株式会社の起源はどこにあるのでしょうか?

誰が考えついた仕組みなのでしょうか?
歴史的な観点から説明されているページを見つけてください。
よろしくおねがいします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/01/26 13:07:50
  • 終了:--

回答(7件)

id:navy_fia No.1

navy_fia回答回数242ベストアンサー獲得回数112006/01/26 13:15:42

ポイント15pt

東インド会社ですね。

id:mhonjo

ご回答ありがとうございます。

起源のみならず、どのような意図のもと作られたのかがもっと知りたいです

2006/01/26 13:24:31
id:makoto_ttanaka No.2

makoto_ttanaka回答回数7ベストアンサー獲得回数02006/01/26 13:16:08

ポイント15pt

東インド会社が始まりだと思います。

id:kosuke2005 No.3

kosuke2005回答回数1351ベストアンサー獲得回数72006/01/26 13:17:15

ポイント14pt

株式会社の起源であるイギリスの東インド会社などについて書かれています。

id:mhonjo

いいですね。

2006/01/26 13:25:57
id:makoto_ttanaka No.4

makoto_ttanaka回答回数7ベストアンサー獲得回数02006/01/26 13:17:31

ポイント14pt

こんなのもありました。

id:mhonjo

すばらしい回答です。

2006/01/26 13:27:12
id:dev_zer0 No.5

dev_zer0回答回数332ベストアンサー獲得回数252006/01/26 15:02:19

ポイント14pt

> 株式会社の起源はどこにあるのでしょうか?

複数の商人や輸送を営む者が共同出資して契約を結ぶことによって組織される団体ならばシルクロードのキャラバンにまで遡れると思います。

また、ハンザ同盟などの商人の組合的団体や

中世のギルドなどは合名会社の先駆けと言っても良いかもしれません。

また、一航海毎に資金を出資して、その航海で得られた資金を分配する制度は以前からありました。

上記のアイデアが組み合わさり制度化されたモノが株式会社だと思われます。

> 誰が考えついた仕組みなのでしょうか?

交易のリスク分散の為に必然的に生まれた制度のようです。発明者は不明です。

昔の交易はハイリスク・ハイリターンでした。

上記のURLを引用すると

>  たとえばチョウジは380倍、コショウは30倍の値段で売れたとされる。

>  1492-1612年に、806隻がインドに向け出帆したが、285隻はアジア諸港問の貿易につき、

>  425隻がポルトガルに帰帆したとされているように、年平均7隻を送り出したにすぎず、

>  その喪失も12%と大きかった。

と、個人で行うにはリスクが大きすぎます。

id:mhonjo

2番目の答え、かなり好きです。

人間の知恵を使っているところがいいです。

当時の状況とそれをどのように解釈して会社という仕組みを生み出したのかということの説明になっていますね。ありがとうございました。

2006/01/26 15:23:55
id:muramatsu1988 No.6

muramatsu1988回答回数112ベストアンサー獲得回数02006/01/26 15:37:56

ポイント14pt

http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse020.html

�T�R�В��ƊC����

日本の株式会社

亀山社中は、力と金を持つ長州や薩摩藩に資金を出させて商売をする、いわゆる日本の株式会社の始まり。亀山社中設立の狙いは、日本各地の実力者に通じ、商売に必要な産物仕入れルートや資金ルートを確保するためでもあった。

id:mhonjo

いいですね、ありがとうございます

2006/01/26 23:29:41
id:ujinkojimo No.7

ujinkojimo回答回数60ベストアンサー獲得回数02006/01/27 03:50:23

ポイント14pt

http://www.tohmatsu.com/tbrand/school/school01_02.shtml

T-School歴史篇 会計監査今昔物語 第2回 コラム トーマツグループ

『1航海で完結していた利益計算が、ある運営母体による複数の航海の間で行われるようにな』り、『投資家は航海にではなく会社に対して投資を行い、会社はある期間を区切ってその利益を分配するようになったのです。』

http://www2.plala.or.jp/dogcat/kabusikikaishanotannjyou.htm

第3章  株式会社の誕生と簿記の進化

id:mhonjo

二つとも理想的なページです

ありがとうございます。

2006/01/28 09:48:47

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません