「学校はみんなで使う場所だから、みんなで綺麗に掃除しましょう。」と言いますが、先生たちは学校の掃除をしていないようです。


一応アンケートも取ってみましたが、やはり半数以上の教師は掃除に参加していないようです。
http://www.hatena.ne.jp/1138013736
http://www.hatena.ne.jp/1138013803
大体いつも一緒に掃除をしていた。 中学:12% 高校:8%
たまに一緒に掃除をしていた。 中学:32.5% 高校:16%
めったに一緒に掃除をすることはなかった。 中学:25.5% 高校:21.5%
一緒に掃除をしたことはまったくなかった。 中学:28% 高校:52.5%
その他 中学:2% 高校:2%

おかしいと思うのですが、先生たちが掃除をしないでいい理由というものがあれば教えてください。また関係したURLを募集します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/01/23 20:58:47
  • 終了:--

回答(10件)

id:kn1967 No.1

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012006/01/23 21:07:50

ポイント13pt

掃除も生活の一部であり、社会学習の1つです。


先生が率先して行う事も教育方法の1つですし、指示だけを出すのも教育方法の1つです。


いずれも行っていないとすれば、教師の手抜きですからPTAを通じて学校側に問題を提起してもよろしいかと思います。

id:anisalass

掃除に参加しようとしていないのは怠慢なんですね。本来はするべきということでしょうか。

2006/01/23 21:11:24
id:double_ka No.2

double_ka回答回数206ベストアンサー獲得回数12006/01/23 21:15:07

ポイント13pt

http://www.hatena.ne.jp/1138017527

人力検索はてな - 「学校はみんなで使う場所だから、みんなで綺麗に掃除しましょう。」と言いますが、先生たちは学校の掃除をしていないようです。 一応アンケートも取ってみましたが、やは..

教えるのが仕事だから。

id:anisalass

生徒は掃除が仕事ではないと思います。ということでいいでしょうか。

2006/01/23 21:16:13
id:amifumi No.3

amifumi回答回数323ベストアンサー獲得回数12006/01/23 21:18:03

ポイント13pt

再度の回答ですがうちの学校では一日のまとめ的に使った所を綺麗にしようとしています。ちなみに掃除を呼びかけるのは先生ではなくて整美委員という生徒会の役職で今の僕がそれですが、やはり先生が裏にいるので先生が言ってるのと同じような感じです。うちの先生は自分たちが帰る前に当番を決めて掃除をしているようです。そこで思ったのですが、先生はそもそも別の次元にあって生活面においては年配なので、自らのほうが偉く、する必要がないとか思ってるんじゃないでしょうか?とりあえず僕は信頼を寄せている先生など2・3人しかいません。たぶん来年受験なのでもうちょっといい先生が入ってきてくれるかなとか思ってんですが、先生なんて自分勝手なんですよほんとに

id:anisalass

現役の生徒さんでしょうか。ありがとうございます。

先生は偉いから掃除なんてする必要がないということなんでしょうか。大人になってそういう考えになるのであれば、やはり教育的な意味はなかったような気がします。

2006/01/23 21:20:49
id:kumaimizuki No.4

くまいみずき回答回数614ベストアンサー獲得回数312006/01/23 21:25:59

ポイント13pt

http://www.hatena.ne.jp/list

人力検索はてな - 質問一覧

先生は歳なんですから、老体に無理をさせてはいけませんよ。


というのは冗談として。

普段、教室を使うのは生徒ですよね。

先生は主に職員室にいます。

授業をする時だけ、教室に行きますよね。

教室以外でも、メインで使うのは生徒です。

生徒が何かを学ぶための施設なのです。


そう考えると、教室を掃除するのは先生よりも生徒がふさわしいですよね。

「使った人が片づけをする」という理屈です。

なので、生徒が率先して掃除をし、先生は監督等のサポート役になるのです。


だと思うのですが・・・。

id:anisalass

「使った人が片づけをする」>

あー、これはなんとなくわかりやすい気がします。自分的にしっくりきます。

ということは、職員室や職員トイレの掃除は先生たちがするべきで、生徒や他の清掃業者がするのはおかしいということですね。

2006/01/23 21:31:04
id:mmdgpc No.5

mmdgpc回答回数481ベストアンサー獲得回数32006/01/23 21:29:24

ポイント13pt

http://bb.yahoo.co.jp/

Yahoo! BB入会案内トップ - Yahoo! BB

先日のアンケートに回答しました。


小学校では掃除も社会教育なので一緒にやる。中学校、高校ではその社会教育は受けてきているものとして一緒にやる=教えるはないのではないでしょうか?


中学、高校で先生達が一緒に掃除をしたのはコミュニケーションの一貫としてしていたのでは?

現在、学校に清掃業者(または、主事)などが入って掃除をしてますしね。

id:anisalass

アンケートの方にも回答いただきありがとうございます。

教育で一緒にやる(教える、指導する)。清掃業者が入りどちらもしない。であれば、問題ないわけです。

しっくりこない(こなかったし、納得できなかった)のは、生徒たちに掃除をさせるが、先生たちはその掃除に関与することなく、掃除をしない人間を強制してさせようとするその態度だったわけです。

そういうのは特殊なケースかと思いましたが、アンケートを見る限り、やはりそちらの方が数は多いようなです。

2006/01/23 21:36:36
id:marumi No.6

marumi回答回数2608ベストアンサー獲得回数32006/01/23 21:35:03

ポイント13pt

http://www.duskin.co.jp/hoshin/shakai/gakko/2001/jittai_02.html

第2回 「学校の掃除実態と指導の状況」|2001年の活動|株式会社ダスキン 

子供が通っている学校では技術委員さんという大人の人が学校の掃除 窓拭き、廊下掃除、トイレ掃除、校庭の草むしり等掃除しに毎日くるようです。子供たちは各担当に分かれて教室や廊下の掃除はしますが、先生たちはたまに子供たちと一緒に掃除の手伝いはしてくれるようです。あとは先生たちは職員室でやることがいっぱいなのでなかなか掃除までは出来ないのではないでしょうか。でも納得できないのは懇談会の時、年に2回ぐらい学校のカーテンをお母さん達に洗ってくれとお願いしてきます。自分で洗えよ、といつも思っています。

id:anisalass

生徒のおられるお母さんでしょうか。

今は生徒・先生以外の人間が掃除をするケースがわりと多いのですね。やはり生徒が掃除するのはおかしいという声が多かったのでしょうか。

「職員室でやることがいっぱい」というのは、それは賃金をもらっている先生たちの都合であって、生徒であり、保護者にはまったく関係ないですよね。

2006/01/23 21:43:01
id:riedono No.7

riedono回答回数80ベストアンサー獲得回数02006/01/23 21:41:39

ポイント13pt

日本の学校教育に求めるものが間違っているから…ということになるのかもしれません

日本の学校は(教員は)教科だけを教えていてはだめなようです

家庭や地域社会で教えてくれないことを学校に求めているので掃除の仕方を教えたり時には食事についての指導をしたりと教員はたいへんです

ちなみに 養護学校という障碍のあるお子さん達が通う学校では掃除を授業でも取り上げますし、生活技術として指導もします 教員も掃除をする人が多いようです ただ「私たちはするのに、あの人は生徒にやらせている」なんていう指導と仕事(掃除)が違うということを理解していない教員もいます

自分がやる方が子供達にやらせるより、よっぽど楽なんですよ

id:anisalass

そのとおりです。指導であれば問題はありません。

しかし指導ではなく、単なる強制でさせているケースというのも非常に多いのではないでしょうか。率先して声をかけて、掃除をしよう(させよう)とする形であれば納得がいったと思います。

ですが、そうではないケースがかなり多いのではないかと想像します。

2006/01/23 22:08:43
id:lupu No.8

lupu回答回数214ベストアンサー獲得回数02006/01/23 22:06:50

ポイント13pt

実状では一緒に掃除をしない教師が多いようですが、理想的には一緒にしたほうがいいと思います。

これを行わないのは、昔からの風習から来ていると思います。


発達心理学上、模倣・モデリングという事があります。これは、いわば、まねっこです。有名なのに、暴力シーンを見て真似をする、というのがあると思います。

教師は生徒の良いモデルとなるべきであると思います。

従って、教師もしっかりと掃除をすべきであると、自分は考えます。


今の現状は、教師の怠慢であると、考えます。

id:anisalass

怠慢ですか。自分も掃除をするべきではないかと、他の皆さんの意見を見たあとでもやはり思います。

2006/01/23 22:13:56
id:eityan No.9

eityan回答回数477ベストアンサー獲得回数52006/01/23 22:09:01

ポイント13pt

↑ダミーです。


先ほどの質問でも申し上げた通り、

・先生は監督する立場であるから。

と言うのも一つの理由ですが、


・生徒が自主的に掃除をしなければならないから。


と言うのも理由の一つになると思います。


もちろん、先生がやらないと生徒がやらないと思うかもしれませんが、

実際誰かがやっていると「自分はやらなくてもいい」と思ってしまうものですよね。

id:anisalass

そうなんですが、逆に先生がやらなければ、掃除をしていない人間がいるわけで、他の生徒がしている以上、どちらにしても「自分はやらなくてもいい」と思ってしまうような気がするのですが、どうでしょうか。

2006/01/23 22:17:43
id:amanomurakumo No.10

amanomurakumo回答回数44ベストアンサー獲得回数02006/01/23 22:14:51

ポイント13pt

http://www.matino-akari.com/linksyu/log/news/01105.html

過去配信記事ログNo.01105 - ニュース掲示板「街の灯」

アンケートの結果からこぼれ落ちていると考えられることをあげてみます。


・掃除用具の数的な問題

コスト削減のためか、ほうきがぎりぎりの数しかなくて、たまに取り合いになったりしていました。それがない人は、雑巾を持って空ぶきとか。

たいしてする意味がないようなことまで生徒がしている現状で、教員には手伝う必要性がなかったのではないか。それが一緒に掃除をしていないという結果につながっている。

つまり、「しないでいい」とは思っていないのではない。あくまでもする必要性がないというだけで。


・ほかの雑事

掃除はしない。でも教室内にはちゃんといるということが多かったです。

そこで何をしているかというと、いろいろな掃除場所を見て、さぼっている生徒への注意をする。

あるいは、宿題を忘れた人への注意や、給食費を払っていない人への催促などなど、いろんな連絡していたり。

つまり、何かの理由で「しなくていい」わけではなく、ほかの様々な用事で「できない」のではないかと考えられます。


参考までに私の通っていた学校の例。

小学校(公立):ほうきは持たず、机運びを手伝う程度。

中学校(公立):掃除の場にはいるが、指揮監督がメイン。

高校(私立):担任が柔道部の顧問で指導に忙しかった。いたときでも、指揮監督のみ。副担任がホームルームをする際は、指揮監督でたまに机運びを手伝う程度。

id:anisalass

そうですね。手伝ったり、なにかしているのが目に見えていれば、また変わってくるだろうとは思います。ですが、不透明な部分というのは大きいとは思います。

また、しようと思えばできるのではないかと思いますし、しようとする気が元々ないのではという気がします。

ぼちぼち、このへんで終了しようと思います。

他にご意見あれば「いわし」の方にいただければ、ありがたく思います。

皆様、ありがとうございました。

2006/01/23 22:21:14
  • id:anisalass
    皆様、ありがとうございました。

    皆様、ありがとうございました。

    ただやはり、忙しいや他にやることがいっぱいあるというのは、あくまで言い訳に過ぎないのでは?と考えています。

    なぜなら、掃除の時間というのは、15〜20分くらいしか取られないのだから。

    またやはり、声をかけたり、自分から進んで掃除をしようとする姿勢というものに意味はあると思います。

    教育実習時、自分から進んで掃除をすれば、生徒もやろうとするし、また嫌そうな顔と見せず、和気藹々を楽しくスピーディに掃除できるし、生徒が自主的にするべきだと、無理やり強制的に掃除させることになんのメリットもないような気がしますがどうでしょう?
  • id:miharaseihyou
    中国流の悪影響ですね

    本来「自分の事は自分で」というのは禅宗の教えです。これは中国から渡来した思想で日本人の性格に良く合う考え方です。しかし中国の大多数の考え方は韓国も含めて、これとほぼ正反対です。科挙の制度の悪影響とでも言いますか。儒教のせいなのか。簡単に言えば偉い人は自分の身の回りのことは使用人にさせるのが当たり前だとする考えです。偉い人は偉いのだから下々のものにああしろこうしろ言っていれば良いのだと。中国や韓国の生産性の低さは実は大元にこういった考え方があります。先生は勿論偉い人ですから、人を教え導くのが当たり前で・・などの変形した形が因習として定着したようですね。歴史的に代用教員とかデモシカとかもありましたが、それでも偉いわけです。教職員の内部だけでの常識ですね。内輪の和を第一に考えるのも実に日本的考え方です。
  • id:over40
    学校って何するところ

    学校は先生から知識を受け取るための商業施設ではないと思います。

    単なるサービス業だと思えば、お金を払う側(生徒)が掃除をするのはおかしいですが、そうではないのです。

    生徒は先生に教えを乞う側であり、絶対的に下位にいます。

    分かりやすい例で言うと、武道における師匠と弟子。学校は道場です。弟子が道場の掃除をするのはあたりまえです。手伝ってくれない師匠は怠け者だとか、師匠もサービス業者なのだから弟子につらく当るとはなにごとかなんていう武道家はいませんよね。

    武道などと特殊な例だろうと思われるかもしれません。別の例で。

    楽器演奏やダンスの練習でスタジオを借りたとします。使い終わったスタジオを汚れたままで返しますか。俺たちは金払っている側だ。掃除などスタジオ経営者の仕事だというでしょうか。スタジオで教えてくれる師匠といえるような先輩がいたとき、先輩にも掃除をさせますか。

    そういう考え方は、欧米的というか、合理的というか、クールかもしれないけど、さみしくないでしょうか。

    とはいえ、無制限に尊敬できる先生などいないのも現実で、そんな先生に教室を掃除しろと言われても納得が出来ないのも仕方ないかもしれません。
    http://d.hatena.ne.jp/asin/4480687025
  • id:anisalass
    やはり偉いからなのか

    共通してあるのは、先生は偉いからですね。
    一昔前だと、先生は偉いということが前提としてあって、周りの保護者等も先生は偉いことで立てているような部分があった。というようなことを読んだことがあるのですが、この偉いからという考え方がどうも苦手でして。

    先生が掃除をするにせよ、しないにせよ、問題はそれを納得させるだけのものを先生が与えてくれるのかどうかということでしょうか。

    偉いとはどういうことなのか、少し興味があったので、
    ”http://d.hatena.ne.jp/asin/4480687025”もちょっと買ってみました。

    ありがとうございます。
  • id:anisalass
    (投稿者削除)

  • id:over40
    Re:やはり偉いからなのか

    > 先生が与えてくれるのかどうか

    先生は与える者、生徒は受け取るものという授受の関係だけでとらえると、学校=学習塾=商業施設になってしまいます。そう考えると、先生が売る側なので「教育を受けていただいて毎度ありがとうございます」と生徒に例を言わなければいけません。

    先生がどうであれ、生徒は学び取る側であると考えます。

    教室が汚れていようと、掃除は業者任せだろうと、俺たちは学ぶことが出来る、そういう自信があるというなら、それでも構わないでしょう。

    でも、人間そんなに自信家でいられるでしょうか。

    たとえば、ファッションを学ぼうと思ったら、まずは”カタチ”から入りますよね。いきなりオリジナルな服を作ろうとは思わない(できない)。

    それと同じで(どこが同じやねんというツッコミもあるけど)、学ぶという行為もカタチから入っていいと思います。教室を掃除するという行為から入って、学校への敬意や先生への尊敬の念を形成する。そういうカタチから入って、学びの姿勢を自分の体に覚え込ませる。

    オリジナルな学習方法を追求するのはその後でいいと思います。

    学校教育の期間で「学びの姿勢」を会得できないと、その後の人生でもつらいことになると思います。たとえば料理人や大工になりたいとき、専門学校での勉強だけなら商業的やりとりだけでいいでしょうけども、いざ店や現場に入って、先輩や親方から学ぶとなると支障をきたすのではないでしょうか。

    長々とすみません。

    以上「先生はえらい」の受け売りです。内田先生の本は面白いですよ。
  • id:anisalass
    Re(2):やはり偉いからなのか

    >> 先生が与えてくれるのかどうか
    >
    >先生は与える者、生徒は受け取るものという授受の関係だけでとらえると、学校=学習塾=商業施設になってしまいます。そう考えると、先生が売る側なので「教育を受けていただいて毎度ありがとうございます」と生徒に例を言わなければいけません。
    >
    >先生がどうであれ、生徒は学び取る側であると考えます。
    >
    >教室が汚れていようと、掃除は業者任せだろうと、俺たちは学ぶことが出来る、そういう自信があるというなら、それでも構わないでしょう。
    >
    >でも、人間そんなに自信家でいられるでしょうか。
    >
    >たとえば、ファッションを学ぼうと思ったら、まずは”カタチ”から入りますよね。いきなりオリジナルな服を作ろうとは思わない(できない)。
    >
    >それと同じで(どこが同じやねんというツッコミもあるけど)、学ぶという行為もカタチから入っていいと思います。教室を掃除するという行為から入って、学校への敬意や先生への尊敬の念を形成する。そういうカタチから入って、学びの姿勢を自分の体に覚え込ませる。
    >
    >オリジナルな学習方法を追求するのはその後でいいと思います。
    >
    >学校教育の期間で「学びの姿勢」を会得できないと、その後の人生でもつらいことになると思います。たとえば料理人や大工になりたいとき、専門学校での勉強だけなら商業的やりとりだけでいいでしょうけども、いざ店や現場に入って、先輩や親方から学ぶとなると支障をきたすのではないでしょうか。
    >
    >長々とすみません。
    >
    >以上「先生はえらい」の受け売りです。内田先生の本は面白いですよ。


    「学びの姿勢」として、学校への敬意や先生への尊敬の念を形成するため、掃除がある。というのは、あー、なるほどね。という感じでした。

    それならば、たしかに先生たちが掃除をする必要がないですね。

    教師が師として適当ではなければどうなるのか?
    という疑問も少し湧いてきますが、そうではなくて、師を師としてとらえることができるようにするための訓練なのでしょうね。

    ありがとうございます。
  • id:sptmjp
    アメリカでは

    参考までに。

    小さい頃アメリカの学校に行っていました。
    中学校では給仕係、皿洗い、放送、新聞係、文房具店などと同じように掃除がアルバイトになっていました。もちろん先生が管理者で。
    で、掃除で得たお金で同級生が学校の中でやっている文房具店でビックのペンなんかを買っていました。
  • id:anisalass
    Re:アメリカでは

    >参考までに。
    >
    >小さい頃アメリカの学校に行っていました。
    >中学校では給仕係、皿洗い、放送、新聞係、文房具店などと同じように掃除がアルバイトになっていました。もちろん先生が管理者で。
    >で、掃除で得たお金で同級生が学校の中でやっている文房具店でビックのペンなんかを買っていました。

    アメリカは、また違うのですね。たしか、アメリカだと家の手伝いも手伝いをすることによってお小遣い(賃金)をもらえるはずですね。

    ギブアンドテイクというのは、欧米的な価値観なのでしょうか。
  • id:anisalass
    日本と欧米の違い?

    「いただきます」って言ってますか?
    http://d.hatena.ne.jp/over40/20060124
    http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20060121ddm013100126000c.html

    ということとは、また少し違うような気がします。

    「いただきます」というのは、マナーの問題であり、ここに労働は存在しませんが、
    学校の掃除というのは、作業的には明らかに労働ですから。

    これはフェミニズムにおいて、専業主婦は搾取されているという問題と
    同じような『ブラック・ボックス』ではないかと思うのですが、どうでしょう。

    ■生命再生産理論の探求
    http://homepage1.nifty.com/office-ebara/kenkyu1.htm


    >本来「自分の事は自分で」というのは禅宗の教えです。これは中国から渡来した思想で日本人の性格に良く合う考え方です。しかし中国の大多数の考え方は韓国も含めて、これとほぼ正反対です。科挙の制度の悪影響とでも言いますか。儒教のせいなのか。簡単に言えば偉い人は自分の身の回りのことは使用人にさせるのが当たり前だとする考えです。偉い人は偉いのだから下々のものにああしろこうしろ言っていれば良いのだと。中国や韓国の生産性の低さは実は大元にこういった考え方があります。先生は勿論偉い人ですから、人を教え導くのが当たり前で・・などの変形した形が因習として定着したようですね。歴史的に代用教員とかデモシカとかもありましたが、それでも偉いわけです。教職員の内部だけでの常識ですね。内輪の和を第一に考えるのも実に日本的考え方です。

    >参考までに。
    >
    >小さい頃アメリカの学校に行っていました。
    >中学校では給仕係、皿洗い、放送、新聞係、文房具店などと同じように掃除がアルバイトになっていました。もちろん先生が管理者で。
    >で、掃除で得たお金で同級生が学校の中でやっている文房具店でビックのペンなんかを買っていました。


    >それと同じで(どこが同じやねんというツッコミもあるけど)、学ぶという行為もカタチから入っていいと思います。教室を掃除するという行為から入って、学校への敬意や先生への尊敬の念を形成する。そういうカタチから入って、学びの姿勢を自分の体に覚え込ませる。

    >学校教育の期間で「学びの姿勢」を会得できないと、その後の人生でもつらいことになると思います。たとえば料理人や大工になりたいとき、専門学校での勉強だけなら商業的やりとりだけでいいでしょうけども、いざ店や現場に入って、先輩や親方から学ぶとなると支障をきたすのではないでしょうか。


    もしかすると、これは日本的な問題で、
    日本だと将来支障をきたすが、欧米だと将来支障をきたさない問題であり、
    師弟関係というのは、東洋的な価値観であり、
    ギブアンドテイクは欧米的価値観だという価値観の違いだけなのでしょうか。


    ■欧米と日本の大学の違い
    http://www.ram-j.com/differences.htm
    ■国際理解教育
    http://www.asahi-net.or.jp/~ge9m-mtmt/Global3/index2.htm
  • id:over40
    Re:日本と欧米の違い?

    再びこんにちは。
    ぜんぜんずれまくってる話になります。すみません。

    >「いただきます」というのは、マナーの問題であり、ここに労働は存在しませんが、

    みなさんあれほどヒートしたのはマナーだけの問題としてとらえたのではないからじゃないでしょうか。

    「給食費を払っている側(客)と、給食をまかなう側(商人)」という金銭的対立項だけで学校における給食をとらえているような親がいる(らしい)。「寒々した世の中になったものよのう」というご隠居的感想をみなが持ったのではないでしょうか。

    >これはフェミニズムにおいて、専業主婦は搾取されているという問題と
    >同じような『ブラック・ボックス』ではないかと思うのですが、どうでしょう。

    こちらは方向的には逆の立場でしょうか。専業主婦の労働を金で換算するといくらというような話が時折あがります。タダ働きで専業主婦は搾取されている!というわけです。

    じゃあ、あなたの主婦仕事を金で払います。その代わり、仕事は仕事、顧客(夫)が満足するサービスをあなたは提供できるのですか。こんなまずい飯は10円でも高い!シャツがシワだらけだ!サッシの埃が残ってる!給料なんて払えん!クビだ。

    なんてことになったら、またまたご隠居が「なんと殺伐とした家庭じゃろうなあ」とつぶやくでしょう。

    つまり、なんですね。

    一見「労働」にみえるからといって、「労働と対価」と対立させてしてしまうと問題の立て方として基点が間違っていることになりかねないということではないでしょうか。

    私はそう考えました。

    あれこれ考えられる楽しい「質問」でした。ありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません