Meja(メイヤ)のプロフィールが日本語で詳しく(できれば全角200文字以上)掲載されているサイトを教えてください。


売上枚数・オリコン順位などが出ているものがあれば、なお嬉しいデウs。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/01/16 21:19:28
  • 終了:--

回答(4件)

id:answer1414 No.1

answer1414回答回数503ベストアンサー獲得回数02006/01/16 21:30:25

ポイント50pt

http://music.yahoo.co.jp/shop?d=p&cf=12&id=168353

Yahoo!�ߥ塼���å� - �������祵����

http://music.yahoo.co.jp/shop?d=p&cf=12&id=168353

id:cosasa

ありがとうございます。すいません。これはすでに発見していましたので、他のものをお教えください。

2006/01/16 21:50:47
id:ojapaman No.2

ojapaman回答回数46ベストアンサー獲得回数02006/01/16 21:38:58

ポイント60pt

いちおう全角200文字以上掲載されてます。

売上枚数・オリコン順位はありません。

id:cosasa

biographyが見れません。sonyさんのぺージがある事は知っていたのですが、biographyが見れないと意味がありません。(当方、macです)

2006/01/16 21:52:55
id:morningrain No.3

morningrain回答回数824ベストアンサー獲得回数22006/01/16 22:03:10

ポイント50pt

HMVのこちらのページはいかがでしょうか?

売上がまとまっているようなサイトはちょっと見つからなかったです。

id:cosasa

こんな感じのものを求めてました。

大変参考になりました。

2006/01/17 02:11:11
id:ojapaman No.4

ojapaman回答回数46ベストアンサー獲得回数02006/01/16 22:07:11

2番です。

biographyページの直リンクなんでWinならスクロールで見れるのですが^^;

一応、コピペです。


■1969年2月12日生まれ。

スウェーデンはストックホルム出身。彼女の祖父はスウェーデンでは名の知れたクラシックの作曲家で、父はバスの運転手ながらギターの腕前はプロ級、そして母は画家という芸術家の家に生まれ育ったメイヤは8歳の時からピアノとフルートを習い始め、15歳で単身、スペインのマジョルカ島に留学する。そしてその後はロサンゼルスに渡り、名門と名高いミュージシャンズ・インスティテュート・オブ・テクノロジーで声楽についての勉強をする。


■ そんなメイヤはマジョルカ島から戻ってきて間もない頃、ストックホルムのとあるジャズ・クラヴで歌っているところをたまたまバーに来ていたスウィディッシュ・ポップを代表するアーティストでありプロデュサーであるアンダーズ・バッジに見いだされることになる。彼はジェニファー・ブラウンを始めベリンダ・カーライルといったアーティストを手がけてきた人物で、メイヤは彼のプロジェクトであるレガシー・オブ・サウンドのヴォーカリストに抜擢され、早くもシンガーとしてのデビューを果たす。このレガシー・オブ・サウンドでメイヤは『ホーリー・グルーヴ』(93年)、『ツール・ド・フォルス』(95年)という2枚のアルバムでその歌声を残している。その後、エイス・オブ・ベイスを世界的アーティストへと育て上げた辣腕マネージャー、ラース・カールソンと出会い、一転、今度はソロ・アーティストとしての道を歩み始める。


■ そして96年、メイヤはエイス・オブ・ベイスやリアル・マッコイ等を手がけたスウェーデンのトップ・プロデューサー、ダグラス・カーのプロデュースのもと、デビュー・アルバムとなる『MEJA』を完成させる。


『MEJA/メイヤ』

96年7月1日リリース ESCA6436


■ このアルバムは彼女自身がアルバム中8曲を手がけた他、コンポーザーとしてマドンナの”ライク・ア・バージン”で知られるビリー・スタインバーグ等が参加。アルバムはヨーロッパでは勿論のこと、日本でも80万枚を越えるスーパー・ヒットとなり、メイヤは一躍、新たなるポップ・プリンセスとしてミュージック・シーンにその名を刻み込むことになる。ちなみにこの作品は全国のTOWER RECORDSとHMVの『96年度年間NO1セールス・アルバム』に輝いた。97年1月には初の日本公演を敢行。この時の模様を収録したライヴ・アルバムもリリースされている。


『LIVE IN JAPAN - THE FLOWER GIRL JAM』

97年8月1日リリース ESCA6785


■ 97年に入ってメイヤは次作へのソングライティングを始め、6月からは再びダグラス・カーとのコンビで新作のレコーディングに取りかかった。そして翌98年2月に2枚目となる『セヴン・シスターズ』を発表。


『SEVEN SISTERS/セヴン・シスターズ』

98年2月11日リリース ESCA6975


■ 今作でも彼女はアルバム中11曲を手がけている。デビュー・アルバムと同じくビリー・スタインバーグやエイス・オブ・ベイスのヨーナス等が参加して作られたこの作品もまた日本では70万枚を越すヒットを記録。デビュー作での大当たりがフロックでないことを自ら証明してみせた。彼女の歌は音楽ファンのみならず、同性である多くの女性の共感をも呼び、さらに幅広いファンを獲得していった。同年の日本公演はさらに規模を拡大し、全国各地で行われ、いずれもソールド・アウト公演となった。


■ コンサート、プロモーションのため何度となく日本を訪れているメイヤ。そんな彼女が日本についてこう記している。『日本ではいつもとても楽しい時を過ごしているわ。いろいろな場所で出会ったいろいろな人々からどれだけ多くのことを学んだかに気づくの。そして日本からスウェーデンに戻るたびに私は新しい女性になる.....』と。


■ 2000年3月にはラテンの貴公子、リッキー・マーティンとのデュエットによるナンバー『プライヴェート・エモーション』を発表。


■ 2001年。メイヤはそれまでの綺麗なブロンズヘアーを黒髪に染め、長かった髪も切ることにそしてロサンゼルスでエアロスミス等を手がけるベテラン・プロデューサー、マーティー・フレデリクセンと、スペインではダグラス・カーとのレコーディングに入り、最新作『リアリテイルズ』を完成させる。このアルバムからはシングル『ヒッピーズ・イン・ザ・60’s』が全国のラジオ・チャートで1位を獲得するヒットとなった。6月には来日公演を行い、8月には矢井田瞳主催の音楽イベントSound Of Cloverに出演、大阪城ホールのステージに立った。

id:cosasa

無事に見れました。ありがとうございました。

2006/01/17 02:15:08

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません