新会社法において、発行可能株式数が定款の絶対的記載事項になっていない(27条1項)にもかかわらず、37条1項で成立までに定めを設けなければならないという構成にしているのはなぜでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/01/29 14:11:25
  • 終了:--

回答(1件)

id:aska186 No.1

aska186回答回数158ベストアンサー獲得回数02006/01/29 14:22:39

ポイント40pt

http://www.b-support.net/setsuritsu/kabushikinagare.htm

会社設立サポート帳:株式会社設立の流れ

絶対的記載事項であるとすれば、公証人による定款の認証を受けることになります(払込は認証の後)。設立までに定めればよいとすれば、認証後の事情の変化に応じて、発行可能株式数の予定を変更することが容易になるでしょう。

ジュリスト1295号に書いてありました↓

id:draftand

なるほど。大変勉強になりました。どうもありがとうございます。

2006/01/29 14:24:14

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません