【家の寿命】ビルとか店舗ではなく、人が住居するために作られた建物、つまり「家」は一体どれくらいで寿命が来るのでしょうか?

材料や工法によっても変わってくると思いますが、どういう材料で、どういう工法で建てられた家は何年もつのか相場を知りたいです。一覧みたいなのがあれば、尚いいです。
※ 普通は30年なのに、うちのは50年もった・・・とか、そういう例外的な話は無効です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/03/27 11:18:56
  • 終了:2006/03/27 22:57:38

回答(4件)

id:juvenedved No.1

juvenedved回答回数453ベストアンサー獲得回数142006/03/27 11:31:56

ポイント31pt

http://www.dab.hi-ho.ne.jp/hirano-j/tax_chintai.htm

税金側から家屋の耐用年数を調べてみました。(家屋設備に関する耐用年数は参考をご参照ください)

■減価償却費からの引用


構造

耐用年数

償却率

定額法

定率法

木造

22

0.046

0.099

木骨モルタル

20

0.050

0.109

鉄骨造

(肉厚4MM以上)

34年

0.030

0.066 

鉄骨コンクリート

(RC造,SRC造の場合)

47

0.022

0.048

参考(注意点)

* 基本的な設備関係においては耐用年数15年として計算します。(一部の設備に関しては耐用年数が異なります。)

償却率は定額法で償却率は堅固建物で0.142となります。

* 設備比率は概算で建設費の3割程度です。

住宅の場合の税務上の耐用年数です(建物用途により耐用年数は異なります。)

*租税特別措置法により優良賃貸住宅等の場合は、減価償却費の一定の割増が認められています。耐用年数35年以上の場合、当初 5年間 4割増の原価償却を行うことができます。(耐用年数35年未満の場合は3割増)

<敷地面積 300平方メートル以上、3階建以上の耐火住宅を平成16年3月31日までの間に新築した場合>

ご参考になれば幸いです。

id:Dental_Coga

あくまでもこの表を鵜呑みにしたとして・・・

木造の家を建てた人は、22年で建て替えの必要に迫られ、鉄筋コンクリートの家を建てた人は47年間は建て替えの必要に迫られない、ってことでいいんですかね?

っていうか、新しい「はてな」ではこんなふうに表の表示もできるようになったことに驚いてしまいました(^^;

2006/03/27 22:51:42
id:gettoblaster No.2

gettoblaster回答回数290ベストアンサー獲得回数142006/03/27 11:41:19

ポイント29pt

http://www.m-net.ne.jp/~k-web/genkasyokyaku/genka-tatemono.h...

減価償却用の法定耐用年数で行くと

鉄筋コンクリート47年

重量鉄骨34年

一般的な鉄骨プレハブ27年

木造(2×4、木軸在来)22年

ですが、その立地の環境や構造面での配慮やメンテナンス次第というところも大きいですし一概には言えない部分が大きいと思います。

一般的には普通の環境で普通ににメンテすればこの1.5倍程度は使えるのではないかと思いますが。

最もばらつくのは木造でしょうね。シロアリに食われたり雨漏りや結露で構造自体が痛みますし、RCや鉄骨よりも絶対強度自体は低いですし。しかしその一方、柱を取り替えたり修理もしやすいので長く使おうと思えば使えるのではないでしょうか。クリやヒバやヒノキを使って、防湿、結露対策がちゃんとできて、屋根や外壁のメンテをちゃんとして、巨大地震がこなければ50年くらいはいけそうな気がします。

id:Dental_Coga

貴重な意見も合わせて、ありがとうございます。

基本的には最初の方と同じ内容ですね。

2006/03/27 22:53:34
id:sami624 No.3

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/03/27 12:54:52

ポイント15pt

http://www3.ocn.ne.jp/~uenoarc/body12.htm

木造住宅で30年超、プレハブで30年未満といったところでしょうか。

http://www.juutaku-jiten.com/040ta/0410ta/000113.html

一般的な基準は上記の通りです。

id:ryo_zin No.4

リョウヂ回答回数253ベストアンサー獲得回数42006/03/27 15:53:48

ポイント15pt

十年程前に(親が)家を建てたので、少し調べたことがあります。


うろおぼえながら、長持ちの順番から並べると、

  • 鉄筋コンクリート住宅:100年~
  • 在来工法木造住宅[注文]:70年~100年超
  • 2by4工法木造住宅:50年~?(柱兼壁になる集合材((薄い木材を接着・圧縮した構造材))の日本での寿命の実績がまだ無いため)
  • 在来工法木造住宅[建売]:40~80年

という感じだったと思われます。


ただし、上記の通り、在来工法木造住宅は柱の太さ、設計の仕方によってかなり寿命が異なるようです。

ちなみに下は注文住宅大手(在来木造工法)の一条工務店のURLです。

(自分の家はここではありませんが、在来木造工法[ただし設計士アリ注文]です。)

http://www.ichijo.co.jp/


なお、建売住宅の寿命が短いのは

  • 柱が細い
  • 安い割に見た目を重視する((その分見えない部分が弱い))

というのが普通のためです。

(注文住宅でもメーカーによっては上のようなこともあります。)

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません