3月末から光ファイバー回線(電力系)でインターネットに接続しています。回線速度などは問題ない状態です(メディアコンバータと直付け、下り70-80Mbps 上り40-50Mbps WinXPPro/IE6.0)。


ときどき、ブラウザのブックマーク(お気に入り)からウェブページを開こうとすると、【取り消されたアクション】ページが表示されてしまうことがあります。もう一度お気に入りから開いてみるか、更新ボタンを数回押してみると、今度は正しく表示されます。頻度は大まかですが50-100回に一度くらいです。また、【取り消されたアクション】ページが一瞬だけ表示されて、その後すぐに正しいページに表示が切り替わることも数回ありました。

メディアコンバータの電源入れなおしや、Webブラウザの初期化、インターネット一時ファイル・cookieの削除、履歴のクリア、セキュリティ・Webの設定のリセット、詳細設定を既定値に戻す、「ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定」でチェックをはずす・・・と一通りやってみましたがやはり時々同じ現象が見られます。

どうぞよろしくお願いします(推測でのお答えはご遠慮ください)。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/03 07:22:41
  • 終了:2006/04/09 06:29:15

回答(1件)

id:inagaki_hisato No.1

inagaki_hisato回答回数884ベストアンサー獲得回数02006/04/03 08:08:39

ポイント60pt

wxp:ネットワーク

不要サービスの停止

WindowsXPや2000ではDNSの情報をキャッシュしているのですが、その関係があるかもしれません。DNSのキャッシュをクリアーするとか、DNS検索のスピードが速いのであれば、DNSclientのサービスそのものを停止してしまっても良いと思います。

そもそも、WindowsXpなどでは直前に行ったDNS検索の結果をキャッシュして次回の検索のパフォーマンスをあげるということは、PCの能力が低いと普通にDNSを検索したほうが速かったりしますし、ご質問の場合、たとえばYahooなど分散型のシステム構成にして負荷制御しているサーバーにアクセスを繰り返すと、直前に検索したドメインとIPアドレスの関係が違っている可能性もあるので、DNS検索の結果をキャッシュする意味が無いうえに、ご質問のケースのように一瞬間違ったアドレスにアクセスしてしまう結果になります。

id:n85

お答えありがとうございます。いただいたお答えを参考にDNSclientのサービスを切って様子を見ています。【4/4 7:00追記 やはり同じような現象が断続的に見られました。原因は別のところにあるようです】

補足ですが、ADSLを利用していた先月までは、今回のような問題はたしか起きていませんでした。回線スピードが上がったことが、キャッシュされたDNS検索の結果を利用するのには逆効果になっているのでしょうか?

もうしばらく回答の受付をさせていただきます。よろしくお願いします。

2006/04/04 07:02:47

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません