日銀が量的金融緩和政策を解除しました。このことが、住宅ローンの金利にどのような影響があたえるか教えてください。

1.ゼロ金利政策は当面続けるとありますが、どの程度の期間続くのでしょうか?
2.ゼロ金利政策解除の前にローン金利(長期金利)は上がるでしょうか?
3.今後1年間の金利はどう推移するでしょうか?
4.今借り換え時?

URLはダミーでもかまいませんがご自身の意見をきちんと書いてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/03/13 22:17:31
  • 終了:2006/03/19 02:22:42

回答(3件)

id:gettoblaster No.1

gettoblaster回答回数290ベストアンサー獲得回数142006/03/14 11:51:09

ポイント45pt

1.CPI0-2%が適当なインフレ率と考えているとの日銀のコメントがあったので、真ん中の1%位が、ゼロ金利政策解除の目処になるのではないでしょうか?今回の量的緩和解除はCPI+圏を4ヶ月キープして解除に至ったので、今度もCPI1%を3ヶ月連続クリアくらいで解除に至るのではないでしょうか?増税や、緊縮財政が消費マインドを冷やす可能性や、原油価格の下落などで影響を受けると思いますが、秋~年内という読みが多いようですね。

2.ゼロ金利政策で、日銀はオーバーナイトの金利に介入するだけなので、直接的には長期金利は市場が決めます。先月から10年もの国債の価格は下げ、金利は上がっていますね。来月実行分から特に長期固定のローン金利は上がるでしょう。

3.私見ですが今後1年間くらいは上がるんじゃないでしょうか。銀行貸し出しもやっと増えてきたし、世の中に少しづつ投資意欲が出て、資金需要が増えてきたのではないでしょうか。少し気になるのは来年再来年の団塊世代の定年で、退職金の合計が40兆円だとか。これが債券や貯蓄に回ると金利押し下げ要因ではあります。ただ、この退職金は今後取り崩すしかないので、ここがピークなんですが。

4.長期的に見れば固定金利への借り換えは悪くない選択と思います。僕も昨年末30年固定ローンを作りました(ポジショントークですね)。

不確定要因は、

・住宅値下がりしてますがアメリカの景気大丈夫?

・緊縮財政と、増税で日本の景気大丈夫?

id:tamagonokimi

回答ありがとうございます。やっぱり長期金利は上がりますよね。今が借り換え時ですね。実は来年1月に3年固定の期間が終了するのです。本当は銀行変えたくないのですが、金利が上がりそうなので借り換え検討中です。

2006/03/14 12:33:57
id:zxcvaq No.2

zxcvaq回答回数104ベストアンサー獲得回数12006/03/14 08:48:43

ポイント10pt

1)おそらく今年9月の自民党総裁選が一つの区切りではないでしょうか? 景気が上がり続ければ、金利は上がらざるを得ないでしょう。量的緩和政策が株価にあまり影響を与えなかったことを考えると、9月の総裁選までの景気の推移をみておく必要があると思います。政府としては来年の参議院選挙まで続けたいと思っているでしょうが。

2)あがります。すでに長期金利は上昇傾向です。

3)基本的に上昇です。

4)はい、と答えると銀行の回し者と言われるかも。しかし今のローンが変動金利なら、早めに長期固定に変えておくほうがいいでしょう。いずれにしても金利はほぼ確実に上がると思います。

id:tamagonokimi

回答ありがとうございます。総裁選の結果も気になるところなんですよ。安倍官房長官だと上がりますか?

2006/03/14 12:28:06
id:sami624 No.3

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/03/13 23:02:03

ポイント25pt

http://www.boj.or.jp/seisaku/05/seisak_f.htm

http://www.findai.com/yogo/0086.htm

基本的に金利が上がると予想した場合、期間が長い金利ほど上昇傾向が強まる。

①日銀の金融政策の趣旨は上のサイトの通り、物価安定にあるため昨今の景気回復物価水準の上昇を見極めたうえで、早ければ秋頃金利引上げの可能性があります。

②例えば2年物の金利X2は1年物の金利X'と1年後から1年物の金利X"より以下の通り算出される、(1+X2/100)^2=(1+X')×(1+X")よって、将来的に金利が上がると予想される場合、X'が現状維持であってもX"は上昇すると見なされるので(期待利子率の上昇)X2も上昇する。このスキームにより、短期金利が名目上据え置かれても、市場が金利上昇を見込んだ段階で長期金利は上昇する。

③穏やかな上昇傾向でしょう。

④借り換えには所定の繰上返済手数料並びに、固定金利の場合は市場金利違約金手数料がかかるため、個別の条件を確認しないと何とも言えません。特に現在固定金利を組んでいる場合は、固定金利の解約違約金が高額になる可能性が高いので、注意が必要です。

id:tamagonokimi

回答ありがとうございます。みなさんあがるとおっしゃいますね。固定金利の解約違約金は始めて聞きました。これから調べてみます。

2006/03/14 12:31:39

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません