証券取引の決済制度についての質問です。

清算機関について説明した下記ページ
http://www.tse.or.jp/cash/clearing/index.html
の一部に、
● 債務引受け
  有価証券の売買が成立すると、売方には証券の引渡債務と代金の受領債権が、買方には代金の支払債務と証券の受領債権が発生します。清算機関は、売方・買方の双方から、相手方との間に発生した債務を引き受けるとともに、それに対応する債権を取得することにより、売方と買方との間に入って売買成立により発生した債権・債務の当事者となります。

清算機関が債務引受けを行うことにより、決済の相手方が原始取引相手方から清算機関に置き換わるため、各清算参加者は取引相手方の信用リスクを意識せずに取引を行うことが可能となります。

また、決済の相手方が清算機関に一元化されることにより、清算参加者における決済事務の効率化が図られます。

と、ありますが、ここでいう売方、買方というのは、証券会社のことでしょうか。それとも顧客のことでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/01/31 08:39:05
  • 終了:--

回答(3件)

id:newmemo No.1

newmemo回答回数1458ベストアンサー獲得回数2612006/01/31 11:22:19

ポイント40pt

http://www.jscc.co.jp/japanese/seisan/shousai_03.html

株式会社日本証券クリアリング機構

精算参加者には資格要件があります。

> 当社の清算資格要件

当社の清算資格の取得・維持基準の主たるものは、以下のとおりです。

(1)証券会社、登録金融機関又は証券金融会社であること。

(2)財務状況について一定の基準を満たすこと(表1・2を参照)。

(3)清算参加者として適切な経営体制及び業務執行体制を有していること。


顧客は証券会社などに売買を委託するわけで、質問文における「売方、買方」は証券会社を指しています。


> また、それぞれの清算資格には、自社清算資格と他社清算資格の2区分があります。自社清算資格は、自らが市場において行った売買(顧客からの委託分を含む。)のみの清算を行える資格であり、他社清算資格は、自らが市場において行った売買(顧客からの委託分を含む。)のほかに、他の者が市場において行った売買の清算を行える資格をいいます。

> 取引参加者のうち、清算機関の清算資格を有しない者を非清算参加者といいます。一方、非清算参加者は、清算参加者を通じて取引所取引に係る決済を行います。

取引参加者は、証券会社及び外国証券会社などを指しています。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 th-top 7 5 0 2006-02-01 19:10:48
2 hiroyuki21 37 28 2 2006-02-02 22:27:53

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません