いにしえの兵法書を現代の問題に活用した例を教えてほしいです。

”何か問題が生じた時,ある兵法書を用いて行動したため,問題を解決できた”
というストーリーが希望です。ビジネスの問題だけでなく,どんな些細な問題でも兵法書を用いているならOKですが,必ず「用いた兵法書の名前」と「教えの言葉」を明記しているものをお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/09 10:50:20
  • 終了:--

回答(1件)

id:goldwell No.1

goldwell回答回数502ベストアンサー獲得回数612006/02/09 12:48:48

ポイント40pt

http://www.nantaku.co.jp/sonshi/cd/

���j�Ɋw�Ԋy�K�\�t�g�u�Ȃ��ق�!! ���q�̕��@�v�@�`���q�̎��H���y�����킩���I

書籍の宣伝からの引用ですが

「2002年サッカーW杯の優勝監督となったブラジルチームのルイス・フェリペ・スコラリ氏は 「孫子の兵法」を練習・試合に取り入れました。

 彼は孫子の教えに従って強力なリーダーシップを発揮し、「個人技のチーム」から「組織力・団結力の中で個性を生かすチーム」へと脱皮させています。」


具体的にどのへんを参考にしたかは載っていませんが、「リーダーのあるべき姿」や「敵を知り己を知る」(それまで敵国の研究に不熱心だった)というあたりを目指したのかと思います。

http://sonshi.jp/sub5.html

孫子に学ぶ脳力開発と情勢判断の方法

「孫子を学び活かした人々」の中に欧米人の項があり、

「アメリカはベトナム戦争で目的を達成できなかった原因は、北ベトナム軍ではなく北ベトナム軍を繰っていた「孫子兵法」にあると大反省を し(中略)イラク戦争の当初、米英軍が行った大規模空爆の戦略「衝撃と恐怖」作戦は、孫子の兵法を参考にアメリカの軍事学者、ハーラン・ウルマン博士が現代版に仕立て直したものと言われている。」

孫子の曰う「戦わずして人の兵を屈する」を参考とし、ベトナム戦争のような泥沼状態にならないようにイラク軍の戦意喪失を狙ったとのことなのでしょうが、真の意味での「戦わずして勝つ」とはちょっと違ってますし、問題解決の効果の程は半々といったところでしょうか。

id:Kassan

どうもありがとうございます。

2006/02/11 21:52:45

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません