ショーペンハウエル(Arthur Schopenhauer)著、佐久間政一訳の『人生哲學』という本が、昭和23年に北隆館という出版社から刊行されています。

この本は、『Parerga und Paralipomena』の中の『Aphorismen zur Lebensweisheit』の翻訳ですが、同じ内容の現代日本語訳が収められている本はないのでしょうか。
佐久間訳『人生哲學』以降に出された本があれば教えて下さい。現在絶版でも構いません。
あるいは、佐久間訳『人生哲學』以降邦訳がないということをご存知の方がいらっしゃれば、それを教えて下さい。
よろしくお願いします。

(以下、失礼ながら検索用キーワードです。ご容赦下さい。哲学・アルトゥール・ショーペンハウワー・ドイツ・ペシニズム)

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 登録:2006/03/24 02:38:53
  • 終了:2006/03/26 23:43:58

ベストアンサー

id:hamster009 No.1

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502006/03/24 04:51:12

ポイント60pt

いっぱいありますよ。

●まずはショーペンハウアー全集

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4560025584/qid=1143...

Aphorismen zur Lebensweisheitが含まれているのは、

この11巻になります。

(11)

>内容注記 内容:哲学小品集 2(金森誠也訳) 視霊とこれに関連するものについての研究,生活の知恵のためのアフォリズム

分冊売りはAmazonでは出ていませんが、古本屋ならあるでしょう。


●孤独と人生(金森誠也訳 白水社)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4560019843/250-3954...

>ショーペンハウアー晩年の大著『パレルガとパラリポーメナ』第一巻の末尾を飾る「生活の知恵のためのアフォリズム」の全訳。

これも全集本と同じ訳者なので、同じ訳なのではないかと思います。


●幸福について(橋本文夫訳 新潮文庫)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102033017/qid%3D11...

さて、文庫でも出ています。

>本書はご存知の通り、ショーペンハウアーの『パレルガ・ウント・パラリポメナ(余禄と補遺)』第一巻に収録された「処世術のための箴言集」を訳したものです。

ただし、これは全訳なのかどうかは不明です。一度ご確認ください。

ざっとこんなところです。

id:Stirn

どうもありがとうございます。

大変助かりました。

2006/03/25 15:56:57
  • id:hamster009
    いるかマークありがとうございました。
    むかし私もParerga und Paralipomenaをずっと読んでいました。
  • id:Stirn
    ショーペンハウエルは高校の頃、岩波文庫の「自殺について」を何度も読みました。「意志と表象~」も読みましたが、どちらももうすっかり忘れてしまいました。
    佐久間訳「人生哲學」は、ある人から勧められたのですが、古い本は読むだけで一苦労なので、新しい翻訳はないかと質問させてもらいました。
    これから、紹介して頂いた本のどれかを探して読もうと思います。
    今回はどうもありがとうございました。
    まったく関係ありませんが、(私は独語は何もわからないくせに)ハンドルネームのstirnは、Max Stirnerから拝借させて頂いたものです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません