いまさらながら、なぜ人はWEBサイトを見るのでしょうか。

本質的な人間の欲求として「知りたい」と思うことから、「知りたい情報を即座に取り出せる便利さ」がWEBサイトの普及に繋がったと僕は思います。
コンテンツの時代と言われ、これからWEBサイトは「知るモノ」から「楽しむモノ」へと変わっていくのでしょうか?
ご意見をお聞かせください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 300 ptで終了
  • 登録:2006/03/19 20:32:23
  • 終了:2006/03/26 20:35:02

回答(16件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
どこかと繋がっていると言う安心感 JM6JSY2006/03/19 22:10:24

ADSLや光が繋がっていると言う意味ではなくて、Webを通してどこかのコミュニティや自分の興味のある何かと関わりを持っていられるという感覚でしょうか。

何かに属していられる安心感かな?人間、独りだと不安になるものです。

仕事で色々な人と顔をあわせていても、自分の趣味や価値観が一致しないままの仕事だけの付き合いで、心の何処かで孤独感を感じているのですが、Webならば遠くの同じ価値観、同じ趣味の人と何かしら関わりを持つ(持っているつもり)事で

自分は独りではないんだと自分を慰めている。

コレが自分がWebをやっている状態を自己分析した結果です。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません