タイピングスキルについて、我流の是非を問います。



私は我流でタイピングを覚えたクチですので、どの指でどのキーを打つかは全然正確じゃありません。
正確なタイピングを身につけようと取り組んだりもしていますが、
もう癖になっているので練習がもどかしく長続きしません。
今のままでもブラインドタッチはある程度できますし、
インターネット上のお試し検定では1級合格水準に達しているとの結果が出ました。
正直な話、別にこのままでもいいかなぁと思っています。
しかし、大学の教官は我流はダメだと言い切ります。


皆さんは、どう思われますか?
今の癖を苦労して矯正してまで正確なタイピングを覚えたほうがいいと思いますか?
また、経験談や豆知識などありましたらお願いします。
例えば、正確なタッチタイピングでないと目や肩に疲労がたまるとか。


いわしを見やすくするために、
私が作成したツリーへの書き込みをお願いします。
こまめに返事を書き込んでポイントを差し上げるつもりですので、よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2006/04/15 05:37:21
  • 終了:2006/04/22 05:40:03

回答(62件)

<前のツリー | すべて
その他、何かありましたらこちらにどうぞ。 nodokaynihs2006/04/15 05:41:33

新しくツリーを立ててもらっても構いません。

正確なタッチタイピングって何? S0R52006/04/15 18:54:05ポイント4pt

#どこにぶら下げるか迷いましたが、こちらに書くことにします。

そもそもの問題として、どうやってタイピングするのが正しいか、どこかで規定されているのでしょうか。

デスクトップPC用のキーボードのように、どの機種もほとんど同じキー配列のものならともかく、ノートPCだとCTRLキー等の位置が機種によって結構まちまちだと思うので、どのキーをどの指で押す等は、規定のしようがないと思っています。

また、打鍵するときに手を浮かせるか浮かせないかも、人によって楽な姿勢が違いますし。

なので、結局のところみんな我流になってしまうのではないかと思います。

ご指摘通り。 nodokaynihs2006/04/15 23:18:58

まさしくご指摘の通りですね。


私の意味する「正確なタイピング」とは、

タイピング練習ソフトなどで指示される指の使い方のことです。

その練習ソフトがどの機種のPCを前提に作られているのかは知りません。。

そうそう早さも大事だけど fmht72006/04/15 21:53:07ポイント2pt

いかに体に負担をかけずに楽に打ち続けられるがが大事だと思う。

定石にそってタイプすると早くて無理がない理屈に裏づけされているか少々疑問。

そういう研究とかとこかにないのかな?

他にも早い方法はあると思います。例えば、 nodokaynihs2006/04/15 23:30:18

「じゅ」と打つ時

人差し指で連続して J と U を打つよりも

U を打つ時には中指を使ったほうが絶対早いです。(私の場合)



どういう経緯で今のいわゆる“正確な”タッチタイプが確立したのか

ちょっと気になりますね。

求めるものによって、、 take4xp2006/04/15 16:12:26ポイント2pt

我流について、ブライドタッチは基本が大事です。

画面を見ながら、ブランドタッチするのが基本ですが、

ローマ字入力には、ブラインドタッチが有効だと思いますが、、。

基本にしばられる仕事をするのならば、の話です。また、有効無効の話をするならば、我流でも十分でしょう。

私流に言えば、画面を見ないで、キーボードばかりをみて入力をおこないます。

目が疲れにくそうなのでしています。

キーボードをみているだけで、自分の打っている文書を頭の中で構成していきます。

基本形の入力しかできませんが、現在の入力方法には、再変換の機能がついているので、殆ど不自由に感じません。

こんなことができるのは特技になると思いますが、如何でしょうか?

また、文章は再考したり、見直しすることでよりよくなるので、

と考えています。

求める姿が、正しければ何でも良いのではと思います。

ブラインド、我流、どちらも結果は同じです。

出す結果が、相手に伝わるのだから、、、

辞書でしらべました。

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%AC%A4%EA%A4%E5%A4%A...

我流の意味です。

その方法もアリですね。 nodokaynihs2006/04/15 23:13:36

再変換と文章の推敲を同時に行えるわけですね。

確かに目が疲れにくそうな感じがします。


皆さんに共通する意見ですが、要は

自分なりに一番よい方法を確立するのが良いってことですね。

ブラインドタッチ習得法 owl2006/04/15 07:21:48ポイント8pt

キーボードの上にボール紙などで、高さ5~10cm程度の囲いをつけ、手許が見えない状態でしばらくキー入力を続けていれば、現状のキー入力の癖そのままで完全なブラインドタッチに移行することができます。これは実際、いくつかの PC トレーニングの現場で実践されている方法だそうです。

 

知り合いは、「真っ暗なところでパソコンやってたら自然にブラインドタッチになっちゃったよ」と言ってました。

タッチタイプ/タッチタイピング keii-i2006/04/15 12:51:45ポイント3pt

まったくもって余計な事で申し訳ないのですが

キーボードに視線を送らないで入力する手法は

「タッチタイプ」とか「タッチタイピング」と呼んだほうが

諸般の問題を避けられると思います。

ご指摘ありがとうございます。 nodokaynihs2006/04/15 23:09:36

ご指摘のおかげで、語句の認識が不十分であったと自覚しました。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%d6%a5%e9%a5%a4%a5%f3%a5%c9...

私も owl2006/04/16 07:43:11ポイント1pt

以降気をつけます。

私の習得法 Sprint2006/04/15 09:07:20ポイント4pt

私の場合はフリーソフトの練習ソフトを使いました。

このソフトはいまは無くなってしまったみたいなのですが

画面の下に指が出てどの指でどのキーを押すのか表示して

くれるものでした。

順番にひたすらA-B-Cと押し続け、打ったらホームポジションに手を戻す、という訓練をしばらくやりました。

実際に仕事で打ったりしても、どの指で押したらいいのかわからなくなると

再びこのソフトで練習をしました。

私の経験ではホームポジションにちゃんと指を置く癖をつければ

自然と打つ早さは早くなります。

これは慣れの問題です。

そしてホームポジションに手を置くようになると、自然に小指など、我流ではなかなか使わない指まで使うようになります。

これが美しいタッチとスピードにつながると信じています(笑)

現在のタッチタイピング練習ソフトの多くは、速度重視の

我流育成ソフトみたくなっているような気がします。

早く打つより正確に打つことを大事にすればどんどん打つのは

早くなります。

毎日間違った練習をするより正しい練習をしたほうが良いにきまっています。

頑張ってください!

アルファベット順に打つ練習は良さそうです。 nodokaynihs2006/04/15 23:05:29

早く打つより正確にというのは、分かっているのですが

どうも根気と辛抱が足りないようで長続きしないのです^^;


練習法として、日本語を打つのではなくアルファベット順に打つのは

英文を入力する際に効果を発揮しそうです。

取り組んでみようかな。

ABC 順に飽きたら owl2006/04/16 07:34:43ポイント2pt

"The quick brown fox jumped over the lazy dog."

こんなのはいかがでしょう?

26個全部入っている有名な文です。

おもしろい!!!! nodokaynihs2006/04/16 23:07:56

恥ずかしながら存じませんでした。

これはいいですね。

おまけの余談になりますが owl2006/04/15 07:55:11ポイント3pt

「M式」というキーボードを御存知ですか?

NEC のワードプロセッサ「文豪」シリーズにラインナップされていたキーボードのひとつで、ローマ字仮名変換の日本語入力のみに特化したキーボードです。

「TRONキーボード」のように、キーがハの字型に配列されています。

とある私の知人はトランスクリプタ(議事録などの書き起こし)をやっておりましたが、そのキーボードを使用して、主婦のサイドビジネスとは思えない超高速入力を実現していました。

ただし日本語入力のみ。

その人はそれ以外やったことがないので、標準的なキーボードでは一切入力できません。つまり、普通のパソコンは使えません。「M式」には、標準の入力ガイド以外「教則本」のようなものは存在しません。いわば、アーキテクチャに支配された「究極の我流」みたいなものです。それでもその人はトランスクリプタとして 20年ほどのあいだ、立派にひとり立ちしていました。

世間の標準から外れていて潰しが全く効かないようなものも、脇目もふらず突き詰めてしまえば、問題はないということのように思ったのですが、いかがでしょうか。

初めて知りました。 nodokaynihs2006/04/15 23:00:48

囲いをつけてブラインドタッチを身につける方法も、

M式も、TRONキーボードも知りませんでした。

ご紹介ありがとうございます。

他の方もおっしゃってますが、

自分流のやり方を確立すれば問題はないということですね。

入力方式は進化していますし owl2006/04/16 08:42:15ポイント2pt

参考の参考までに

TRONキーボード(坂村研究室:BTRONサブプロジェクト)

http://www.sakamura-lab.org/TRON/proj95/BTRON.html

M式(森田式)

http://121ware.com/apinfo1/content/mworld/

 

M式は残念ながら廃れました。日本語のシームレスな入力に一部の定評のある親指シフトもこれ以上メジャーな存在にはなりそうもないですが、TRONキーボードは復活の噂もあります。10年後、QWERTY配列以外が流行する可能性も充分あるわけです。

「21世紀にはキーボードなんか使っている人いないよ」なんて、本気で言っていた人もいます。

携帯電話の「拝み打ち」なんて設計者は頭の片隅にもなかったでしょうが、最小のキー数で日本語を高速に入力する意外と理に適った方法です。

まだ思考が柔軟な若いうちに、凝り固まらずいろいろなものに触れてみるのもいいかもしれませんね。

ご紹介ありがとうございました nodokaynihs2006/04/16 23:06:40

携帯メールは拝み打ちって言うんですねー。

そう言われれば拝んでいるような姿勢にも見えます。

<前のツリー | すべて

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません