個人事業主でアルバイトに9400円未満で日給を支払った時には、経費として計上しても預かり税が発生しないのでしょうか?

たとえばそれが何度か繰り返されて、10万ぐらいになっていたとしても大丈夫ですか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人30回まで
  • 登録:2006/03/15 16:27:06
  • 終了:2006/03/20 18:30:16

回答(3件)

id:yuri-o No.1

yuri-o回答回数16ベストアンサー獲得回数12006/03/15 16:36:27

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2502.htm

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2508.htm

個人事業主でも、従業員を雇い入れたときは、所得税を源泉する必要があります。

アルバイト・パートの源泉徴収の詳しい基準は

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2514.htm

こっちに載っています。

id:Gestalt

いや、つまり丙欄において0円の場合、源泉徴収がどうなるのかと言う質問なのです。

経費として申請できないのか、それとも出来るのか?

2006/03/15 16:41:48
id:yuri-o No.2

yuri-o回答回数16ベストアンサー獲得回数12006/03/15 16:49:30

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2514.htm

金額の多寡ではなく、2ヶ月と言う期間が基準となっています。

この基準に沿って源泉した場合、人件費としての計上は、まったく問題なく必要経費となります。

id:Gestalt

ということは、1ヶ月以内に日当を幾ら支払っていても、源泉の税金は発生しないってことでしょうか

2006/03/15 17:12:13
id:yuri-o No.3

yuri-o回答回数16ベストアンサー獲得回数12006/03/15 17:30:21

ポイント200pt

http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4117/01.htm

平成18年1月から税額表が変わっています。

定率減税が変更になったためです。

丙欄で課税されないのは日額9,300円未満です。

この日額上限を超えると、源泉徴収義務が発生します。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2514.htm

日額上限と2ヶ月の基準を過ぎない条件も満たして初めて、源泉税は発生しないことになります。

id:Gestalt

極端に言えば毎日9300円を10人に22日間支払ったとしても、源泉税が発生し無いということですか?

あるいは10*22=220と、延べで二ヶ月以上になるのでしょうか?

2006/03/15 18:05:24

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません