個人事業主として副業を始めるあたってPCを購入しようと思っていますが、リースと購入、どっちがメリットあるでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/03/27 17:16:07
  • 終了:2006/03/28 09:55:57

ベストアンサー

id:yuri-o No.3

yuri-o回答回数16ベストアンサー獲得回数12006/03/28 09:49:31

ポイント60pt

http://homepage2.nifty.com/kskt/riisu&kaitori.htm

PCの購入予算や事業規模によりますが、

(1)自己資金で購入でき

(2)30万円未満の資産であり

(3)黒字が見込まれて税額が発生する可能性がある

場合は、買取の方が有利です。

30万円未満の資産であれば、全額必要経費として落とすことができ、所得を少なくし、税額負担を少なくできます。

また、リースの場合は、

(1)支払金額が月々固定

(2)メンテナンス費用がかからない

などのメリットがありますが、ほとんどのリースが「ファイナンシャルリース」ですので、月々のリース料は固定でも資産として扱い、減価償却するのが通例です。

複雑ですが、実質的には借入して資産を購入し、リース料に含まれるリース利息を支払い、所有権をリース会社に持たせる、と言う関係になります。

★ファイナンシャルリースについては

http://www.leasing.or.jp/annai/kihon/kihon3.html

を参考にしてください。

id:tambo

非常にわかりやすい回答、ありがとうございました。

それほど大きなビジネスではありませんので、買取で良いように思えました。

2006/03/28 09:54:10

その他の回答(2件)

id:Kumappus No.2

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852006/03/27 17:39:41

ポイント30pt

http://www1.jp.dell.com/content/topics/segtopic.aspx/pas/lea...

ここにリースのメリットが書かれています。

私も仕事でサーバをリースで立ち上げました。メリットはいろいろあって

1)初期導入コストが安くすむ。

2)会社の場合、固定資産にならずに経費処理が可能。

3)リース期間を短めに設定することで、ハードの陳腐化を防げる(新しいのと入れ換えられる)

などがあると思います。

ただし、サーバなどの高いものでない限り、またたくさん導入するのでない限り、昨今のパソコンはとにかく安いので、減価償却費もたかが知れています。なので1台や2台であればリースのメリットはほとんどありません。どちらでもお好きな方を選んでくださいという感じですね。

id:tambo

リースを考えた一番の理由は3だったのですが、最近のPCは安いのであまりメリットは無いかもしれないですね。

買い替えの時に、古いPCを処分するのがちょっと面倒なんですけどね。

2006/03/28 09:53:11
id:yuri-o No.3

yuri-o回答回数16ベストアンサー獲得回数12006/03/28 09:49:31ここでベストアンサー

ポイント60pt

http://homepage2.nifty.com/kskt/riisu&kaitori.htm

PCの購入予算や事業規模によりますが、

(1)自己資金で購入でき

(2)30万円未満の資産であり

(3)黒字が見込まれて税額が発生する可能性がある

場合は、買取の方が有利です。

30万円未満の資産であれば、全額必要経費として落とすことができ、所得を少なくし、税額負担を少なくできます。

また、リースの場合は、

(1)支払金額が月々固定

(2)メンテナンス費用がかからない

などのメリットがありますが、ほとんどのリースが「ファイナンシャルリース」ですので、月々のリース料は固定でも資産として扱い、減価償却するのが通例です。

複雑ですが、実質的には借入して資産を購入し、リース料に含まれるリース利息を支払い、所有権をリース会社に持たせる、と言う関係になります。

★ファイナンシャルリースについては

http://www.leasing.or.jp/annai/kihon/kihon3.html

を参考にしてください。

id:tambo

非常にわかりやすい回答、ありがとうございました。

それほど大きなビジネスではありませんので、買取で良いように思えました。

2006/03/28 09:54:10

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません