サイエンス系ベンチャー企業で女性でサイエンスキャリアがある人がやっているベンチャーはどのくらいあるのでしょうか?(ベンチャーでなくてもいいですけど)

念頭においているのは、
医薬分子設計研究所の板井昭子さんです。
http://www.immd.co.jp/about.html
http://www.natureasia.com/japan/jobs/tokusyu/000427.php

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/07 16:21:07
  • 終了:2006/04/14 16:25:03

回答(1件)

id:nischiura2006 No.1

nischiura2006回答回数734ベストアンサー獲得回数42006/04/09 09:55:41

ポイント60pt

http://www.riken.jp/r-world/info/release/news/2001/sep/index...

こちらに日本発の女性化学者黒田チカさんの記述があります。

id:isogaya

情報ありがとうございます。でも、もとめているのは板井さんのように自分の業績に関連ある企業を経営に近いレベルで参加している一流のサイエンスキャリアの方なのです。

2006/04/09 10:06:29
  • id:nischiura2006
    質問の主旨と合致しない回答にもかかわらず高配当で驚くとともに恐縮しています。
  • id:match7
    板井先生は、元大学助教授(ただし寄附講座)でしたが、
    大学発ベンチャーという意味では、ほとんどの研究者は、
    代表取締役ではなく、単なる取締役止まりですね。
    (少なくとも、私の知ってる限りにおいては)

    探せば、中には自身が代表取締役という企業もあるとは思いますが、
    板井先生のところくらい成功しているところには無いような気がしますねえ……
    ちょっと探してみた感じでは、
    セルシードという会社の代表取締役は大学教授ですし、
    ロコモジェン、リンフォテック、エフェクター細胞研究所
    なんかもCEOは大学教授ですね。
    軽く探しただけでこれだけあるので、
    ことバイオ・医療分野だけでも、CEOが科学者というベンチャーは無数にあると思います。

    ただ、それらの中で、本当に板井先生並に経営の決定権を有している人は……
    (結局、板井先生のは科学と言えば科学だけど、同時にITでもあるから、研究と営業が比較的近いと思う。IT以外の分野ではそうはいかない。)

    他に、
    ベンチャーではあるが、製造業系ベンチャーではないところの経営者としては、
    科学者出身では、大滝義博氏を挙げておきたいと思います。
    大滝氏は、東北大学農学部卒業後、今は亡き野村総研の生物系研究所で基礎研究をしていました。
    野村総研とは言っても、アナリストなどではなく研究者です。
    そこからいろいろあって、今ではバイオフロンティアパートナーズという(バイオ系)ベンチャーキャピタルの代表をされています。
    製造業ではありませんが、
    科学者としての知識や人脈を生かし、ベンチャーの経営をされている、という条件では一致すると思います。

    板井先生という懐かしい御名前を拝見いたしましたので、
    質問は終わってはいますが、長い駄文を書かせていただきました。
  • id:nischiura2006
    過分なポイントに対してお礼の意味も含めてその後も探してるのですが「女性で」という点をクリアするのは難しいですね。男性なら総合医科学研究所など直ぐ念頭に浮かぶのですが。
  • id:match7
    ああ、しまった。女性で、と書いておられたのかー。
    総合医科学研究所の方は、確か阪大の助手時代に起業された方ですよね。
    このままじゃ、いわしとはいえ、クソ回答者なので、一生懸命探してみました。
    僕の専門であるバイオ・医薬系で1/3くらいのベンチャーを見てみたんだけど、
    引っかかったのは、プライム・デルタ株式会社という会社の、
    佐藤久美子氏くらいですねー。(ただし、資本金5万の会社…)
    http://www.primedelta.co.jp/

    考察してみるに、そもそもサイエンスキャリアの女性というのが少ないと思います。
    板井先生でさえ、正式な助教授になることさえ出来ず、寄附講座の助教授止まりです。
    結局、板井先生のいた学部では、今も、助教授以上に女性でなった方はいません。
    (助手まではガンガン女性を登用して、全体としての数はそれなりに合わせてくるんですけどね)

    まあ、これは単に男女差別ってだけじゃなく、
    例えば、博士卒業者でも、男の方が随分多いので、仕方ない側面もあるとは思いますが。

    もちろん、サイエンスキャリアには、企業出身というのもありえるとは思いますが、
    企業でのバリバリの女性研究者(独立した研究者、技術者ではない)
    というのは、大学より更に少ない感じですよね。
    それこそ、サキコーポのように、出来る女性は、
    研究者よりもコンサルタントとかを志望することが多い気がします。
    (その辺が、単なる男女問題だけじゃなくて、男性と女性の嗜好の差も大きい気がします)

    サイエンスキャリアを有している人の中でも、起業するのは難しいのに、
    大学教授(時には総医科研の方のように助手出身もいますが)になっている女性は非常に少なく、いやほとんど居ないと言っても過言ではなく、
    企業では更に女性研究者(技術者じゃなく)が相対的に少ないのも加味すると、
    少なくとも、(僕の専門とする)バイオ・医薬系ベンチャーでは、女性CEOはほとんどいないと推測されます。
    (多分、全体を調べても、もう一人見つかるかどうかくらいだと思います)

    そもそも、板井先生だって、正規の助教授になれなかったから、
    嫌々ながら、どちらかというとドロップアウトの道として起業をしたわけで、
    「研究結果を生かしてがんばろう!」
    と完全に前向きに起業したわけではありません。
    大学教授になるほどの人にとっては、起業よりも研究の方が価値が高いので、
    板井先生でも、正規の助教授、そして教授になっていたら、あの会社は無かったと思います。
    同じように、もしバリバリ研究志望の、学者女性がいても、
    (男のように、何となく研究者になった要素が少ない分だけ、男よりも余計に)
    研究にこだわる姿勢が強くて、起業なんてしないんじゃないのかな?と思います。
    起業とかにも興味があるような女性なら、
    前にも書きましたが、サキさんのようにコンサルタントとかを志望します。

    以上、私見でした。
    (この日記、板井先生の目に留まったりしないよなー。
    誰かは分からない(そこまで面識ない)けど、見られたくないなー)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません