会社法147条2項で「前項の規定にかかわらず」とありますが、これはすなわち、「株券発行会社の株式の質権者については、147条第1項の規定は適用されない」という意味であると理解してよろしいでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/18 18:18:12
  • 終了:--

回答(1件)

id:aska186 No.1

aska186回答回数158ベストアンサー獲得回数02006/02/18 21:16:22

ポイント40pt

おっしゃるとおりだと思います。例によって立法技術的な問題で。

Aの場合はa,Bの場合はb…と書いてくれた方が分かりやすい気もしますが、それはA,B…が完全に対等・並列の場合。しかし、株券の発行の有無について、会社法は条文上、原則は不発行という建前を採っていることから、そのような体裁の条文にならざるを得ません。

id:bossabrass

どうもありがとうございます。

2006/02/18 23:51:20

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません