ヘッドフォンのジャックが緩いです。

ipodmini,ipod40GB,HD-25の組み合わせです。
ステレオミニプラグφ3.5の規格のはずなのですが、
ゼンハイザーのHD25は事務所でいくつか有るのですが(購入場所が違うのも試してます)
どうやら、Hd-25と言う製品自体が径が細い様です。
ipodminiの径もちょっと大きい気がします。
そこで質問です。
簡単に抜けにくくする方法はありますか?
逆にipodminiなどが径が大きいという不具合が報告されてますか?
ゼンハイザーへのクレームは考えてません。
ヨロシクオネガイイタシマス。

ポイント少ないので実体験された方、またはそのものずばりの答えのみお願い致します。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/06 21:06:31
  • 終了:2006/04/13 21:10:02

回答(2件)

id:mash260977 No.1

mash260977回答回数100ベストアンサー獲得回数22006/04/07 02:55:57

ポイント10pt

ジャックもプラグもJISのはめあい公差で定められているので、

メーカーを信用するなら公差内に入っているものが流通していると思います。

この場合はすきまばめなので穴が公差の最大径に近く軸が公差の最小径に近い場合、

最大0.05mmくらいの誤差があってもJIS規格上では許容されます。

(公差範囲がわからないので数値は正確ではありません)

ちなみに0.01mmでも人が指で触ってズレがあるのがわかります。

抜けにくくする方法としては、

1.金箔か銅箔を貼り付けてすきまをうめる

2.ジャックを交換する

3.ケースなどを改造して固定する

4.延長コード類を使う

くらいしか考え付きません。

1の場合、使用する銅箔などを入手することが困難です。

一般に市販されている銅材では0.1mmのものが標準品としてはもっとも薄く、

それ以下のものは受注生産品となっているので、

そのような材料を使う工場などに伝手がないと手には入らないでしょう。

秋葉原をくまなく探し回ればあるいは見つかるかもしれません。

また接続部の材質が変わるため、音質の劣化も考えられます。

(人間の可聴しうるレベルかどうかはわかりません)

2の場合は、はめあいがちょうどいいジャックを買って

現状のものと交換しますが、接合の方法が難しくなります。

音響機器の場合、導線の径・長さ・品質や接合方法などによって

インピーダンス(音質)を最適な状態にしているので、

素人の手作業でできる作業ではありません。

3はケースにクリップやテープなど

ジャックを押さえるようなものを取り付ける方法です。

見た目は悪いですがカバンなどに入れて使っているなら、

この方法でもよいかと思います。

4は以下のサイトにあります。

http://www.audio-technica.co.jp/products/mic/at8345.html

このほかミュージックプレーヤー用のリモコンなどで合うものを探してみるなど。

ただ片側しか合わないような気もします。

私なら3の方法か、あきらめて別のヘッドフォンを使います。

iPodの内径が気になるならテーパゲージかインサイドマイクロを使って内径を測定し、

Appleにステレオミニプラグの内径仕様を問い合わせればいいかと思います。

id:owl No.2

owl回答回数165ベストアンサー獲得回数152006/04/11 11:14:45

ポイント10pt

短いヘッドホン延長ケーブルで噛み合わせのよいものを探すとか、

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000E7N754/

アルミホイルを噛ませるとか、でしょうか。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません