メールマガジンの発行をしている方にお尋ねしたいのですが、

情報発信の場をメールマガジンからBlogへ移行しない理由を教えてください。

できれば順位を決めて
1位~3位ぐらいまで教えて頂けるとありがたいです。

ぶっちゃけたところも含めて
よろしくお願い致します。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/21 10:06:35
  • 終了:2006/04/28 02:19:26

回答(5件)

id:Jamlittle No.1

Jamlittle回答回数107ベストアンサー獲得回数12006/04/21 12:39:40

ポイント15pt

個人と法人ではその目的が違いますが、ブログとメルマガその作用が全く異なります。

発信者からみて、メルマガは能動的、ブログは受動的です。

どうしても特定の人に伝えたい内容、または急ぎの内容は、半ば強制的に発信されるDM的メルマガでないとダメでしょう。

ホームページの簡易版であるブログには、その代わりはできないと思います。

看板とDMの違いに似ています。


http://www.nipponkensaku.com/(ダミー)

id:uchisuke

なるほどです。 

RSSリーダー等でプッシュ型の配信ができるとしても、

まだその時代ではないという感じでしょうか。

ありがとうございます。

2006/04/21 16:08:12
id:worstman No.2

最低人間回答回数121ベストアンサー獲得回数62006/04/21 12:59:29

ポイント40pt

3位 携帯に転送して読んでいる人が多い

 携帯でブログ読めるじゃないかという突っ込みは無しで。まだフルブラウザ搭載の携帯持っている人も全体的には少ないですし。Blog側を携帯ブラウザ対応にしないといけないし。

2位 RSSリーダーを使っている人が少ない

 わざわざブラウザを起動して毎日チェックするよりRSSチェックしていた方が楽なのは周知の事実ですが、RSSリーダーを未だに使っていない人は結構いるわけで。メーラー起動するだけでいいわけですし。

1位 長くやっていること

 2位3位に深く関わることですが、古くから発行していると、古参の方が結構いるわけです。そういう方に対して「明日からRSSリーダー使ってください、フルブラウザ搭載の携帯に変えてください、とは言いにくいわけで。

番外 そうは言いつつもBlogも3年近くやっているわけで(ぉ

id:uchisuke

ものすごく判りやすいです。

やはりそうですよね。

携帯の件はあまり考えていませんでした。

ありがとうございます。

2006/04/21 16:09:35
id:sperion No.3

sperion回答回数49ベストアンサー獲得回数22006/04/21 13:48:15

ポイント30pt

1.内容が濃く、頻繁に発表するとネタ切れになる。

2.誰かが「コメント」を書いたら、きちんと返事を書かないと再び訪問してもらえなくなりそうで、その対応が面倒そう。

3.「コメント」に批判や悪口、下らない宣伝を書き込まれると、その対応が面倒。

4.「これは読んで欲しい」という内容をバックナンバーにまとめるのは、ブログよりメールマガジンの方が簡単そう。

5.’96年からホームページを作り、’98年からメールマガジンを発行しているので、その辺の操作はなれているが、「ブログ」という新しい事をする為に操作を理解するのが面倒。(これが最大の理由だったりして・・・)

こうすれば儲かる外国為替保証金取引

http://resort.fc2web.com/jump/gaika/

id:uchisuke

なるほど。 ネタ切れ・・・判りますw。

フィードバックの口があるのも良し悪しというところでしょうか。

個人的にはオープンにするには勇気がいる、みたいなのもありますが、

他にもおありでしたらよろしくお願い致します!

2006/04/21 16:12:29
id:mint-chocolate No.4

mint-chocolate回答回数3ベストアンサー獲得回数02006/04/22 08:39:10

ポイント30pt

ブログもメルマガも両方やってます。


自分がメルマガをやめない理由ですが、

「1.マガジンに何人が登録しているのか、というのはブログでのカウンタの回転数とは違う重さがあるから」です。

バックナンバーなどを参考に、自分が読みたい!と思ったものしか、読者は読まないです。

また登録しても面白くなくなったら解除されてしまうわけで、

自分が発信している情報が読者にどう取られているのかわかってしまいます。

ブログやサイトの、たまたまリンクで辿り着いて、など

中身を見る見ないの関係無い数字も含まれるものとは違うと感じています。

またブログではどの記事が読まれたかはわかりません。

メルマガでは配信ごとに数字がわかるのでそこが便利だと思います。


欲しい情報だけを選べるので、

「2.読み手としても毎回沢山の情報の中から目的のものを探す必要が無い」のが良いです。

必要なものなら黙ってても入ってきてほしいです。

だから発行者も必要な情報を積極的に出そうと努力します。

そうしないと読者が離れてしまいますし…


ブログの利点はその逆で、

読者数を気にしなくて済みますから気楽ですし、

情報を探す過程で色々なものに出会う面白さもあります。

メルマガは、地味でも無いと困る近所のスーパーで、

ブログはウインドウショッピングが楽しいデパート、

のような感じで私は捉えています…喩えが微妙ですが。

発行者が積極的なのがメルマガ、

読者が積極的なのがブログと捉えています。

id:uchisuke

なるほど。参考になります。

やはり発信のスタンスが異なりますよね。

ありがとうございます。

2006/04/22 09:46:06
id:worstman No.5

最低人間回答回数121ベストアンサー獲得回数62006/04/26 14:22:57

書き忘れなのでポイントはいりません。

一応、発行しているメールマガジンをそのままRSSにしたものも用意しています。メールマガジンの配信の中に専用サーバへの配信メールアドレスを入れておいて、サーバ側でメールの内容をRSSに変換しています。

時代の流れにも一応乗っておかないとね(ぇ

id:uchisuke

なるほど!すばらしい!

OSに標準搭載になったりすると、

流れって簡単にそっち行きますからねぇ・・・。

ありがとうございます。

2006/04/26 19:43:17

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません