「日常は半径○○メートルで決まる」といった感じの文章をどこかで見ました。

コミュニケーションやビジネス的視点で捉えた文章だったと思うのですが、それらについて語っているサイトがあれば教えてください。
偉い先生の言葉だったりすると説得力アップです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/03/30 22:59:05
  • 終了:2006/04/06 23:00:03

回答(2件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4770ベストアンサー獲得回数8852006/03/31 11:16:01

ポイント33pt

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167485044.html

http://www.bk1.co.jp/product/965401/review/97895

群ようこさんの日常ととらえる半径は500m

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796651241/

小泉今日子さんの日常は半径100m

http://www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%8A%E5%BE%84%E3%80%80...

からめぼしいところを拾った結果です。

上の方にたくさん「半径**mの日常」というブログがあって、数値は適宜いろいろです。

日記の表題に向く一種おしゃれフレーズとして多用された時期があるように思われます。

しかし中でもまじめな話をピックアップすると

http://www.city.anjo.aichi.jp/kakuka/korei/public2/pdf/04-4....

にあるとおり、一人一人の「日常生活圏域」は異なって当然だけれど、高齢者になるとそれが従来に比べて縮まりがちであるから、元通りひろげる方策を考えようよ、という動きになっているようです。

id:dakyo-an

二つ目のPDFなかなか興味深い文献です。

2006/04/04 00:39:08
id:ich-izen No.2

ich-izen回答回数102ベストアンサー獲得回数32006/03/31 00:28:48

ポイント34pt

http://www.itoki.jp/products/office/momotaro/

エドワード・ホールのプロクセミックス理論でいかがでしょう。

> φ1600mmは、集中できる個人空間を保つとともに、ワーカー同士のコミュニケーションに適した距離です。

id:dakyo-an

一瞬、意味不明でしたが、よくよく読んでみると面白いことがかいてありますね。参考になりました。

2006/04/04 00:38:43

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません