ライブドアは、今後、どのようにしたら会社として発展できるのでしょうか。新経営計画の立案、あるいは展望、私ならこうするといったポジテブな提案を期待します(旧経営陣は関与しないと設定)。ポイントは12。回答大賞は100。意見にはコメントはつけられませんので省略します。いわしに書かれた方で、他の方の賛同を得られれば100を送信しますが、期待しないでください。回答数は10名程度です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/25 09:16:30
  • 終了:--

回答(4件)

id:nischiura2006 No.1

nischiura2006回答回数734ベストアンサー獲得回数42006/02/25 09:48:18

ポイント25pt

http://www.hatena.ne.jp/1140826590

人力検索はてな - ライブドアは、今後、どのようにしたら会社として発展できるのでしょうか。新経営計画の立案、あるいは展望、私ならこうするといったポジテブな提案を期待します(旧経営陣..

ごく常識的な回答しかできません。

粉飾決算などで水増しした株価による買収・合併の継続をやめ、参加の企業の本業に専念し顧客に本当に満足を提供できる仕事を1つずつ積み重ね信用を取り戻すことです。新経営陣の真摯な態度を示すことが第1歩ではないでしょうか。

(当たり前すぎて申し訳ありません)

id:zin20

トップバッターのご意見、ありがとうございます。

これからはコメントを省略しますので、ご了承ください。なお、わたしはライブドアと全く関係はありません。たんなるソフトのユーザーです。

2006/02/25 10:03:11
id:marinelake No.2

marinelake回答回数109ベストアンサー獲得回数02006/02/25 09:49:09

ポイント25pt

 虚業といわれるファイナンス部門の人材は堀江を見捨てて流出していますが、PHPなどを組む本来の実業部門は堀江に寄せ書きを贈るなど同情的です。

 この株価ではかつてのような買収拡大は不可能ですので、本業に立ち返るしかありません。


 本業での収益率は低いとはいえ、ブログなどのシェアは高く人気です。また、仙台でのポータルサイトは一定の成功をしていて、尾道ポータルのできも悪くありません。


 すでに築いたブログの山とフレンドパークを新しく立ち上げた地域ポータルサイトに関連づけを行う事で、最短期間で地域を網羅したソーシャルネットサービスを構築することが可能です。


 全国を網羅した、ソーシャルネットサービスは今までネット広告と縁の無かった地元の商店から広告収入やネット物販仲介料金を得ること可能なので、今後大きく発展することができます。

id:castle No.3

castle回答回数1011ベストアンサー獲得回数122006/02/25 10:52:23

ポイント25pt

http://www.hatena.ne.jp/ダミー:detail]

今回のライブドア事件をネタにしてネットゲームや書籍を出しみてはいかがでしょうか。ネタのように見せかけて事件の世間に露出しない部分や隠された闇なんかを世間に出していくのです。

現実の事件とリンクしたどこまで本気でどこまでがネタかのわからなさ加減がWeb2.0的。娯楽フロンティアを切り開く先駆者としてコンテンツ・クリエイティビティを予感させます。

これを機会にコンテンツ業界に切り込んでいくという理解を超えた事業拡大路線こそがLDらしいポジティブではないでしょうか。


半分冗談のように書きましたが、マスコミ不信の激しい昨今、この事件に関するスクープを斬新な形で世間に提出できたらLD株はきっと上がりますよ。株価というマネー的な意味だけでなくて、男らしさというか生き様とかで。(プロジェクトX的?)

id:wolf59 No.4

wolf59回答回数124ベストアンサー獲得回数02006/02/25 10:55:35

ポイント25pt

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/01/24/10600.ht...

ライブドア、ポータル「livedoor」の各種サービスは今後も継続

 まずは、本体の信用の回復ですね。その他に、熊谷代表取締役の逮捕もあり、買収された企業のライブドア離れが深刻化すると思います。これにより、ライブドアは、多少の収益が入ると思われますので、まずは、赤字企業などを解散し、本体の身を軽くして本来のポータルサイトやブログ・オークションなど利益の出る部門だけを残して継続するというものかと思います。

id:zin20

回答が少ないので、これで終了します。ポイントは均等にしました。

2006/02/25 17:53:47

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません