「華陀秘笈」という本の原文が読めるサイト、書籍、あるいは所蔵図書館などの情報をお願いします。華陀秘笈についての詳しい文献情報があればうれしいですが、


「漢の時代になり華陀(かだ)という聖医が「観趾法」をわかりやすくまとめた「華陀秘笈」(かだひきゅう)という本を著わしました。」
という記述が書かれただけのページは必要ありません。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/17 11:34:36
  • 終了:--

回答(2件)

id:nischiura2006 No.1

nischiura2006回答回数734ベストアンサー獲得回数42006/02/17 11:41:16

こちらはいかがでしょう?

もし的外れでしたらポイントは結構です。(当然か?)

id:matsunaga

ポイント稼ぎもいい加減にしてください。

なぜそういう曖昧な情報で回答できるのですか。

2006/02/17 11:43:12
id:kimizu No.2

kimizu回答回数726ベストアンサー獲得回数212006/02/17 17:39:54

ポイント50pt

キャッシュからしか見つけられませんでしたが、

もう一つの質問と関連していたのですね。


足の反射区に関する記述を書籍化してるものだったんですね。

http://www.ylib.com/search/qus_show.asp?BookNo=F3029

Ylib 桟�y閣恥柵 - 兕�y埼ɲず�e

このVCD付きの本では、動画付きで解説されているようです。


購入はこちら。右側の目録、などのリンクで詳しい情報が参照できます。

http://www.ylib.com/search/ShowBook.asp?BookNo=F3029

http://cgi.tw.ebay.com/1-5923018_W0QQitemZ7390424072QQcategoryZ2...

eBay TW-eBay - 從MP3、電腦、手機、數位相機、收藏品、男裝、女裝,到古董、汽機車零配件, eBay幫

この本ですが、内容を見たところ、全身のツボ?を解説している

本のようです。

この系統で足に関するものがあるのかもしれません。


別サイトで見つけた内容は、こちら。

http://www.ifsfa.com/others/054.pdf

id:matsunaga

そのとおりです。「反射区」理論が漢方(中医学)の鍼灸・経絡理論とはまったく思想的にも違う別の理論であるということを確認しようと思い、近代にクロースアップされた反射区(リフレクソロジー/足心道)理論の原典を探っているわけです。

ところが、リフレクソロジー関連サイトで原典とされている2冊の書籍がどうも見あたらない。そもそもの出典となった黄帝内経には「素女篇」が見つからないし、それをもとにしたという「華陀秘笈」もまるで見あたらないわけです。

とすると、本当にこの反射区理論やリフレクソロジーというのが中国古代医学に起源を持つのか、という疑問が出てきて、今回の2つの質問をさせていただいたのです。

ですから、経絡・ツボの関連の本には載っていないはずですし、リフレクソロジーについての解説もまったく必要ありません。リフレクソロジーが出典だと言っている原典を読みたい(存在するものならば)というだけの話なのです。

なければ、ないという結論がほしいわけですが。

2006/02/17 19:07:08

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません