『なぜ人は人を殺してはいけないのでしょうか?』という問いは結局何だったのでしょうか?

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 300 ptで終了
  • 登録:2006/03/20 19:11:31
  • 終了:2006/03/27 19:15:02

回答(46件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
私的に思うのは ToMmY2006/03/20 21:11:26

殺人と言う行為を物理的に分析すると、人間と言う生物が、同じ生物分類である人間が活動することを停止させる。ということになります。

それは人間のDNAに含まれているプログラムにより、本来不可能なこととして定義させられているわけです。しかし、人間と言う生物のDNA制御能力限界を超えた思考力によってそのリミッターを取り払ってしまう。その思考力によって殺人と言う行為にいたってしまうわけです。

よってなぜ人を殺してはいけないかと言うのは、倫理的な問題などではなく、生物の存在意義をうしなってしまうからでしょう。

もし仲間を殺すことが許されてしまったら、生物としてその種が生存することが不可能になる->存在意義がなくなる。

ということではないでしょうか。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません