枝毛薄毛に良い成分「ミレッド」とは何ですか?(サプリメントでもあるみたいです)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/02/25 23:15:24
  • 終了:--

回答(7件)

id:jealousy No.1

jealousy回答回数181ベストアンサー獲得回数32006/02/25 23:20:33

ポイント15pt

http://www.rakuten.co.jp/sakurap/506777/506785/#606192

【楽天市場】ミレットエキス100倍濃縮!SAKURAリピートNo1!!:SAKURA PLACE

http://www.hairclub-hearts.com/puro.htm

HA-TUプログラム成分とはたらき

こーゆーことでしょうか?

id:gogokame No.2

gogokame回答回数554ベストアンサー獲得回数02006/02/25 23:23:05

ポイント15pt

http://hatsumoikumoweb.fc2web.com/sonotaikumozai2.html

発毛育毛web-ミレットエキス

イネ科のキビの一種であるミレットの抽出成分

id:jyouseki No.3

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382006/02/25 23:26:41

ポイント14pt

http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&sitem=%A...

【楽天市場】 の検索結果:通販・インターネットショッピング

「ミレット」というようです。サプリメントはたくさん見つかりました。

id:Zelda No.4

回答回数1027ベストアンサー獲得回数162006/02/26 00:48:18

ポイント14pt

http://blue-moon.mods.jp/sapuri/ikumou.html

髪が甦る!ミレットエキス

サイトの中間辺りに書かれています。

id:hanamiyabi No.5

hanamiyabi回答回数2359ベストアンサー獲得回数12006/02/26 01:23:45

ポイント14pt

穀物のミレット(キビ科の植物)からとれるエキスを主成分とした素材。毛根をつくるビタミンB2、B6、髪の成長を促す含硫アミノ酸やミネラルが多く含まれており、髪の主成分であるケラチンの合成を促進する役割が期待されています。


ミレットエキスが育毛に必要である栄養素が十分に配合された素材であることは、スイス、vifor社の長年の研究で証明されています。ミレットエキスプレミックスの母体になった研究では、キビ抽出物(ミレット)の有効性について明らかにしています。

キビ抽出物には、桂酸が他の穀物に比べて3倍以上含まれていることや、フッ素の含有率が高いことが特長として挙げられます。また、その他のミネラル成分としてリン、マグネシウム、カリウム、カルシウム、を豊富に含んでおり、必須アミノ酸、ビタミン類(B1、B2、ニコチンアミド、パントテン酸、ビタミンE)、油脂成分等が含まれていることが解明されています。とりわけキビ抽出物に含まれるこれらの栄養素は、物質代謝が起こりやすい結合をしていることが解明され、髪の毛やツメの成長に有効であることが臨床的に明らかにされています。

id:kkmori No.6

kkmori回答回数823ベストアンサー獲得回数42006/02/26 14:47:33

ポイント14pt

http://www.kenko.com/product/seibun/sei_772004.html

ミレットエキス 選りすぐり商品 【ケンコーコム】

ミレットエキスは、イネ科のキビの一種であるミレットの抽出成分です。ヨーロッパでは中世の頃から食用にしたり庶民の間で使われてきました。ビタミンB2・B6、含硫アミノ酸、ミネラルなどが多く含まれています

id:takarin473 No.7

takarin473回答回数590ベストアンサー獲得回数132006/02/26 17:32:08

ポイント14pt

http://www.mmjp.or.jp/rwicp/data107.html

色温度(ケルビン)とミレッド

色温度(ケルビン)とミレッド

各種の光源がどのような色味をもっているかは、グラフを見ればだいたいわかるとはいえ、実用的ではない。もちろん、赤っぽいとか青っぽいとかといった言葉ではあいまいすぎる。そこに何らかの光の色味を数値的に取り扱える尺度が欲しい。


色温度(ケルビン温度、記号K)は、その数値的な尺度の一つであるが、これは光源に含まれる青紫光と赤色光の相対的な強さを表したもので、おおざっぱにいえば、色温度数値の高いほど青っぽく、低い光ほど黄赤っぽい光であることを表す。


この色温度は普通の摂氏目盛りをマイナスの方向に273度Cずらした温度目盛り(273度C=0度K)であるが、このように光の色味をあらわすのに、なぜ温度目盛りが用いられているかというと、高温に熱せられて光を出す光源は、その発光体の温度とそこからでてくる光の色(スペクトル分布)とは一定の関係があるからである。これは、溶鉱炉のなかの鉄の温度を色味で見分けるという理屈と同じであるが、しかし、発光体の種類によって発光する色が違ってくるので、物理学上でいう完全黒体の放射がその基準に用いられている。


現実にある光源の中では、タングステンランプがこれに最も近い光である。したがって、ランプの場合は発光体であるフィラメントの温度でその光の色をあらわしたのが、色温度ということである。しかし蛍光灯のような冷光源や、散乱とか反射といったさまざまに変化した自然光などは光源の温度では示せないから、それらの光の色が黒体放射のどれかその色度が一致したときに、その黒体の温度をとってあらわされることになる。


したがって、厳密にはその光源の分光比エネルギー分布を調べて、測色計算をおこなうという方法がとられるが、写真の場合にはそれほど厳密なものではない。色温度を見いだすための色温度計(カラーメーター)は入射する光の青紫色光、赤色光との相対的な強さを調べて色温度が見いだされるようになっている。したがって、実際上は温度とは無関係であり、照明光に含まれる青紫色光と赤色光のバランスの状態を、数値的に示したものが色温度ということである。


カラーフィルムはノーマルに発色するときの撮影光源の色温度がそれぞれ指示されている。一般用の昼光用(デーライトタイプ)は約5500度K、電灯光用(タングステンタイプ)のBタイプは3200度K、Aタイプは3400度Kの光で撮影したときにノーマルな発色が得られる。そしてその指定温度よりも、撮影光源の色温度が高いほど仕上がりは青っぽくなり、低いほど黄赤っぽく発色するので、ノーマルなカラーバランスを得るには指示色温度を持つ光源を選ぶこと、そして、合致しないときは色温度変換用のLBフィルターをかけて調節する必要があるわけである。


また、色温度の代わりにミレッド(MIRED)という数値が使われることがある。これは色温度の逆数を百万倍した数値であるが、10ミレッド=1デカミレッドdMとして用いられる場合もある。たとえば、5500度Kのミレッドは182ミレッドで18デカミレッドになる。


色温度とは別に、なぜこのようなミレッドといった別の尺度が使われるのかというと、色温度が変わると光色が変わるがこれが一定ではない。同じ色温度差でも、色温度の低い状態では色の変化が大きく、高い状態では小さいからである。つまり、たとえば同じ100度Kの違いでも6000度Kあたりでは変化はほとんどないが、3000度Kあたりは100度Kの違いで光色が大きく変わるということである。その点ミレッドでは、たとえば10ミレッド変われば色温度の高低に関わらず一定量だけ色が変わるので、光色の差をあらわしたり、また色温度変換能力を示したりするのに便利であり、そのため、色温度を変化させるためのLBフィルターの色温度変換能力はミレッドまたはデカミレッドで表示されているのが常である。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません