戸籍上の姓を、婚姻・養子縁組・離婚等によらない理由で変更した例はありますか?(日本で)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/03/05 22:39:36
  • 終了:--

回答(4件)

id:ich-izen No.1

ich-izen回答回数102ベストアンサー獲得回数32006/03/05 22:44:59

ポイント30pt

http://www.eisai.co.jp/museum/curator/mgm/021227g.html

もうひとつの学芸員室−毒にもくすりにもならない話 「姓」ア・ラ・カルト

以下、引用です。


過去、改姓が認められた事例として、仁後(にご)という氏が二号(妾)を連想させるという理由が認められた。振り仮名を憚れる穴倉、金玉、あるいは百足(むかで)、天狗、赤鬼などの例もある。難読・難解などの例は、蛇城(はぐさ)、沢岻(さわと)、書(かきあげ)、屋宜(やぎ)、花城(はなぐすり)、塘(つつみ)、南風化(はいばら)等々少なくない。

id:paffpaff

ありがとうございます

日常生活に支障があるような姓の場合は、改姓できる可能性があるということですね

2006/03/05 22:48:15
id:Broadway No.2

Broadway回答回数326ベストアンサー獲得回数222006/03/05 22:49:25

ポイント25pt

http://www.okinawatimes.co.jp/spe/naka20010215.html

�����^�C���X�@���W�@�Ȃ����ݐ����i�l�[�~���O�j�}��

ちょっと失礼します。

こんな例が有りました。合理的だと裁判所や役所が、簡単に理解出来る様な理由が有れば改姓は比較的簡単な様です。

まずは御紹介まで。御役に立てれば幸いです。

id:paffpaff

同姓同名がいてややこしい場合、姓の変更もありうるのですね

姓を変更した場合、配偶者や子どもについてはどうなるのかとか、ある程度詳しい実例がありましたらよろしくお願いします

2006/03/05 22:57:46
id:hamster078 No.3

hamster078回答回数587ベストアンサー獲得回数42006/03/06 00:34:52

いくらでもありますよ。

改姓する場合は、まずその姓名を実際に使いはじめて、世の中で充分流通させてから届け出ることになります。

id:paffpaff

例をお願いします

いくらでもありますっていわれても・・・

2006/03/06 00:47:49
id:ransamu No.4

ransamu回答回数138ベストアンサー獲得回数72006/03/06 03:28:33

ポイント20pt

http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/ujina8.html

�Ƃɂ��������ύX������

「やむを得ない事由」があると家庭裁判所が判断すれば、姓(氏)の変更が認められます。

(ちなみに名の変更は「正当な理由」が必要とされており、氏の変更より要件が緩いです)


「やむを得ない事由」にあたる代表例は、既にでているように珍奇・難解・難読な場合でしょう。事例として多いと思われるのは、離婚するときに旧姓に戻らず婚姻時の姓を選択したが、その後やっぱり旧姓に戻りたいというケース。


戸籍の筆頭者の氏の変更が認められると、同じ戸籍に入っている者全員の氏が変わります。従って夫婦で氏が違うということはあり得ません。子どもについては、婚姻なり分籍なりして戸籍をでていれば、変更の効果は及びません。

id:paffpaff

同一戸籍の全員が変わってしまうということですね。了解しました

姓を変えたいわけではありません・・・・

実例を教えて欲しいだけなんですが

有名人でだれかいないんでしょうか

別に質問してみます

2006/03/06 22:39:37

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません