米国での証券取引法成立の背景をまとめた資料を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/14 23:23:06
  • 終了:--

回答(1件)

id:lexlata No.1

lexlata回答回数15ベストアンサー獲得回数02006/02/15 02:26:55

ポイント40pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0521521130/

Amazon.co.jp: Anglo-American Securities Regulation: Cultural and Political Roots, 1690-1860: 洋書: Stuart Alan Banner

「成立」ということで、どのあたりまで突っ込んだ話を望んでらっしゃるのか良く分りませんが、起源まで遡るなら、Stuart Banner, Anglo-American Securities Regulation: Cultural and Political Roots, 1690–1860 (Cambridge University Press, 1998)という本が出ています。

http://www.wdfi.org/fi/securities/regexemp/history.htm


もう少し簡単な話であれば、このページは現在の証券取引法制に至るまでの背景を割と簡潔にまとめています。(が、サーバーが落ちているようなので、キャッシュでご覧ください)

http://www.pathtoinvesting.org/categories/howmarketswork/regagen...

Path to Investing — Market Regulation: History of Securities Law — From Blue Skies to Sarbanes-Oxley

もっと簡単な話なら、現在に至るまでのランドマーク的な出来事とそれをきっかけとしてどういった法整備が行われて行ったかを簡単に紹介しているこちらが良さそうです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0735537356/

Amazon.co.jp: Securities Regulation: 洋書: Louis Loss,Joel Seligman

教科書的な説明であれば、Lossのテキストのはじめに証券取引法の歴史に関する章があります。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4785704950/

Amazon.co.jp: 現代米国証券取引法: 本: ルイ ロス,日本証券経済研究所証券取引法研究会

上の本は一応翻訳も出ているので日本語でもアクセス可能です。


他に日本語でウェブ上の資料も探してみましたが、ちょっと厳しいかもしれませんね。


以上、どういったタイプのどの程度の「資料」をお望みなのかわからなかったので、いろいろ挙げてみました。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません