適度なフラストレーションが学習意欲を高めるという研究があるかどうか探しています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/14 08:27:28
  • 終了:2006/04/21 08:30:02

回答(1件)

id:tnomizo No.1

tnomizo回答回数44ベストアンサー獲得回数12006/04/20 13:37:07

ポイント60pt

http://f9.aaa.livedoor.jp/~shirai/orekisin.htm

オレキシンは視床下部から分泌される神経伝達物質で、1998年に日本人の柳沢正史(テキサス大学サウスウェスタン医学センター教授)によって発見されました。

現在はナルコレプシー (睡眠障害)などの治療に利用されていますが、要するに「お腹がすくと目が覚める」「お腹がいっぱいになると眠くなる」という人間の覚醒のコントロールを司っています。

つまり、お腹がすくと覚醒レベルが高くなり、諸行動においてのモティベーションがあがるということが、科学的に研究されています。柳沢オーファン研究室でも、「少しお腹がすいた状態」のほうが集中力が上がりより効率的に作業(この質問で言う「学習」)ができるという結果が出ているようです。

お腹がすく=フラストレーションのひとつ、と考えるとこんなのもありかなと思うのですが。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません