ジャーナリスト、アナウンサー、アンカーマン、キャスター17人の

生年月日を8桁数に置換して“合計÷人数=平均値”を算出しました。
 331650520÷17=19508854 から 195y年m月d日を求めるには?
 
 この設問は、つぎの記事をもとにしています。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060211
 もうひとつの格差 〜 パソコン音痴の人々 〜

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/17 21:58:06
  • 終了:--

回答(3件)

id:rafile No.1

rafile回答回数662ベストアンサー獲得回数242006/02/17 22:22:21

ポイント20pt

問題をとりちがえているかもしれませんが。。。


88/12=7.33

とりあえず y=7

88-7*12=4

54/30=1.8

したがって、m=6

5月は31あるから、54-31=23

よってd=24


1957年6月24日ではどうでしょうか。

id:adlib

 すばやい、勇気ある回答に敬意を表します。

 平均出生年月日は、約48才8ヶ月というわけですね。

2006/02/17 22:30:59
id:akagi_paon No.2

akagi_paon回答回数143ベストアンサー獲得回数132006/02/17 22:29:07

ポイント25pt

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060211

Awa Library Report -  もうひとつの格差 〜 パソコン音痴の人々 〜

無理だと思います。


なぜなら、

A1=10000y1+100m1+d1

...

An=10000yn+100mn+dn

とすると(nは人数。ここでは n=17 )、


 合計

=A1+...+An

=10000(y1+...+yn)+100(m1+...+mn)+(d1+...+dn)


 平均

=10000(y1+...+yn)/n + 100(m1+...+mn)/n + (d1+...+dn)/n


となりますが、


(y1+...+yn)/n


が割り切れるとは限らず、その小数点以下の値が m や d の方に加算されます。

この加算される値は百分率であるのにたいして m は12までの値しか取りません。

(例えば6月の6という値と 100*6/12=50 という値が一緒くたにされてる状態です)

つまり、全く別の尺度の値が加算されていることになるわけです。

それを割ったところで何も得ることはできません。


これを防ぐために m と d をあらかじめ百分率にしてから加算する方法もありますが

それなら最初から年、月、日を別々に計算したほうがはやいですね。

id:adlib

>それを割ったところで何も得ることはできません<

 00010101 生れと 20011231 生れの人の平均値が、10010666 となり、

1001年08月05日になってしまいますね(一年の中日は7月2日なのに)。

2006/02/17 22:44:07
id:kenfujita No.3

kenfujita回答回数29ベストアンサー獲得回数02006/02/19 22:15:57

ポイント30pt

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb%3Bja%3B214094

Excel で日付と時刻を使用する方法

その方法では不可能と思います。

なぜならその結果はそのまま1950年88月54日と読むべきだからです。


どうすればいいかというと、エクセルなどがしているように、基準日からの日数を調べて、その平均を取ればいいのです。

例えば1934年4月15日は1900年1月1日からの日数が12524日です。

同様にやっていくと


日付日数

1934/4/15 12524

1935/6/23 12958

1939/9/18 14506

1944/2/24 16126

1944/7/14 16267

1944/8/22 16306

1947/5/25 17312

1953/6/3 19513

1954/12/7 20065

1952/7/1 19176

1954/4/12 19826

1957/2/3 20854

1958/4/18 21293

1958/11/19 21508

1959/11/8 21862

1965/3/4 23805

1967/2/4 24507


平均:1951/4/12 18729.88235

となりました。(エクセルですぐ計算できますよ!)

id:adlib

>1950年88月54日と読む<

 たしかに「88月≒7年+4ヶ月」と「54日≒1ヶ月+24日」に

読みわけるには無理がありますね。

 

「1950年」+「7年+4ヶ月」+「1ヶ月+24日」を合計すると、

「1957年5月24日」になります。(1957/5/24 ≠ 1951/4/12)

 Google 電卓機能によれば「8854 / 365.25 = 24.2409309」???

 

>1900年1月1日からの日数<

 1900年1月0日以前を“負の基準日”あるいは“ユリウス通日”

にとれば、あらゆる日付の計算が可能ですね。

 

>基準日からの日数を調べて<

 あらかじめ“19340415”の値を得ているので、さらに“1934/4/15”に

置換すると“1934/10/15”との順序が(文字列では)整合しないのです。

 

 この設問は、アベルのアイデアから思いついたものです。

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19230804

 八月四日の立方根 〜 二十一才の誕生日前日 〜

2006/02/20 03:28:02

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません