著作権侵害に関する現状について質問。

個人のニュースサイトが数多くありますが、引用、要約も著作権侵害であると明記されています。
http://www.pressnet.or.jp/info/kenk19971100.htm

にもかかわらず、取締りがされたということはほとんど耳にしません。(Google Newsのような大々的なものは別として)現実的に個人サイトや小規模な企業のサイト(非商用)で業界ニュースを一部転載して、違反に対する罰則を科せられることはあるのでしょうか?
「あるだろう」という推測ではなく、事例や現状を教えてください。

直接の注意や警告、勧告といったものなしにいきなり逮捕はありえるのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/05 13:40:55
  • 終了:--

回答(4件)

id:tyousann No.1

tyousann回答回数1982ベストアンサー獲得回数542006/02/05 14:06:10

ポイント20pt

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20050624/106126/?ST=ob...

個人に広がる著作権侵害,ACCSが2004年度の活動報告 - 産業動向オブザーバ - Tech-On!

個人でもソフトの販売等を行えば逮捕されます。

あとは見せしめ的な要素が強いでしょう。

個人でも社会的に影響の大きなサイトは起訴されております。

目立てば誰かが訴えて閉鎖になるか、事件にもなるでしょう。

警察のパワーの問題もありますので、すべてが取り締まれるわけではもちろんありません。

ただし、著作件については刑事事件だけでなく民事でも訴えられる恐れがあります。

作者が個人サイトでも訴えれば損害賠償請求されます。

http://dqmic.hp.infoseek.co.jp/index.html

ドラクエモンスター画像集は閉鎖しました

http://www2.accsjp.or.jp/faq/character.html

ACCS/著作権についての質問

id:iiiiiiiii

私の認識が甘いのかもしれませんが、一般的に「画像」「映像」「音楽」などの芸術性があるものなどは著作権違反であるというのは感じます。

でも、情報元を明らかにしたニュースの一部転載などはちょっと意味が違うような気がするんですよね。

ルール的には同じものなんでしょうかね。

2006/02/05 17:06:26
id:TomCat No.2

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/02/05 14:37:21

ポイント20pt

http://himagine9.cocolog-nifty.com/watchdogs/2005/10/post_bc93.h...

エンドユーザーの見た著作権: ヨミウリオンライン見出し訴訟、判決確定だそうで

ご質問の新聞協会の一文は、ごく当たり前の著作権法上の注意事項を

噛み砕いて説明しているだけで、なんら驚くにはあたりません。


基本的に著作権法という法律は「文化の発展に寄与すること」を目的としていますから、

公開された著作物は国民共有の知的資産として活用されることが前提です。

そこで著作権法では、一定の条件のもとに著作権者の権利の一部を制限して、

その二次的な利用を認めます。

「引用」もそのひとつです。


しかし、それを拡大解釈して無軌道にやってもらっては困るよと。

文化発展のために一部の権利が制限されることがあるとはいえ、

それは著作者人格権にまでは及ばないのだから、

守るべき権利は守らせてもらいますよと。

そういう姿勢の表明であると受け止めればよい文書です。


基本的に、引用にあたっては、著作権法に定められた

一定の要件を満たす必要があります。

これをクリアするためには、おおむね、


・引用の目的が、報道、批評、研究その他、正当なものであること。


・引用の範囲はその目的から見て必然性のある範囲に限られること。

 原典著作物を参照しなくても済んでしまうような丸写しは、

 引用ではなく複製とみなされる可能性が高くなります。


・引用元は、公開された著作物であること。


・質的にも量的にも、引用部分は「従」の位置づけであること。


・引用であることが明らかに分かる方法で、本文と区別できるようになっていること。


・出典や原著作者名などが明示されていること。


といった配慮を正確に実施する必要がありますから、

ただカギ括弧でくくれば引用になる、

などという安易な考え方は通用しませんよと。

新聞協会の文書は、そういうことを説明しているわけです。


そのようなわけですから、きちんと法的な要件を満たした引用であれば、

これは自由にやっても構わない。

そういうことも、あの文書は同時に示しているわけです。

そう読み取って差し支えのない内容です。


逮捕については、著作権法違反というものは民事と刑事両方によって争われるものですから、

告訴を行う場合には、民事で裁判が維持できる体裁を整えてからでないと、

実質的に効果を発揮しないという事情があります。


したがって、一般的には、事前に注意や警告を行い、

それに従わなければ告訴、といった段取りを取ることになるでしょう。


「ヨミウリオンライン見出し訴訟」においても、

基本的に読売側が一部勝訴したとはいえ、

実質的には読売の主張の多くが退けられて結審しています。

ここに、実際に裁判を起こす難しさというものが見て取れます。


したがって、裁判に持ち込めば新聞社側の主張がどこまで認められるか分からない。

それなら裁判によらず警告を発してそれに従わせるのが得だ、

という考え方が主流になるのは想像に難くないわけです。


刑事の著作権法違反は親告罪ですから、

著作権者からの告訴がなければ逮捕は有り得ません。

http://linetopics.d-a.co.jp/linetopics/main/kenkai2.htm

1行ニュースリンク配信 - LINE TOPICS

id:iiiiiiiii

確か読売の件は、有料で配信していたとかだったと思います。

ニュース配信も、著作権元の利益に悪い影響を与えるような行為はもちろん罰せられるであろうと言う気もします。新聞を取らなくても、あっちのサイトで十分だから、新聞を取らないというように取れてしまうものは確かに敵対されるのもわかるのです。でも既にそのサイトで公開している情報を「ここにこんなことがありますよ。その一部です」って転載するのはその記事の紹介であって、サイトへの誘導をして利益にはなっても、不利益にはなっていないのでは?と思うのです。全文掲載は確かにNGだと思いますが。

新聞社としても、不利益になりそうでなければ無理にやめさせることもないのかなとも思っています。ただルールとして明記する必要がある以上、書かなければならないからかな。

2006/02/05 17:13:36
id:s_h_o_h_e_i_5 No.3

s_h_o_h_e_i_5回答回数2ベストアンサー獲得回数02006/02/05 18:36:15

ポイント20pt

引用は、非常に難しい問題です。

報道などの場合は”一部”引用ができるとなっています。


まだ、BETA版ではありますがAFP BB Newsというのがあり無料でニュース記事を引用できるブログを提供しているところもあります。


これ以外のブログサービスで、報道目的でニュース記事を個人ブログに引用し刑事訴訟を起こされた件は、自分が知っている限りはありません。

現状は、ブログでのニュース記事引用はあります。実際、自分もしています。

しかし、引用について記事元から何を言われるか分からないのも現状です。

だから、AFP BB Newsなどのサービスを利用してみるのもいいかもしれません。

http://www.afpbb.com/

AFP BB News - BETA -

id:iiiiiiiii

AFP BB Newsは登録はしているのですが、

Yahooのニュースでの告知後すぐだったからなのか、重くてエラーが頻発していたので、敬遠していました。でもここくらいですよね。

ありがとうございました。

2006/02/05 21:55:52
id:jarijari No.4

jarijari回答回数91ベストアンサー獲得回数32006/02/05 19:29:13

ポイント20pt

引用自体がダメ、という事はないはずですよ。大学の論文などでの引用には細かいルールがあるので、その扱い方の本は何冊か見ましたけど、もし引用がだめだとしたら、世界中で膨大な数の著作権侵害な論文が出されていたり、大学で堂々と著作権違反のやり方を教えている事になってしまいます。


リンク先でも引用、要約も著作権侵害、とは書いていないように私には見えました。どちらかと言うと、著作権者の利益を侵害するような引用はできない、みたいな感じだと思います。ここの文章は、被害者としての立場から書かれた、言っちゃ悪いですけど、ちょっとヒステリックに書かれた文章な気がします。

客観的にに見れば、普通に:

部分引用はできるよ、でもこちらの利益を損なうやり方はしないでね

くらいな感じじゃないですか?


結局、人が努力をして作り上げた創造物=著作物、の権利を侵害しない為の法律が著作権法なので、それにかからない事さえ気をつけていれば一般のBloggerなんかには問題は無いんじゃないでしょうか。


ネットで時おり見かける個人の著作権侵害問題では、たいてい企業からメールで是正依頼みたいなのが来て、個人管理人が謝罪文と共にページを訂正する、で済んでいる気がします。

id:iiiiiiiii

ありがとうございます。

そうですよね。相手の利益を損なうのは確かにまずいと思いますが、そうでもなければ、黙認されているのかなと思っています。

やり方は正しくないと思いますが、「注意されるまでは引用しよう」と思っています。

2006/02/05 21:58:19

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません