通信回線(インターネットVPN・IP-VPN)の資料

・条件
最低帯域保障の有無の表記(10Mの保障があるもの)
イニシャルコストとランニングコストがわかること
その他品目(どんなサービスがあるのか)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/18 10:16:31
  • 終了:2006/04/25 10:20:03

回答(1件)

id:alfa156ts No.1

alfa156ts回答回数53ベストアンサー獲得回数02006/04/18 23:08:35

ポイント60pt

http://www.ntt-vpn.com/ip-vpn/fee/access/ether_1.html

このように帯域をえらべます。

しかし、VPNは閉域網を使用したとしても、完全なPrivateNetworkではないため、そもそも帯域を保証するサービスではありません。

帯域保証をお求めならVPNではなく専用線しか選択肢がありませんよ。

それでもVPNを選ばれると言うのであれば、NTTコミュニケーションズのような大きなキャリアであれば、常にQoSをコントロールしており、顧客数も多いため、トラフィックの揺らぎも統計的に少ないはずです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません