アメリカの未来…現在、計画中の技術や施設・近いうちに実現化しそうな商品等に関する情報を探しています。 「へぇ~」というような未来情報、教えて下さい!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/04/08 15:24:51
  • 終了:2006/04/11 18:34:21

回答(6件)

id:hanamiyabi No.1

hanamiyabi回答回数2359ベストアンサー獲得回数12006/04/08 15:42:49

ポイント19pt

http://iss.sfo.jaxa.jp/iss/doc01.html

http://iss.sfo.jaxa.jp/iss/doc08.html

国際宇宙ステーションの建設。

世界各国が参加していますが、アメリカが総合的なまとめ役を担当していて、2010年に完成予定です。

id:impetigo No.2

impetigo回答回数2545ベストアンサー獲得回数82006/04/08 16:46:14

ポイント19pt

http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20010312203.htm...

 迷彩服ですが、もっと将来は「カメレオン」の様に自在に色を変化させる事も可能との事。

id:KASU44 No.4

ライ_タソ回答回数282ベストアンサー獲得回数12006/04/08 23:19:48

ポイント18pt

新しいページ 1

DDX級。

主砲155mmAGS砲は、GPS誘導で砲弾を誘導し、射程が181KM!さっすがアメリカ海軍。

F-35 (戦闘機) - Wikipedia

F35。統合戦闘機。ステルス性を持つ



まあ、個人が手に入れるもんではないですけどね。

id:yunnyunn No.5

yunnyunn回答回数1ベストアンサー獲得回数02006/04/09 04:18:19

ポイント18pt

以前あるテレビ番組で見たことなのですが・・・

バミューダ海域上空で飛行機が突然消えるという事件が起きていることをご存じですか?

あるパイロットは、この海域上空を飛行途中、突然雲が自分を中心に円を描くように発生したそうです。

地上と連絡をとったところ、バミューダ海域上空は極めて視界がよく、特に問題ないと言われ、パイロットがおかしいなと思っていると、地上との連絡が出来なくなってしまいました。

なんとか雲の輪の出口を見つけ、雲と雲のトンネルの中へ入りました。

トンネルの中へ入ると、飛行機が激しく揺れました。

トンネルを抜けると、目的地だった航空が見え、なんとか無事到着しました。

陸に降りて空港の時計をみて、パイロットは驚きました。

どんなに急いでも40分以上はかかる飛行距離であったにもかかわらず、離陸してから20分たらずで目的地に着いていたのです。

これに似た事例は多く存在しているそうです。

例えば、このパイロットと同じような体験をした者。

また、それ以外には、飛行機ごと消失した者もいるそうです。

その原因は現代の科学ではわからないけれど、そのパイロットが通った雲のトンネルは、磁気を帯びていたため、飛行機が激しく揺れた。そして、その強い磁気により、時空にずれが生じ、バミューダ海域上空をまるで瞬間移動したかのような現象が起きたのだろうと科学者たちは言います。

科学的根拠とかは、私には難しすぎてうまく説明できないのですが(>_<;ごめんなさい)実際、あり得るそうなんです。

(また、この説が本当なら、飛行機ごと消失した者は、この時空にもどってくることができず、今もなお異次元にいるという可能性が高いそうです。)

これを、将来うまくコントロールすることが可能になれば、異次元・異空間、また、過去や未来の世界に移動することができるそうです。

どうでしょうか・・お役に立てましたか??

これは、本当に私が知っている中でもっとも不思議で、将来につながる話題だと思います!

もし、すでにご存じでしたら、申し訳ありません;

よろしければ、下記URLで詳しい内容をご覧くださいね。

http://www.crc-japan.com/research/bamuda/

id:OIDO No.6

OIDO回答回数24ベストアンサー獲得回数02006/04/09 21:32:30

ポイント18pt

光学迷彩

http://projects.star.t.u-tokyo.ac.jp/projects/MEDIA/xv/oc-j....

詳しい仕組みなぞは上のURLをご覧下さい。

メタルギアソリッドなどのゲームにも出てきてたりして、結構ご存知の方も多いかと。

静止状態のモノに対しては既に実用化の域に達しているようです。

(下のURL)

http://kkeita5129.blog8.fc2.com/blog-entry-286.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません