「梁山伯と祝英台」の物語は、もともといつの時代の何という話が出典なのでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/18 08:21:09
  • 終了:2006/04/19 00:18:30

ベストアンサー

id:Guadagnini No.3

Guadagnini回答回数128ベストアンサー獲得回数42006/04/18 21:46:50

ポイント50pt

二度目の回答、お許し下さい。また、一度目の回答はご質問の意図を大きく外したもので、大変失礼致しました。

梁祝に関する解説を見つけました。おそらく上海同済大学文化批評研究所の朱大可先生ご本人のブログと思われます。コメントにも「朱老師」という言葉がみえます。

http://blog.sina.com.cn/u/47147e9e010000li

これによると、唐時代の「十道志」と「宣室志」に簡略ではあるが大筋としては現在知られている梁祝が形成されている、とあります。このブログにもやはり、梁祝は東晋時代の話である旨、記載があります。

なお、中国語が読みづらい場合はこちらがお役に立つと思います。

http://www.excite.co.jp/world/chinese/

以上、一度目の回答の失礼をお許し頂ける内容であれば光栄です。

id:matsunaga

これはいい資料ですね。物語の舞台は東晋、物語としてまとまった形でみられる最古のものが唐代ということがわかったので、これで完璧です。

実は台湾のS.H.E.の「茱羅記」という歌の中で「羅密歐就是梁山伯 祝英台就是茱麗葉」という歌詞があり、もし梁祝の物語が新しいものならシェークスピアを翻案した可能性もあるな、と思って今回の質問をしてみた次第です。しかし、唐代ということですので、シェークスピアより遙かに古く、東と西で似たような悲恋物語がそれぞれ独自に発展したという結論でよさそうですね(シェークスピアが梁祝の物語を知っていたというのでない限り)。

2006/04/19 00:16:29

その他の回答(2件)

id:stnet No.1

stnet回答回数804ベストアンサー獲得回数342006/04/18 08:56:03

ポイント40pt

http://japanese.ningbo.gov.cn/art/2005/09/29/art_260_793.htm...

東晋の時代に実際にあったことを元にしているようですね

http://www.tourzj.jp/2005news.html

id:matsunaga

ここに載っている『寧波府誌』、『鄞県誌』、『四明図経』、『十道四蕃志』あたりに原型がありそうですね

2006/04/18 09:33:55
id:Guadagnini No.2

Guadagnini回答回数128ベストアンサー獲得回数42006/04/18 09:30:22

ポイント5pt

『梁山伯与祝英台』(以下、梁祝と略)

http://www.tourzj.jp/2005news.html

梁祝は、東晋時代、つまり今から1600年ほど前の中国の話、といわれています。『白蛇伝』、『孟姜女』、『彦星と織姫』と並んで中国四大民間伝説といわれています。

http://www.xitong.net/hztour/jinbun.html

舞台となった浙江省の省都、杭州はもともと中国一の学府であり、「修学の杭州」と呼ばれていたそうです。

http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200512/teji-1.htm

なお、中国初のカラー映画が梁祝だったほど、梁祝のお話は中国(大陸)人なら誰でも知っているものです。梁祝をモチーフにした同名の非常に古い曲もありますが、この曲は今も中国(大陸)に行けば必ず一度はどこかで耳にするチャンスがある、非常に有名な曲です。WW2以降この曲はバイオリン協奏曲として編曲されたため、英訳のタイトルButterfly Loversという名のほうが有名かも知れません。そのくらい中国(大陸)人にとってはポピュラーな話です。

The Butterfly Lovers

The Butterfly Lovers

  • 出版社/メーカー: Naxos
  • 発売日: 1998-07-28
  • メディア: CD

以上、何かのお役に立てれば幸いです。

id:matsunaga

東晋以外の情報については知っていたので、これがどれくらい古い由来のあるものかと思ったのです。

少なくともロミオとジュリエットよりははるかに古いようですね。

2006/04/18 11:22:50
id:Guadagnini No.3

Guadagnini回答回数128ベストアンサー獲得回数42006/04/18 21:46:50ここでベストアンサー

ポイント50pt

二度目の回答、お許し下さい。また、一度目の回答はご質問の意図を大きく外したもので、大変失礼致しました。

梁祝に関する解説を見つけました。おそらく上海同済大学文化批評研究所の朱大可先生ご本人のブログと思われます。コメントにも「朱老師」という言葉がみえます。

http://blog.sina.com.cn/u/47147e9e010000li

これによると、唐時代の「十道志」と「宣室志」に簡略ではあるが大筋としては現在知られている梁祝が形成されている、とあります。このブログにもやはり、梁祝は東晋時代の話である旨、記載があります。

なお、中国語が読みづらい場合はこちらがお役に立つと思います。

http://www.excite.co.jp/world/chinese/

以上、一度目の回答の失礼をお許し頂ける内容であれば光栄です。

id:matsunaga

これはいい資料ですね。物語の舞台は東晋、物語としてまとまった形でみられる最古のものが唐代ということがわかったので、これで完璧です。

実は台湾のS.H.E.の「茱羅記」という歌の中で「羅密歐就是梁山伯 祝英台就是茱麗葉」という歌詞があり、もし梁祝の物語が新しいものならシェークスピアを翻案した可能性もあるな、と思って今回の質問をしてみた次第です。しかし、唐代ということですので、シェークスピアより遙かに古く、東と西で似たような悲恋物語がそれぞれ独自に発展したという結論でよさそうですね(シェークスピアが梁祝の物語を知っていたというのでない限り)。

2006/04/19 00:16:29

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません