会社法107条の取得請求権付株式や取得条項付株式で、その引き替えに新株予約権を交付するメリットは何でしょうか?結局その予約権行使したら同じ株式が手に入って(更に取得条項でもう1回取得されて、ぐるぐるまわったりする?)しまって意味がない気がするのですが。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/15 23:14:46
  • 終了:--

回答(2件)

id:aska186 No.1

aska186回答回数158ベストアンサー獲得回数02006/02/16 00:22:52

ポイント25pt

http://www.tabisland.ne.jp/explain/kaishahou/ksho_207.htm

�h�h�|�p�V�@�]���\�

id:bossabrass

全く同じ種類の株式がかえってくるように作ることにはどんなメリットがあるのですか?

2006/02/16 09:00:12
id:aplo No.2

aplo回答回数3ベストアンサー獲得回数02006/02/16 00:26:05

ポイント25pt

例えば、取得条項付株式が優先配当などの種類株式だった場合に、引き換えにする株式や新株予約権の内容を普通株式にするなどのコントロールが可能です。異なる種類への変換が可能なので業績等に応じて柔軟な資金調達が可能になります。

id:bossabrass

違う種類の株式の新株予約権というのは、メリットがあるんだろうなあとわかります。同じ種類にするメリットはなんですかね?

2006/02/16 09:01:27

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません