
支払科目は、『源泉所得税』と書かれています。

裏面に、
○ 還付加算金は「雑収入(雑所得)」として、課税の対象になりますので、注意してください。
とあります。

ここで書かれている、還付加算金と国税還付金と言うのが同じ意味かどうかも不明です。

仕訳をどうすればいいのか悩んでいます。
雑収入で処理すればいいのでしょうか?

※還付なのに課税の対象なのも謎です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/01/04 11:09:05
  • 終了:--

ベストアンサー

id:meimasa No.2

meimasa回答回数7ベストアンサー獲得回数12006/01/04 18:20:06

ポイント40pt

今回の還付は、おそらく預金利息や配当金などの受取時に天引きされた源泉所得税の還付だと思います。これらは法人税の計算上、控除されることになりますが、所得が0以下で税額が発生しない場合は還付されることになります。

この還付金は、決算で何の処理もしていなければ、雑収入で処理してください。ただし法人税の所得の計算では減算します(益金不算入)ので、税金に税金がかかるということはありません。

また還付加算金は還付金についた利息のようなもので、こちらは課税対象になります。同じく雑収入で処理して、所得計算では減算処理はしません。

ちなみに、還付金、還付加算金ともに消費税の課税対象にはなりません。

id:keijiro

なるほど!

ありがとうございます。

ご丁寧な回答ありがとうございました。

2006/01/11 10:24:23

その他の回答(1件)

id:takezawa_kazuto No.1

takezawa_kazuto回答回数99ベストアンサー獲得回数02006/01/04 15:44:04

ポイント10pt

まず還付加算金についての定義は上URLの通りです。

国税還付金の定義は上URLの中ほどに記載されています。要するに還付加算金とは利子的性格を有するものなので課税対象になるということです。仕訳については雑収入で計上しても差し支えないと思いますが、摘要欄に還付加算金の旨を書き添え、税理士がチェックできるようにすべきであると考えます。

id:keijiro

なるほど。

ありがとうございます。

2006/01/04 21:22:05
id:meimasa No.2

meimasa回答回数7ベストアンサー獲得回数12006/01/04 18:20:06ここでベストアンサー

ポイント40pt

今回の還付は、おそらく預金利息や配当金などの受取時に天引きされた源泉所得税の還付だと思います。これらは法人税の計算上、控除されることになりますが、所得が0以下で税額が発生しない場合は還付されることになります。

この還付金は、決算で何の処理もしていなければ、雑収入で処理してください。ただし法人税の所得の計算では減算します(益金不算入)ので、税金に税金がかかるということはありません。

また還付加算金は還付金についた利息のようなもので、こちらは課税対象になります。同じく雑収入で処理して、所得計算では減算処理はしません。

ちなみに、還付金、還付加算金ともに消費税の課税対象にはなりません。

id:keijiro

なるほど!

ありがとうございます。

ご丁寧な回答ありがとうございました。

2006/01/11 10:24:23

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 開業271日目 還付金の顛末 独立開業に関する記録 2006-03-28 06:55:42
    (昨日の続き) 国税庁のサイトでそれらしき記事が見つからなかったので検索サイトで調べてみると、発生事由が「カクテイシンコクゲン」の場合の還付加算金に関する疑問の回答があ
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません