『なぜ人は人を殺してはいけないのでしょうか?』という問いは結局何だったのでしょうか?

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 300 ptで終了
  • 登録:2006/03/20 19:11:31
  • 終了:2006/03/27 19:15:02

回答(46件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
「常識」に挑戦してみたかった、でも「俺が殺されたくないから」が多数派になればおしまい TomCat2006/03/21 01:27:12ポイント1pt

誰しもが「常識」と認めることに対して理由を問い、

実はこんな常識は無根拠なんだと主張してみたかった、

ということじゃないでしょうか。

 

でも、常識っていうのは必ずしも真理に立脚した

普遍的な根拠を持っているわけじゃない。

一人一人の都合が大枠で合致して多数派を形成していけば、

それで常識というものは成り立っていったりするんですよね。

 

だから「俺が殺されたくないからだ」という人が多数派なら、

じゃ殺しちゃいけないんだ、という結論に落ち着いて、

それが常識となっていくわけです。

 

もちろん現実はもっと高度な倫理観によって、

「人命は尊い」という考え方に

きっと普遍的な真理が存在するはずだ、

と考える人たちが、この常識を支えているものと思います。

なるほど。 こねこねこねこ2006/03/21 18:55:42

実はこんな常識は無根拠なんだと主張してみたかった と。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません