南極にはオゾンホールがあって危険だと言われているのですが、南極でお仕事をしている人は紫外線対策をしてるのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/03 11:56:20
  • 終了:2006/04/10 12:00:04

回答(3件)

id:kosuke2005 No.2

kosuke2005回答回数1351ベストアンサー獲得回数72006/04/03 12:36:31

ポイント27pt

冬隊は、普通の紫外線対策以外、特別なことはやっていないのではないでしょうか。なにしろ、真冬の一ヶ月半はずっと真っ暗ですし。ただ、オゾンホールが発生する南極の春の10~11月の紫外線量は、太陽高度が同じ1~2月の2倍ほどあったりして、紫外線障害をうったえる隊員数も2倍近く増えることがあるようです。

 日中に南極で活動するには、UVカットのサングラスや日焼け止めクリームを使うそうです。βカロチンやビタミンEの摂取というのも、それなりに有効かと。

 (素材や色にもよりますが)シャツ1枚でも紫外線の90%以上、ストッキングでも50%以上をカットするそうですから、衣服に覆われてる部分は大丈夫でしょう。問題は曝露部分で、隊員の皮膚炎、雪目、口唇炎などの紫外線障害が30年で3~4倍ほど増えているようです。従来の方法では、増大する紫外線被害を抑えきれてない、ということでしょうか。

http://www.warbirds.jp/ansq/9/I2000436.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません