血液検査や尿検査だけで全身のがんの有無が分かるとされる検査がありますが、これら検査の中に本当に信頼できるものはありますか?

ネット検索すると、キャンサー・セル・ディテクター,TMCA腫瘍マーカー総合解析法、がん免疫ドック、リンパ球の特異的遺伝子を調べる方法(大井町)などが見つかります。便利で苦痛もないです。通常の人間ドックやPET検査でさえかなりの見落としがあるのですから、ある程度の精度があれば十分実用的だし、補完にもなります。
これは使えるという検査がありましたら、その理由を教えてください(部位は特定できなくてもよいです)専門家、検査経験者歓迎です。

申し訳ありませんが、上記すべての検査法を今日はじめて聞いたという方は回答をご遠慮下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/03/10 18:30:36
  • 終了:--

回答(2件)

id:tyousann No.1

tyousann回答回数1982ベストアンサー獲得回数542006/03/11 07:46:40

ポイント45pt

http://www.venmeru.co.jp/

健康食品販売 有限会社ベンメル企画

参考になると思います。

id:NQ100

ありがとうございます。これはおそらくTMCA腫瘍マーカー総合解析法ですね。昔からあるのですがなかなかメジャーになりません。その理由も知りたいです。

2006/03/11 23:45:48
id:a-ki No.2

a-ki回答回数43ベストアンサー獲得回数02006/03/11 23:10:48

ポイント45pt

腫瘍マーカーはSCCのようにどこにでもあるけど腫瘍だと特に高値になるものが多いので、スクリーニングとして使うのが普通かも。

可能性のありそうな項目を測定して異常値だったらそのあたりを精密にって使い方には便利だと思う。

id:NQ100

ありがとうございます。腫瘍マーカー単独ではさすがに精度にかけると思いますので、より高度な解析法が必要になるでしょうね。便利なページなので今後使おうと思います。

2006/03/13 12:26:57
  • id:NATROM
    >血液検査や尿検査だけで全身のがんの有無が分かるとされる検査がありますが、これら検査の中に本当に信頼できるものはありますか?

    検診目的の実用に耐えうる精度のものは、大腸癌に対する便潜血検査以外にはありません。「キャンサー・セル・ディテクター、TMCA腫瘍マーカー総合解析法、がん免疫ドック、リンパ球の特異的遺伝子」のどれも、十分なエビデンスに基づくものではありません。TMCA腫瘍マーカー総合解析法が、昔からあるのにメジャーにならない理由は、費用対効果が悪く、十分なエビデンスがないからでしょう。私見を述べさせてもらえば、金儲け目的のインチキだと思います。

    腫瘍マーカーをスクリーニングに使用する臨床医はヤブです。診断の補助、再発の有無のフォローに使うのが通例です。検診目的に使用できる可能性があるのは、前立腺癌に対するPSAぐらいです。PSAとて、十分なエビデンスがあるとは言い難いものがあります。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません