日米関係の現状とこれからどうあるべきか安全保障の面から考える上であなたの意見をお聞かせください。自衛隊と米軍の関係のあり方などなど、よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/08 20:51:21
  • 終了:--

回答(9件)

id:amifumi No.1

amifumi回答回数323ベストアンサー獲得回数12006/02/08 20:59:30

ポイント5pt

http://plaza.rakuten.co.jp/aki0624naka/

Peu par peu,lent. - 楽天ブログ(Blog)

対中国対策を一番に考えて連携を密にしなければならないと思いますが、できればあまりアメリカに入ってこられたくはないし、基地問題も片付けないといけないと思います。そうはいっても自衛隊も国防のためにあるので米軍とともに中国が何かしたときのシナリオを完璧にしておくべきだと思います。

id:dssg

日本国内における米軍の介入を減らしつつも日米関係を維持するということでしょうか?

2006/02/08 21:40:01
id:fuk00346jp No.2

潮澤 昴回答回数1140ベストアンサー獲得回数542006/02/08 21:11:06

ポイント25pt

日米関係の現状

アメリカの言いなり、牛肉問題は見せかけ


何故仮想敵国が共産圏だったのに原発が日本海側で米軍基地が太平洋側+沖縄(南側)?

おまけで日本の復興は朝鮮戦争特需のおかげ


安全保障なんて上っ面だけ、戦争の補給基地にされてるのが実情っしょ。


大量破壊兵器がどうのこうのと安保理決議無視ってイラクに侵攻した米英軍

何故イラン、パキスタン、インド、北朝鮮を落とさない?


国連費滞納国のアメリカへの燃料補給艦をわざわざインド洋沿岸まで差し向ける日本


はっきり日米同盟切ったら良いんじゃない?

id:dssg

私も日米同盟はいらないとは思いますが、自衛隊の現状(ex.軍隊としては行動に規制が多い)を考慮すると、アメリカに頼る以外の道を模索できるのかどうか難しく思います。

2006/02/08 21:42:59
id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/02/08 21:38:28

ポイント50pt

http://www.rimpeace.or.jp/jrp/riku/zama/1corps1.html

�����R�c�ƈ��ۏ����ɓ�����

私は軍事面の「日米同盟」は、

日本の安全を危うくするものと考えます。


世界一好戦的な国家。

常にどこかと交戦状態にある国家と

軍事同盟を締結し続けることは、

早晩そこに巻き込まれざるを得なくなる、

ということを意味します。


米軍は世界に冠たる軍事力を誇りますが、

その戦力の中心は海軍と空軍であり、

陸戦力だけに限定すると、かなり脆弱です。

これは先のハリケーン被害の救援の遅れを見ても分かります。


ベトナム戦争で大量の陸軍兵士を死なせてしまった米軍は、

国内の批判もあって、白兵戦の犠牲者が出やすい陸軍を

増強することが出来なくなっているんですね。


現在その多くを「州兵」によってまかなっていますが、

その州兵すら数が足りず、先のハリケーン被害では、

自国を守ることさえままならない実情を

露呈してしまったわけです。


そこで米軍は、少なくとも極東戦略においては、

その足りない陸戦力を、日本の陸上自衛隊に補わせようとしています。

これが今日の「米軍再編」の大きな目的の一つなんですよね。


米国内に置かれている米陸軍第一軍団司令部を

日本のキャンプ座間に持ってこようとする目的は、

陸上自衛隊を米陸軍第一軍団に組み入れる戦略に他なりません。


日本は今、その下準備に躍起です。

相次ぐ「有事法制」を成立させて

いつ戦争に巻き込まれてもいい準備を整えつつ、

「小さな政府」と「増税」の二本立てで「戦費」の調達。


そして最終的には憲法を変えて、再び交戦権を確保し、

米国の行う戦争に参戦できる体制を目指しています。


軍事的な「安全保障」とは、戦争から遠ざかるための施策のことです。

戦争に近付いていく施策を安全保障とは呼びません。


したがって、今後の日本の安全保障を考えるならば、

軍事的な「日米同盟」は解消し、国連中心の国際協調路線の中で

非同盟中立・専守防衛を堅持することが大切かと思います。


そして「遠くの口うるさい親戚」である米国よりも

安全の利益を共有する「近くの他人」である中・韓ほかアジア各国との

エネルギー、食料などの非軍事安全保障を重視しつつ、

現憲法の目指すところである「世界平和への貢献で名誉ある地位を得る」

ことを目指していくべきでしょう。


以上のようなことから私は、米国との軍事同盟関係の温存が、

今後の日本の安全を最も脅かす「病根」になると考えます。

id:dssg

確かに。最近自衛隊と米軍合同訓練が増加しているのにはこういう背景があったのですね。

2006/02/08 21:53:56
id:coool51 No.4

coool51回答回数776ベストアンサー獲得回数262006/02/08 22:02:15

ポイント30pt

http://nikkeibp.jp/sj2005/column/p/11/index.html

$BF|K\$HBfOQ!JBh(B11$B2s!K(B[$BF|2<8x?M;a(B]/SAFETY JAPAN [$B%3%i%`(B]/$BF|7P(BBP$B<R(B</p>

とても残念ですが、ここのところ、アメリカは日本の良き友人というよりは、傍若無人なネゴシエーターである側面ばかりが目立つように感じます。そのアメリカに対して、無条件に主導権を白紙委任してきたかのような小泉劇場のツケが、近い将来どのような形で現れるのかを想像すると、絶望的な嘔吐を覚えます。


ふと回りを見渡せば、この国はかなりしたたかな相手ばかりに取り囲まれて、戦後60年というより、開戦X年前のような悪寒すらします。しかし同時に、この島国にはアメリカ抜きでの平和も幻想に過ぎず、非現実的だと感じます。結局、あの国とは今後も何らかの形で深くコミットしていかなくてはならないでしょう。


ただ、何だかチンケなカツアゲの手先のような、「ポチ」「パシリ」で何も言えないことが最初から織り込み済みの相手に都合良く使われるのが、健全な友好関係だとはとても思えません。自国の大切なモノを守るための防衛力を、事実上他国の軍事力だけに頼るのは非常に危険に感じます。


防衛力については、先人が血で守り抜いてきたものと、現代の世界情勢に即した対応の両方とを深く議論する必要があると思っています。個人的には、軍事力は今程度のバランスのまま(減ってもらいたいのはもちろんですが、日本流なグレーなままが得意?)、他の方法で防衛力をつけてもらいたいですね。この国の指導者たちには、資金を拠出するなら意見も明確に表明し、同時に裏でもクレバーに動いて、国際的な影響力を確保できる外交をして欲しいと切に願います(が、これこそまた幻想のような...)。


そんな中、日下公人氏の意見には、非常に注目しています。

id:dssg

米軍との合同訓練でノウハウを身に付け、国産の武器弾薬を今まで以上に開発・製造すれば国防力がつくのではないでしょうか。アメリカは日本をしゃぶりつくしているのだから日本がアメリカを利用してもいいと思います。そのためにも自衛隊は正式な軍隊でなければならないと考えます。

2006/02/08 22:14:10
id:sami624 No.5

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/02/08 23:42:15

ポイント20pt

①基本的に日本人は平和ボケをしているので、米軍の待機がないと万が一の場合は、即刻侵略となるでしょう。

②一方で憲法第9条により、国際紛争解決の手段としての武力行使が、違憲行為となっているため米軍による平和維持は現状やむをえない。

③自衛隊と米軍の関係を考える上で必要なのは、昨今のテロ多発状況で、憲法第9条のあり方を同時に考えないと、解決策は見えないでしょう。

④無差別に大量殺害を行うテロ行為等に対抗するには、武力行使のあり方を明確にすること、即ち自衛隊を軍隊として承認する改憲を考えるのか、米軍の配置だけで対応するのか。

id:dssg

ありがとうございます。

2006/02/09 20:22:54
id:amifumi No.6

amifumi回答回数323ベストアンサー獲得回数12006/02/09 00:16:41

ポイント10pt

私もアメリカは友人にはなり得ないと考えてはいますが、この時代はせんそうにおいては核が一番のキーになると思います。

中国が自国の資源が尽きたときどうなるかは予測がつきません、もしかすると周辺の資源国へ狂ったように侵略をするかもしれません。核という脅威を見せ付けながら。

アメリカはその点は大丈夫だと思います。イラクに勝ち資源の面では。

現在、軍隊は平和のために存在します。でも、本当の平和とはどういうことなんだろうとかなり悩んでしまいます。武力は持たないほうがよいそれは決まっているけども、どちらかが力を持ったとき、その平和は簡単に崩れ去ると思います。今は強い国が同等若しくはつりあうぐらいの武力を持って互いに制止しあってますが、それでもイラクや北朝鮮のような国は出てきます。完璧な平和を求めるならばアメリカがすべての力をもって他の武力を持とうとする国、個人をすべて排除すればいいのです。しかし、それが本当の平和なのかなと考えてしまいます。日本は最低限の力をもって専守を貫かねばならないと思っています。

id:sdkfz No.7

すだこふつ回答回数992ベストアンサー獲得回数482006/02/09 20:42:12

ポイント15pt

確かにアメリカと手を切り世界の出来事に背を向けハリネズミのように武装して引きこもっていれば、日本が戦争に巻き込まれることはないかもしれません。

しかし、それで現在の繁栄が維持できるでしょうか。

日本は他国と交易しなければ生きてはいけない国です。そして、その交易路たる海はアメリカの支配下にあります。

今現在または近い将来、アメリカの海洋覇権を覆すことの出来る国はあらわれないでしょう。そして日本もまたアメリカに代わり海洋覇権を打ち立てるだけの力はありません。

アメリカと手を組み、その海洋覇権を利用しなければ日本の繁栄は維持できないんです。


国家間の関係が平等でないのはあたりまえことなんです。日本がアメリカと手を切れない以上、日本がアメリカにとって都合のいい国で無ければいけないのもあたりまえのことなんです。

しかし、アメリカの言うことを無条件に聞き入れなければならないほど日本の立場は弱くはありません。


dssgさんはアメリカは日本をしゃぶりつくしていると感じられているようですが、果たしてその感想は正しいのでしょうか。

アメリカがしゃぶりつくしている国といえば中南米にいくらでも見ることができます。

それらの国にくらべれば日本がアメリカに大事にされているのは良くわかるでしょう。

また、アメリカが提供する自由主義社会から得られる恩恵への対価と考えれば、日本が払った負担などは破格に安いものだったとも言えます。


無論、アメリカが日本に気を使うのは日本がアメリカにとって有益な国だからです。

冷戦期には極東の軍事拠点として、今現在は軍事拠点の他に経済力と軍事力などがアメリカにとって大変有益で、それ故に手心を加えられています。


日ごろ無理難題を吹っかけられているので信じがたいかもしれませんが、アメリカは日本に手心を加えているのは事実です。

もしアメリカが戦後手心を加えなければ、日本は復興することもなく最貧国としてのた打ち回っているでしょう。

もし今日米同盟を解消しアメリカにとってただの商売敵になるのなら、あの国は容赦はしません全力をもって日本を国際社会から排除し孤立させるでしょう。


日本がこの繁栄を維持していきたいのなら、海洋覇権国家との同盟は避けられません。

同盟を有効に維持していくためには、覇権国家に捨てるに惜しいと思わせるほど有益な存在であり続ける必要があります。

有益だと証明するためには覇権国家のだす無理難題を、基地の提供や自衛隊の海外派遣、集団的自衛権などを受け入れる必要があるのです。

ご不満はあるとは思いますが、日本が海洋貿易国家であり、覇権国家になれない以上、この道は避けては通れません。

id:Cocoa No.8

Cocoa回答回数95ベストアンサー獲得回数22006/02/10 07:18:16

ポイント15pt

アメリカはきっと、日本から得られるアメリカの権益しか守ってくれないでしょう。アメリカの軍隊に期待しても、きっと日本人は守られません。


だからといって、日本が軍隊を作っても、その軍隊も国家の権益しか守っていかないでしょう。やっぱり国民は守られません。


いいえ、守れないんです。世界のどんな軍隊でも、国の権益は守れても、国民の命を守ることなんて無理なんです。戦争になったら、必ず多くの庶民が殺されます。


敵に殺されます。飢餓に殺されます。疫病の蔓延に殺されます。そして戦闘に巻き込まれて自分の国の軍隊にまで殺されます。世界中どこの国でも、戦争になったら必ずそうなんです。


大切なことは、戦争を起こさないことです。その主役は外交です。外交だけが戦争を未然に防ぐ力を持っています。


ですから、日本の安全保障の全ては、日本政府の外交能力にかかっています。外交は独立国の主権によって行うものですから、どこの国との同盟も要りません。同盟はかえって国の主権を損ないます。そして他国の都合による戦争に巻き込まれる危険を呼んでしまいます。


平和を維持するために、外国との同盟は必要ありません。自分の国の軍隊も他国の軍隊も要りません。もしそれが必要だとするならば、それは政府の外交能力が無いということですから、軍隊を作ったり他国の軍隊に期待する前に、しっかりした外交のできる政府を作って、その能力に期待することの方が先です。


それから…。女性は戦争の主役にはなり得ません。女性の力だけで戦争に勝てるなら、女も軍隊を持ち交戦権を持つ国を望むでしょう。


女性だけの軍隊で国が守れるとは思えません。でも、女性だけの政府でも、外交努力でなら国は守れます。軍隊の力で攻撃されたら応戦するという国防と、戦争を起こさないことを第一にする政府の平和外交とでは、どちらが国民の犠牲を防げるでしょうか。万一戦争が起こってしまったとしても、どちらが素早く停戦を実現できるでしょうか。応戦に応戦を重ねて泥沼に入り込む軍事なんかに、国を守れる力はないと思います。

id:worldlier No.9

worldlier回答回数13ベストアンサー獲得回数02006/02/11 19:29:12

ポイント15pt

日本はアメリカへ支援金のみを支払えばいいと思います。

それはもちろんアメリカから少し非難されるかもしれませんが、日本はもう「戦争を起こさない」国なので

イラク戦争などを起こしているアメリカに自衛隊を送るというのは、戦争に参加しているともいえるのではないでしょうか?


それ以前に日米関係で武器を持ってくるのはタブーだと思います。

id:dssg

武器を持ってくるという表現がよくわかりません。

2006/02/13 19:43:48
  • id:fuk00346jp
    米軍

    日本を守る気などさらさら無いと思いますよ?

    ・ミサイル迎撃は追尾迎撃が誘導しやすい為”太平洋側に配置”つまり日本海側の事等考えてもいないでしょう。(正面迎撃でしかも海上で落とすとなると日本海側に重点的に迎撃システムを配置するはずです。)
    ↑日本上空をフライパスさせ太平洋上で追撃

    ・日本の防空は穴だらけです。テポドンでしたっけ?が飛び越えましたしねぇ。
    米軍が真っ先に発見たけど無視したそうで。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません