Coomassie brilliant blue が、タンパク質と作用する詳細な原理が知りたいです。例えば、タンパク定量Bradford法では、Coomassie brilliant blue G-250が、酸性条件下、タンパク質と結合して長波長シフトするそうですが、どういった機構で、タンパク質と結合し、Coomassie brilliant blue のトリフェニル骨格の共役系が広がるのでしょうか?まず、タンパク質のどこと結合するのか、というところから知りたいです。また、Coomassie brilliant blue には、RやGといったものがありますが、2つともタンパク質作用原理は同じでしょうか?この2種は、構造的には、どう違うのでしょうか?

お願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2006/03/24 19:09:14
  • 終了:2006/03/31 19:10:03

回答(1件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4719ベストアンサー獲得回数8712006/03/31 16:52:20

ポイント10pt

http://72.14.203.104/search?q=cache:bwnzt4iMKpoJ:www.sanyo.c...

の115ページ右欄にそのようなことが書いてあるのかもしれません。(疎水性の変化?)

もともとは

http://www.sanyo.co.jp/giho/no77/pdf/7715.pdf

を見やすくしたものです。ってサンヨーだ!

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%BF%E3%83%B3%E3...

からみつけました。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません