いまさらながら、なぜ人はWEBサイトを見るのでしょうか。

本質的な人間の欲求として「知りたい」と思うことから、「知りたい情報を即座に取り出せる便利さ」がWEBサイトの普及に繋がったと僕は思います。
コンテンツの時代と言われ、これからWEBサイトは「知るモノ」から「楽しむモノ」へと変わっていくのでしょうか?
ご意見をお聞かせください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 300 ptで終了
  • 登録:2006/03/19 20:32:23
  • 終了:2006/03/26 20:35:02

回答(16件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
知りたい情報を即座に取り出せる便利さ goldwell2006/03/19 21:33:13

まさにその意見に同意です。

ネットが普及する前まで、何かを調べるには、図書館へ行く・専門家や当事者に聞く、等何らかの手間を要するものでした。ジャーナリストなどある種の職業に就いている人ならいいでしょうが、一般人にとって探究心を満足させるという面は別にして、面倒くさい面もありました。

今の10代の人は最初からそうなのでわからないでしょうが、30代の私などは昔に比べてかなり便利になったなぁ(笑)と思います。

で、今後ですが、広告する側としては、知りたいという気持ちにこたえるだけでなく、そこからいかに顧客として気持ちを掴むか→その為にはいかに楽しんでもらうというところに各企業は力を入れてきているな、というのはもう今から感じていますね。もっと何らかの新しいことは考えているでしょうけど。

うーん、あんまり目新しい意見でなくてすんません。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません