デリバティブ取引である「資金関連スワップ」と「通貨スワップ」の違いについて、以下のいずれかのポイントを含んで解説しているページを教えてください。若しくは、わかり易く説明してください。

・取引目的の違い
・契約形態の違い
・会計方法の違い
宜しくお願い致します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/05 01:53:16
  • 終了:--

回答(3件)

id:juvenedved No.1

juvenedved回答回数453ベストアンサー獲得回数142006/02/05 02:24:22

ポイント40pt

http://www.wai2-kansai.com/money/20041126.html

�킢�킢�֐��t�@�b�V�����E�R�X��

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2759/black.html

�꡼�����ޥ����ɶ�ͻ������

http://money.dreamplan.info/investment/swap.html

スワップ金利、スワップ取引で儲ける

一番最初が噛み砕いて分かりやすいと思います。

2番目は、文字だらけで疲れると思いますが詳しく記載されています。

id:cururi

回答ありがとうございます。

残念ながら求めているものではありません。

「資金関連スワップ」に関する記述がどこにもありませんでしたので。

2006/02/05 02:34:07
id:tyousann No.2

tyousann回答回数1982ベストアンサー獲得回数542006/02/05 05:11:56

ポイント40pt

資金関連スワップ

通貨スワップ

id:cururi

回答ありがとうございます。

「銀行経理の実務」は分厚くてなかなか買おうという気になれなかったですが、やっぱり専門書が必要みたいですね。

銀行の国際部門や経理部門での職務経験がある方ならご存知でしょうか。もう少しあけておきますので宜しければ教えて下さい。

2006/02/05 22:19:44
id:ymasuda No.3

ymasuda回答回数12ベストアンサー獲得回数02006/02/05 23:11:41

ポイント100pt

リンクは適当です。10年以上前に資金関連スワップを導入したときのことなので、記憶も定かではありませんが。


通貨スワップの例

1.A銀行はB銀行に1百万米ドル払い、B銀行はA銀行に119百万円払う。

2.期限までA銀行はB銀行に円金利を払い、B銀行はA銀行にドル金利を払う。

3.期限にA銀行はB銀行に119百万円払い、B銀行はA銀行に1百万円払う。

それぞれの支払いが現在価値ベースで等価になるように条件は設定されます。

余剰通貨を用いて不足通貨を長期間にわたって(数年)調達する際などに使います。

1と3は元本交換とみなされ、双方とも金利処理されます。


資金関連スワップ

為替スワップで例えば1年の為替スワップを行い、スポットが1ドル119円、1年後が114円とします。直先差の5円は金利として処理します(このあたりはちょっとあいまいですので参考書を読んでみてください。かなり複雑な経理処理が発生します)。そのため、通常為替売買損益として経理されるところを金利にするため、通常の為替スワップと区別する必要があるのです。

基本的に金繰りに使いますので、長くても3ヶ月くらいではないでしょうか。特に、邦銀の場合は、円資金を使ってドルを調達する場合は資金関連スワップを使います。


当時は担当として、資金関連スワップの経理処理を整理したのですが、1取引でA4に3~4枚くらい出てきて、いろんな人に間違いを指摘された苦い記憶があります。

id:cururi

回答ありがとう御座います。

特に資金関連スワップはWEB情報が少ないので参考になりました。直先差金を金利として処理するんですか。確かに経理処理は難解そうなので本を読んでみます。

契約形態についてはどうでしょうか。通貨スワップは1対1で「いまから通貨スワップやりましょうよ」という契約をする。資金関連は1対Nで、あくまで取引は個々の為替や資金取引であって、銀行内部でこの為替を組み合わせて資金関連スワップとするため、「いまから資金関連スワップやりましょう」といった外部向けの契約はない。と理解しているのですが、どうでしょうか。

再回答でも構いませんので宜しくお願いします。

2006/02/07 08:58:20
  • id:ymasuda
    資金関連スワップ

    外部とは関係ありません。あくまでの金融機関内での経理処理の問題です。約定時点で区分経理する必要があります。
    取引の仕組み・経緯などの理由から、為替売買益ではなく、金利収支として経理したいというニーズがある場合に適用するというようなルールが必要になると思います。同じ取引でこれは金利処理・これは為替処理などと使い分けるためには、合理的に説明できないと監査などで指摘されると思います。
    これで回答になっていますでしょうか。。
  • id:cururi
    Re:資金関連スワップ

    コメントありがとうございます。
    そうですよね。外部から見れば個々の資金取引+為替なんですよね。
    色々本を読んで理解が深まりました。
    最終的に知りたかったのは「資金関連スワップの決算関連数値を、日銀への外為報告書にどう計上するか」だったんですが、さすがに込み入りすぎてWEBでは難しいと判断しました。
  • id:ymasuda
    Re(2):資金関連スワップ

    >最終的に知りたかったのは「資金関連スワップの決算関連数値を、日銀への外為報告書にどう計上するか」だったんですが、さすがに込み入りすぎてWEBでは難しいと判断しました。
    ある程度研究された段階で、報告書提出先に確認されたほうがいいと思います。このあたりは、財務省調査課がいろいろと決めていたという記憶もあります。(当時は大蔵省でしたが)
    個人的な印象では、対外的な契約は為替取引なので、直・先それぞれ計上すると思います。勘定処理と報告書対象処理が一致しないので(勘定処理上利息処理した金額も外為取引として報告する)注意が必要か名と思います。
  • id:cururi
    Re(3):資金関連スワップ

    日銀ではなくて財務省が決めてるんですか。そういえば提出先は日銀ですが、最終的には財務大臣の所轄と書いてありました(日銀HP)。
    資金関連スワップは利息処理した部分については見越繰延処理、直物部分については引直、全部ひっくるめて派生商品資産・負債を計上するみたいです。頭がこんがらがってきました。
    しかも当局報告だと、「居住者取引」「非居住者取引」に区分計上しなければならず、資金関連スワップの場合は取引先が複数の可能性があるので、どう判断すべきか。
    ymasudaさんの仰る通りまずは自分で整理しないといけないですね。しかしなかなか財務省には問い合わせづらい。。
    半分愚痴になってしまいました。すみません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません