「WEBサイトを訪れたユーザーは、3秒でそのサイトを見るか見ないか決めてしまう」

みたいな記事を昔どこかで見た気がします。
そのあたりの記事を知っている方、教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/16 14:58:05
  • 終了:2006/04/21 22:57:25

回答(8件)

id:inosisibeyan No.1

inosisibeyan回答回数211ベストアンサー獲得回数02006/04/16 15:00:37

ポイント17pt

http://slashdot.jp/askslashdot/article.pl?sid=06/04/14/03462...

現在上がっているニュースですが、同様の事を言っております。

id:you-01

さっそくの回答ありがとうございます。

今回の質問は検索エンジンに関する事ではないのですが、参考になりました。

2006/04/16 15:21:09
id:konoha788 No.2

konoha788回答回数391ベストアンサー獲得回数22006/04/16 15:22:42

ポイント17pt

http://portal-navi.com/book-accessup/index.html

著書でしたら、この黄色の本に

私も持ってます。

id:you-01

なるほど。書籍の中のものでしたか。

WEB上にもそのような記事があっても良いかと思いますが、もう少し探してみます。

2006/04/17 12:45:43
id:aiaina No.4

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/04/16 16:10:40

ポイント14pt

こちらどうでしょう?

http://e-words.jp/w/8E7A792E383ABE383BCE383AB.html

今では大分回線も早くなったので、1秒ルールもあると本で読みました。

id:tmasao No.5

tmasao回答回数77ベストアンサー獲得回数202006/04/16 16:14:36

ポイント16pt

8秒ルールとは 【8 seconds rule】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典によれば、Web制作業界では「インターネット上のWebページはユーザがそのURLを訪れてから8秒以内に表示されなければなら」ず、さもないとユーザが立ち去ってしまうといった経験則がささやかれていたようです。

これが近年の回線高速化で3秒などになっている場合もあるとのことです。

根底には、著名なWebユーザビリティで著名なニールセンによるAlertbox: 求められるスピード(1997年3月1日)にあるような:

人間工学の調査からも、やはり反応時間は1秒以上の速さが求められることがわかっている。例えば、1970年代と1980年代にIBMが行った調査では、ファンクションキーを押して反応が返ってくるまでの時間が1秒未満になったとき、メインフレーム・ユーザの生産性が向上することがわかっている。

残念ながら、近いうちにウェブ上で1秒以下の反応時間が実現する見込みはない。となると、ユーザは、この先もダウンロードの遅さに悩まされることになるだろう。したがって、当面の反応時間の目標としては、ユーザのページのダウンロードが遅くとも10秒以内に終わることを目指すべきだ

といった考え方なのでしょう。

id:sudayosiaki No.6

sudayosiaki回答回数204ベストアンサー獲得回数62006/04/16 16:28:32

ポイント19pt

ちょっと違うと思いますが。

http://www.ooiri.net/7point/point/2.html

関連記事で0.05秒です。1月24日。

http://www.ooiri.net/7point/point/2.html

ロイタージャパンとの契約は30日で削除されるそうです。

id:you-01

ありがとうございます。

活用させていただきます。

2006/04/21 22:54:10
id:shinm No.7

shinm回答回数13ベストアンサー獲得回数02006/04/16 19:12:25

ポイント19pt

3秒ルール、5秒ルールといわれているものですよね。

http://e-words.jp/w/8E7A792E383ABE383BCE383AB.html

http://www.ooiri.net/7point/point/2.html

トップページを3秒以内でページを表示して、ユーザに概要を理解させないと我慢できずに別ページへ飛んでしまうという意味だったと思います。

記憶が定かではないのですが、ページの本文を表示するまでに3秒

また、全体を表示するまでにもX秒といった指標があったと思います。

大手サイトではトップページの表示を早くするようにデータ量などの管理をされているようです。

相手回線を考えた上で表示時間を想定し、わかりやすいページを作りましょうというイメージです。

id:you-01

参考になります。

ありがとうございました。

2006/04/21 22:55:40
id:taizou_tigers No.8

taizou_tigers回答回数166ベストアンサー獲得回数02006/04/16 19:19:41

ポイント16pt

http://hp.xrea.jp/s/u/4.html

の通りです。

HTML小技集http://hp.xrea.jp/の「ウザイページ」の一例にあったのを覚えています。

ここでは、10秒ほどであきらめるとありました。


また、

http://www.hp-tukuru.net/topic/knowledge/05.html

ここに、ホームページの基礎知識として紹介されています。


http://www.k3.dion.ne.jp/~review/teku.html

言葉として、3秒ルールというものが昔あったそうなので。こちら


http://www.nippon-1.net/web/202.html

こちらの重いページの紹介で、"トップ画面が表示されるのに待つ時間は8秒まで"

とあります。やはりこの秒数は色々あるみたいです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません