「amazonのレビュアーたちのモチベーションは何ですか?」


購入意思決定の際に結構頼りにしているamazonのレビュー。
「ベスト○レビュアー」の方々は、大量の本を読み、レビューを上げていますよね。ですが、彼らがレビューを書く動機って、何なんでしょうか?

レビューを書く、他のユーザーから「参考になった」と評価をもらう、それだけではアフィリエイト収入は入らないようですし、何を目的に、何を糧に、彼らは書評を書いているのでしょう?

ご回答は推測でも結構ですが、妥当ではないと思われる回答にはポイントを差し上げられませんので、どうかあしからず。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/21 15:59:31
  • 終了:2006/04/25 12:54:53

回答(10件)

id:xxdaiadxx No.1

xxdaiadxx回答回数45ベストアンサー獲得回数22006/04/21 16:06:12

ポイント30pt

http://www.shijo24.com/000225.php

このページの

<購入後は逆にレコメンドしたくなる顧客心理について>

などにもあるように、単純に人間の心理的な問題じゃないでしょうか?

自分が見いだした価値を(勧める対象は、マイナーなモノの方が好ましい)

他人にも認めてもらいたい、というな心理はごく一般的にあると思います。

(もちろんマイナスの価値も含みます)

id:after_harmelin

> 自分が見いだした価値を(勧める対象は、マイナーなモノの方が好ましい)

> 他人にも認めてもらいたい

ほっほぉ~。

そういう心理、あるかもしれませんね。

自分自身に置き換えても、マイナー好きとして、確かに本に限らず自分で面白いものを開拓し、ある種の「優越感」を持って他人に奨めるのが好きかもしれません・・・。

ご紹介いただいたサイト、該当箇所に限らず、面白い内容でいっぱいですね。

ではお礼ポイントは後ほど・・・。

2006/04/21 20:32:03
id:sibazyun No.2

sibazyun回答回数1759ベストアンサー獲得回数2372006/04/21 16:17:09

ポイント20pt

回答は「ベスト」ではないレビュワーについてでもよいのですね。

http://d.hatena.ne.jp/sibazyun/20060308/1141828246 ・・・自分が書かないと、他にレビューを書く人がいないから。

id:after_harmelin

「ベスト」ではないレビュアーでもOKです。

引用と説明、ちょっと言葉足らずの印象もありますが、LINUXやwikiやはてなキーワードのように、社会参加、共創の欲求なり使命感なりを満たしている、という意味でしょうかね。確かにそれもあるのでしょう。

ついでに「参考になった」ボタンを誰かに、ましてや複数の人に押してもらった暁には、とても嬉しいんでしょうね(逆に「参考にならなかった」ばかり押されると、へこむかな?)。

2006/04/24 03:06:46
id:pxb12663 No.3

pxb12663回答回数395ベストアンサー獲得回数142006/04/21 16:23:55

ポイント20pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/cm/top-reviewers-list...

ベストレビュアーという項目があります。

上位者にはID名の下に「No.*レビュアー」というタグが常に付きますので、単なる名誉ではないでしょうか。

自己顕示欲が彼らをそうさせるのでしょうね。

id:after_harmelin

ええ、この項目が好きで、結構よく見てるんですよ。

リコメンドの内容よりも、ランキングの推移を(笑)。ランキング上位の人は、amazon内で評論家として一流の肩書きを勝ち取ってるわけですから、悪い気分はしないでしょうね。「アマチュアの美学」のように、タイトル獲得に何の実入りも伴わないからこそ、美しく、かけがえのないものになってるのかもしれませんね。

それにしても、ベストレビュアー100くらいまでの人は、読んでる本のジャンルの多様性、かみくだいた説明・おすすめの仕方とも、皆大したものだなぁと思います。

あ、偉くなると、「社会的影響力」を持てるという満足も伴いますね。

2006/04/21 20:43:46
id:hamster009 No.4

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502006/04/21 17:13:19

ポイント20pt

・amazonに頼まれた人が有料で書いている

・著者や出版社の人が書いている

・怒った読者が金返せの心境で書く

・わたしはこんな本が理解できるという自己陶酔

・読書日記を書いても誰も読んでくれないので、amazonに書いている

id:after_harmelin

なるほど、高尚な動機によるものはありませんが、それだけに非常に無理のない、説得力のある推理ですね。

> ・読書日記を書いても誰も読んでくれないので、amazonに書いている

でもamazonでは、ユーザーがレビュアー個人に対して興味を向けられる機会、その人自身のプロフィールを知れる機会を、わざと散漫に、わざと制限しているように感じられます。こんなに軽い扱いを受けても一生懸命レビューを書いてるなんて、け、けなげっ・・・(涙)。

2006/04/21 20:51:26
id:thomas7212 No.5

thomas7212回答回数156ベストアンサー獲得回数12006/04/21 17:29:28

ポイント30pt

・ババを引いてしまったときは、単なるうさばらし。

出版社にクレーム入れるよりダメージ与えられる気がするから。

・良書を見つけたときは、「この本のすばらしさを広めなさい」と本の神様の声が聞こえたから。

どちらも「自己満足」と言ってしまえばそれまでですが。

あとは、誰もレビューしてない本にレビューするのは「貸し出し券の最初に名前を書くような気分」です。

id:after_harmelin

>出版社にクレーム入れるよりダメージ与えられる気がするから。

なるほど、上の人と似たケースですが、この方が分かりやすいです。

>良書を見つけたときは、「この本のすばらしさを広めなさい」と本の神様の声が聞こえたから。

いいものが売れ、よくないもので儲けようとする人は排除される市場の一翼を担う、という市民意識みたいなものでしょうかね。

>誰もレビューしてない本にレビューするのは「貸し出し券の最初に名前を書くような気分」

ではamazonの呼びかけ方は、まさにドンピシャですね。僕も「先物買い」のケが大いにあり、「人より早くいいものを知ることに価値を置き、はやってしまったものには興味がない」性質なので、貸し出し券の最初に名前を書けると、優越感で満たされます(笑)。

2006/04/24 03:20:48
id:castle No.6

castle回答回数1011ベストアンサー獲得回数122006/04/21 19:38:12

ポイント30pt

本を読んだからには感動なり文句なり心の中に何かが芽生えます。

読書中毒だろうと暇潰しだろうと、そういった何かの芽生えを期待する人たちが本を読みます。本を読み終えて感じた色々な事を形にしたくなるときがあります。そこにレビューを書くという方法で自分の感想を表現できる場が与えられれば、やっぱりつかいたくなるのが人情かと思います。

自己満足が満たされる、というのは大きな需要なんでしょうね。

id:after_harmelin

感動/文句→思いを形にしたい欲求→レビューに書き込み、という図式ですか。

>自分の感想を表現できる場が与えられれば、やっぱりつかいたくなるのが人情

僕には実感がありませんが、castleさんと同じように考えられる方も多いのでしょうね。ふぅ~ん。ちなみに僕自身の意欲は、感想を書くよりも、参考になったところをメモするとか(そしてあわよくば実生活に役立てようとする)、そのインスピレーションを元に別のものを作るとか、そういった方向に向いてしまうので、いまいちピンと来ないのです。

>自己満足が満たされる、というのは大きな需要なんでしょうね。

な~る~ほ~ど~~。

2006/04/24 03:15:15
id:aiaina No.7

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/04/21 20:58:36

ポイント30pt

私も、他サイトですが、レビューを書いてしまいます。

何の利益も無いのですが、感想や、感動を伝える場所が無いために、そういった場所を使って書きます。

本は心に訴えるものがあります。

感情的になり、読んだ後は、どこかに書きたくなります。

自分の書いたものを見て、誰かが読んで、あぁ~教えてくれてありがとうって想ってくれる人がどこかに居ると思うと嬉しいものですね^^

id:after_harmelin

他サイトとは、関心空間とか、本系のSNSでしょうか?あれなら、確かに好みの近い人と出会えるかも、とか、好きな本をきっかけに、もっと面白い本を紹介してもらえるかも、という希望も持てますよね。

>感情的になり、読んだ後は、どこかに書きたくなります。

aiainaさんの書かれるモチベーションも、castleさんの書かれるモチベーションに近いですね。

>自分の書いたものを見て、誰かが読んで、あぁ~教えてくれてありがとうって想ってくれる人がどこかに居ると思うと嬉しいものですね^^

確かに、レビューに「参考になった」ボタンを押す時は、いつも感謝の気持ちで押してます。

逆に、実世界で、自分のお薦めを知人も試して「面白い!」とか「いい!」とか言ってもらえると、「あぁこの人の人生に、ささいながらも『いいキッカケ』を捧げることができたのだなぁ」と嬉しくなりますもんね。

2006/04/24 03:24:41
id:ROYGB No.8

ROYGB回答回数70ベストアンサー獲得回数42006/04/21 21:55:21

ポイント30pt

最初のレビューを書くとAmazonギフト券が抽選であたるので、これを狙っている人もいると思います。私がレビューを書いたきっかけもギフト券が当るかもというのがあるかもしれません。


ベストレビュアーの中には目的をもってレビューしている人もいるようです。以下のリンクによると、悪書に埋もれた良書を売る為となっています。

http://deztec.jp/design/05/11/17_review.html

このところ Amazon でレビューしていないのですが、その理由は、ひどい本が非常に少なくなっているからです。もともと多くの悪書に埋もれた良書をガンガン売ることを目的にはじめただけに、「あの本もいい、この本も悪くない」という状況では、非常にお金と時間のかかるレビューが滞るのは必然というものでありまして……。

id:after_harmelin

>最初のレビューを書くとAmazonギフト券が抽選であたるので、これを狙っている人もいると思います。

そうでした、忘れてました!これはとても分かりやすいモチベーションですね。

>ひどい本が非常に少なくなっているからです。

本筋からはそれますが、悪書が横行する時期があったこと、そして今は良書が多いこと、「へぇ~~」と思いました。前者は作家が不作だったり出版社全体がスランプだった時期で、それが現在は出版者や作家の自助努力で持ち直してる、ってカンジでしょうか。ちなみに絵本に関しても一時、絵本のスタイルを真似ているばかりの「エセ絵本」が氾濫し、読み応えのある良書がほとんど出ないと感じられる時期がありました。

2006/04/24 02:56:19
id:dora-kou No.9

ドラちゃん回答回数34ベストアンサー獲得回数12006/04/22 07:37:45

ポイント20pt

これはあくまでも推測ですが…上位レビュアーの方の中にはウィッシュリストを公開されている方もおられます。

案外、こちらからレビューさんに本を進呈する人もいるんじゃないかと。

ちなみに類似の機能としてリストマニアもありますけど、こちらの

リンクから購入してもアフリエイトとかの収入はないそうです…。(´・ω・`)

id:after_harmelin

リストマニアでまとめるのは、自分自身のメモにもなるし、他人が見てもその人の趣味が分かる気がしますね。

参考にしたレビュアーさんに対して、その人のウィッシュリスト内の本をプレゼントした、という実話の美談を聞いてみたいですね。

2006/04/24 03:16:41
id:nischiura2006 No.10

nischiura2006回答回数734ベストアンサー獲得回数42006/04/23 20:12:47

ポイント30pt

私の個人的な体験談になりますが、入院加療中で、しかも無菌室という閉鎖された、おまけに外部との接触を絶たれた病室にいたため社会との接続点を確認したかったから。

id:after_harmelin

なるほど、やはり社会参加意欲のような感じですね。nischiura2006さん、もうお元気になっているといいのですが・・・。

湿っぽい話ながら、僕の父は特別養護老人ホームに入り外界からほとんど遮断されたような生活を送っております。社会参加意欲がことごとく満たされぬ模様で、なんとも気の毒であり、それをどうにも変えられない自分が情けなくもあり、といった心境です。

2006/04/24 03:07:28
  • id:nischiura2006
    after harmelinさん、思いやりのこもったお言葉ありがとうございます。現在は自宅療養中の浪人のような身分です。未だ、外出制限などがあり社会復帰は数年後になりそうです。御尊父様の御健勝をお祈りいたします。(湿っぽくなってすみません)
  • id:after_harmelin
    nischiura2006さん、ご丁寧にコメントありがとうございます。

    僕が言うべきことでもないかもしれませんが、焦らずじっくり治してください。

    >御尊父様の御健勝をお祈りいたします。

    どうもありがとうございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません